人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

第1章V節5:マインドは二人の主人に仕えることができない

Whatever is true is eternal, and cannot change or be changed.

Spirit is therefore unalterable because it is already perfect, but the mind can elect what it chooses to serve.

The only limit put on its choice is that it cannot serve two masters.

If it elects to do so, the mind can become the medium by which spirit creates along the line of its own creation.

If it does not freely elect to do so, it retains its creative potential but places itself under tyrannous rather than Authoritative control.

As a result it imprisons, because such are the dictates of tyrants.

To change your mind means to place it at the disposal of true Authority.

スピリットはすでに完全なので変わることはありません。その意味で、選択の自由は、スピリットにあるのではなく、マインドにあります。

「マタイ伝」に”No man can serve two masters.(人は二人の主人に兼ね仕えることはできない )”というのがあります。本節により、それがマインドのことだったのが分かります。マインドは主人を選び、仕えなければなりません。

真の権威者(true Authority)に仕えれば、マインドはその潜在する創造力を自由に発揮することができますが、暴君に仕えれば、その創造力は牢獄に封じ込められてしまいます。

こうしてみると、マインドを真の権威者に仕えさせるのがよいことが分かります。それが、マインドを変えるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *