人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章V節7:霊的視覚で見る不安は一時的なもの

Corrective learning always begins with the awakening of spirit, and the turning away from the belief in physical sight.

This often entails fear, because you are afraid of what your spiritual sight will show you.

I said before that the Holy Spirit cannot see error, and is capable only of looking beyond it to the defense of Atonement.

There is no doubt that this may produce discomfort, yet the discomfort is not the final outcome of the perception.

When the Holy Spirit is permitted to look upon the defilement of the altar, he also looks immediately toward the Atonement.

Nothing he perceives can induce fear.

Everything that results from spiritual awareness is merely channelized toward correction.

Discomfort is aroused only to bring the need for correction into awareness.

霊的に目覚め、肉体の目を閉じて霊的視覚で見るようになるとき、恐れが生じます。何が見えてくるか不安になるのです。隠されたものが明るみに出される恐怖です。マインドの片隅に隠しておいた見たくないものが露出されると思うと怖いのです。

でも、聖霊は “cannot see error”で、誤りを見ることはできません。いつも、誤りを越えて “the defense of Atonement”(贖罪の防御)を見ています。つまり、誤りを通り越してその修正のみを見ているのです。わたしたちの霊的視覚もこれと同じです。

霊的視覚でマインドの内を見ようとすれば不安を感じるのは”no doubt”だと言っているのは、こちらを安心させるためですね。不安を感じるだろうけど大丈夫だよと。それは、一時的だから、”not the final outcome of the perception”です。知覚の確定された結果ではない、つまり、ずっと続くわけではないということです。

聖霊と共に見れば、たとえ祭壇の汚れが目に入っても、すぐに贖罪の方に導かれます。だから、不快感は、ただ修正が必要だと認識するためだけに起こり、一時的なものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *