人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン9:わたしは何も今あるがままには見ていません

Lesson 9
I see nothing as it is now.

This idea obviously follows from the two preceding ones. But while you may be able to accept it intellectually, it is unlikely that it will mean anything to you as yet. However, understanding is not necessary at this point. In fact, the recognition that you do not understand is a prerequisite for undoing your false ideas. These exercises are concerned with practice, not with understanding. You do not need to practice what you already understand. It would indeed be circular to aim at understanding, and assume that you have it already.

「わたしは何も今あるがままには見ていません」

このアイデアが先の2つのレッスンから来ているのは明らかです。とはいえ、頭では受け入れることができても、まだ何らかの意味をあなたに与えるのは無理でしょう。しかし、この時点で理解する必要はありません。実際のところ、自分は理解していないという認識が、あなたの偽りのアイデアを取り消す前提条件になります。これらのレッスンは、理解するためのものではなく、練習するためのものです。すでに理解していることを練習する必要はありません。理解することを目指しながら、すでに理解しているという態度で臨むのであれば、かえって遠回りすることになるでしょう。

It is difficult for the untrained mind to believe that what it seems to picture is not there. This idea can be quite disturbing, and may meet with active resistance in any number of forms. Yet that does not preclude applying it. No more than that is required for these or any other exercises. Each small step will clear a little of the darkness away, and understanding will finally come to lighten every corner of the mind that has been cleared of the debris that darkens it.

訓練されていないマインドにとって、自分の思い浮かべるものがそこにないと信じるのは困難です。そんなアイデアは、非常にショッキングで、さまざまな形の抵抗に合うかもしれません。だからといって、アイデアの適用を除外することにはなりません。アイデアの適用だけが、ここやその他の練習で要求されていることです。小さなステップのそれぞれが少しずつ暗闇を消し去り、ついには、マインドを暗くしていた瓦礫の山がきれいに片付けられて、マインドの隅々まで明るくし、理解が訪れるでしょう。

These exercises, for which three or four practice periods are sufficient, involve looking about you and applying the idea for the day to whatever you see, remembering the need for its indiscriminate application, and the essential rule of excluding nothing. For example:

I do not see this typewriter as it is now.
I do not see this telephone as it is now.
I do not see this arm as it is now.

Begin with things that are nearest you, and then extend the range outward:

I do not see that coat rack as it is now.
I do not see that door as it is now.
I do not see that face as it is now.

It is emphasized again that while complete inclusion should not be attempted, specific exclusion must be avoided. Be sure you are honest with yourself in making this distinction. You may be tempted to obscure it.

こうした練習は、周囲を見渡して、何でも目に入ったものにその日のアイデアを適用させ、3、4回行えば十分でしょう。このとき、対象に差別をつけず、何も除外しないことが大切です。以下に例を挙げます。

わたしは、このタイプライターを今あるがままには見ていません。
わたしは、この電話機を今あるがままには見ていません。
わたしは、この腕を今あるがままには見ていません。

近くのものから始めて、次のように範囲を広げて遠くのものに移りましょう。

わたしは、あのコート掛けを今あるがままには見ていません。
わたしは、あのドアを今あるがままには見ていません。
わたしは、あの顔を今あるがままには見ていません。

何から何まで全部に対して行う必要はありませんが、特別な除外も避けることを強調しておきます。そうした区別をしようとしていれば正直に認めましょう。それを覆い隠そうという誘惑に駆られてしまうかもしれませんから。


 

ここに示されたアイデアを理解しなくてもよい、ただ、練習を実践するだけでよいと言われてホッとしますね。すでに理解していることは練習する必要がないとは、まったくその通りで反論の余地がありません。

一つ一つのレッスンの積み重ねで、やがて、マインドに積もっていた瓦礫の山が徐々に取り除かれて明るくなるのですね。そのとき、理解が自然に訪れると。

マインドは過去のことばかり考えているから、どうしても過去の色眼鏡を使って物事を見てしまいます。だから、今あるがままに見ていないのです。何か心を動揺させることが目についたら、「今あるがままに見ていない」ということを思い出すといいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *