人生はいつでも変えられる!

神の祭壇

2分離と贖罪

第2章III節3:贖罪がすべての人に受け入れられるのは時間の問題

The acceptance of the Atonement by everyone is only a matter of time. 贖罪がすべての人に受け入れられるのは時間の問題だと言い切っています。理論も何もありません。最後の文でも"as certain as God"と言っていますが、神が創造したものは変えることができないからです。だからどの人も、最終的には贖罪を受け入れ、救われるのです。 This may appear to contradict free will because of the inevitability of the…
read more
2分離と贖罪

第2章III節1:内なる祭壇に向い神の輝きを解き放つ

The Atonement can only be accepted within you by releasing the inner light. "by releasing the inner light"の「内なる光」とは何でしょうか? これは、第2章のI節にある"inner radiance"と考えることができます。神から受け継いだ内からの輝きを解き放つ、ブロックせずに神の光が自分を通して内から光り輝くままに任せると解釈します。 Since the separation, defenses have been used almost entirely to defend…
read more
  • 1
  • 2