人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

原理29の解説

Miracles praise God through you. 
They praise Him by honoring His creations, affirming their perfection. 
They heal because they deny body-identification and affirm spirit-identification.

ユダヤ教やキリスト教では神を讃えなければいけないと教えられますが、そんな事は神にとって必要でないことは明らかです。神にはエゴなどありませんから、わたしたちに讃えてもらう必要がありません。奇跡は、神の存在、すべてを受け入れる愛を映し出すことで讃えるのです。

特別な愛が真の愛と違うところは、それが常に排他的であることです。神の愛は包括的です。例外はありません。奇跡は、わたしたちのマインドにある全ての人々を一つにすることで、この神の愛を崇めます。

“They praise Him by honoring His creations, affirming their perfection.”

奇跡は、誰かが不完全であるという見方を転換させます。こうして、わたしたちは、その人の肉体が不完全で病気であるとか、罪深いと裁く見方から、あらゆる誤りを超え、エゴの闇を超越して、その人が光輝く真実を知覚する聖霊の見方へシフトします。

“They heal because they deny body-identification and affirm spirit-identification.”

この考え方は、原理17と同じです。奇跡が癒すのは、肉体を我とすることから離れてスピリットを我とするからです。本当の我と一体になるとき、その他のものはすべて真実を覆いくらますものに過ぎないことに気づきます。

誰かが肉体的に苦しんでいるとか、物質的に必要なものがあるというような肉眼で見えているものを決して否定するものではないとKenneth Wapnick氏は説明しています。誰かが病気や苦痛に苦しんでいたり、あるいは怒りや攻撃的な行為をするように見えても、それは、その人が助けを求めている形であり、エゴと我を一緒にしているから現れていることなのです。

そうしたとき、「何をすればよいですか」と聖霊に聞きます。もし、見えている問題で心が乱さるなら、その前に自分の知覚(解釈)を癒してくださいとお願いします。そして、今できる一番愛深い行為は何ですか」と聞きます。

これは否定のコースではありません。この世界で物質的に経験するものを否定することはほぼ不可能です。だから、そんなことを示唆しているのではないのです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *