人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章V節9:癒しは慈悲に依存している

 

Healing is an ability that developed after the separation, before which it was unnecessary.

Like all aspects of the belief in space and time, it is temporary.

However, as long as time persists, healing is needed as a means of protection.

This is because healing rests on charity, and charity is a way of perceiving the perfection of another even if you cannot perceive it in yourself.

Most of the loftier concepts of which you are capable now are time-dependent.

Charity is really a weaker reflection of a much more powerful love-encompassment that is far beyond any form of charity you can conceive of as yet.

Charity is essential to right-mindedness in the limited sense in which it can now be attained.

本段落と次の段落は、”charity”について解説しています。ここで言う”charity”とはどういう意味でしょうか? また、癒しとどういう関係があるのでしょうか?

Healing rests on charity.

第4文に出てきますが、癒しは”charity”に依存している、つまり、癒しは”charity”から来るということです。奇跡の担い手は、”charity”を施すことで他者を癒すということです。仏教用語の「慈悲」に通じるところがあるので、訳語は「慈悲」にしました。

同じ文の中で、次の部分が少し不可解だと思いませんか?

Charity is a way of perceiving the perfection of another even if you cannot perceive it in yourself.

これを訳せば「慈悲は、たとえ自分自身の中に知覚できなくても他者の中に完全さを知覚する方法です」となるのですが、自分の中に完全さを見い出せなくて、どうして他者に見い出せるのか疑問ですよね。

「コース」のオリジナル版(Urtext)の編集を誤ったと思われます。Urtextでは、次のようになっています。

Charity is a way of perceiving the true perfection of another, even if he cannot perceive it himself.

「慈悲は、たとえ他者が自身で知覚できなくても、その完全さを知覚する方法です」となります。こちらの方が論理にかなっているので、すんなり頭に入ってきます。

本段落では、”charity(慈悲)”は次のように定義されています。

  • たとえ他者が自身でできなくても、他者に完全さを知覚する方法
  • 愛の強力な包容力の弱小な反映
  • 正しいマインドの状態に不可欠なもの

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *