人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

原理38の解説

The Holy Spirit is the mechanism of miracles.
He recognizes both God’s creations and your illusions.
He separates the true from the false by His ability to perceive totally rather than selectively.

Kenneth Wapnick氏の解説をまとめてみます。

聖霊は天国と幻想の両方の世界を知覚する

聖霊は、両手使いのようなものです。「コース」の後の方では、三位一体の中では、聖霊のみが象徴機能を持つとされています。つまり、象徴の世界で機能できるということです。天国には象徴はなく、地上においてのみです。

聖霊は、片足を天国という世界に、もう片足を私たちの幻想の世界に置いて、同時に両方の世界を知覚することができます。

聖霊は夢の一部ではない

この世界が幻想であり、聖霊はそれを癒すために創造されたなら、聖霊も幻想ではないかという質問に対して、Kenneth Wapnick氏は否と答えています。聖霊は神が創造したものなので、分離が完全に癒されたら聖霊の役目は終わりますが、その後も存在し続けます。そして、聖霊は天国に戻り、わたしたちの創造物を祝福すると「コース」にあります。

聖霊はわたしたちの夢の中に現れて働きますが、夢の一部ではありません。わたしたちの分離したマインドに座して働きながらも、キリストの心に通じています。仲介役です。

神はわたしたちの夢を知らない

神は、私たちの夢、幻想の内容を知りません。ちょうど、眠っている子供がうなされていても、親にはその悪夢の内容が分からないようなものです。子供のマインドの外にいるからです。でも、子供が苦しんでいるのは分かりますから、当然のことながら、苦しみを軽減してやりたいと考えます。

だから、神は眠っている子供の夢の中に、つまり子供のマインドに神の延長として聖霊を住まわせたのです。

聖霊は夢の中で違う見方を示す

聖霊は、夢の中で「兄弟よ、もう一度、選択してごらん。違う見方ができるのですよ」とわたしたちに語ります。

こうして、わたしたちのニーズを基本的に満たさない特別な関係を排除します。わたしたちの知覚を一つにし、すべては、神がわたしたちに学ばせたいレッスンとして捉えるように導きます。これが、“He separates the true from the false”であり、 “to perceive totally rather than selectively” ということになります。

聖霊は状況のあらゆる面を見ますが、わたしたちは、特定の自分のニーズという観点でしか物事を見ようとしません。聖霊は、あらゆる状況が、それに関係した人全員を癒す機会であることを認知しています。

脚本をどうレビューするかが大切

「コース」では、わたしたちがまずい時にまずい場所にいることは決してないと言います。なぜなら、いつもどんな状況でもあらゆる事から学びがあるからです。聖霊は、あらゆる状況、あらゆる関係を利用して、分離が真実でないというただ一つのレッスンを教えることができます。

これは、より深いレベルからみると、脚本がすでに書かれているというアイデアを反映しています。わたしたちは、すでに全部を経験済みで、ただ、メンタルにすでに起きたことをレビューしているということが、「コース」のワークブックに書かれています。すでに起こり済みのことをレビューまたは追体験するのに、エゴと聖霊のどちらかを選択することができます。

ですから、正しい場所であるとか、まずい場所であるというのは無意味なことです。意味があるのは、この場所をどうレビューするかということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *