人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章I節1:空虚であると信じるとき投影する

To extend is a fundamental aspect of God which He gave to His Son.

In the creation, God extended Himself to His creations and imbued them with the same loving Will to create.

You have not only been fully created, but have also been created perfect.

There is no emptiness in you.

Because of your likeness to your Creator you are creative. No child of God can lose this ability because it is inherent in what he is, but he can use it inappropriately by projecting.

“To extend”は”to create”と同義語になっています。神は創造主で、その根本的な局面は拡張することです。神はその愛を拡張しないではいられません。

神は、創造することで拡張します。創造物は神の拡張であり、神と同じ属性を持っています。神の創造物であるわたしたちにも、“the same loving Will to create” という属性があるのです。創造しようとする意志は愛から起きるので、”loving Will”です。

“You have not only been fully created, but you have also been created perfect.  There is no emptiness in you.”

“fully”、そして”perfect”に創造されました。どこにも欠けることなく完全に創造されたので、”no emptiness”なのです。空虚がない、満たされているのです。

わたしたちは、神の子として、神と同じように創造的です。

The inappropriate use of extension, or projection, occurs when you believe that some emptiness or lack exists in you, and that you can fill it with your own ideas instead of truth.

This process involves the following steps:

First, you believe that what God created can be changed by your own mind.

Second, you believe that what is perfect can be rendered imperfect or lacking.

Third, you believe that you can distort the creations of God, including yourself.

Fourth, you believe that you can create yourself, and that the direction of your own creation is up to you.

神の創造は、内なる完全さからあふれ出る拡張です。神の子のわたしたちも、そうあって然るべきなのに、拡張ではなく投影(projection)をすることがあります。本来、満たされているのに、空虚であるとか欠けるものがあると信じるとき、神のような創造、つまり内なる充足からの拡張はできません。その代わり、投影という不適切な形を取るのです。

自分な嫌なところを相手に投影するというのが心理学的によく知られていますが、ここでは、手に入れたいと望むものを外の世界に投影することで、いかにもそれが自分の空虚さを満たしてくれるパワーを持つものと捉えます。大きな家、自慢できる恋人、尊敬される地位など。

ここの4つのステップで、マインドの歪曲するやり方が分かります。

第1の歪曲: 神が創造したものを変えることができる。

第2の歪曲: 完全なものを、不完全、あるいは欠けているものにすることができる。

第3の歪曲: 自分も含めて、神の創造したものを歪曲できる。

第4の歪曲: 自分を創造し、自分の創造をコントロールすることができる。

これは、まさに神からの分離のステップです。

こうやってマインドのやり方を見ると、かなり論理的に無理なところがありますよね。特に第2の歪曲は、欠けていないから完全なのに、それを不完全にするという論理は成り立ちません。第1と第3の歪曲は、自分(マインド)が、創造主よりも力があるという不合理です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *