人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン8:わたしのマインドは過去のことばかりを考えています

Lesson 8
My mind is preoccupied with past thoughts.

This idea is, of course, the reason why you see only the past. No one really sees anything. He sees only his thoughts projected outward. The mind’s preoccupation with the past is the cause of the misconception about time from which your seeing suffers. Your mind cannot grasp the present, which is the only time there is. It therefore cannot understand time, and cannot, in fact, understand anything.

「わたしのマインドは過去のことばかりを考えています」

このアイデアは、あなたが過去だけを見ている理由を言い表しています。誰も本当には何も見ていません。自分の思考を外界に投影して見ているだけです。マインドが過去のことばかり考えるのが時間について誤った観念を持つ原因で、そこから苦痛を見るのです。あなたのマインドは、今を捉えることができません。今だけが、存在する時間なのですが。そのため、時間を理解することができず、実際には、何も理解することができません。

The one wholly true thought one can hold about the past is that it is not here. To think about it at all is therefore to think about illusions. Very few have realized what is actually entailed in picturing the past or in anticipating the future. The mind is actually blank when it does this, because it is not really thinking about anything.

過去について保持してもよい唯一の完全な真実は、過去はここにはないということです。ですから、少しでも過去のことを考えるのは、幻想について考えるのと同じです。過去を思い描いたり未来を予期することに、実際、何が関わっているかを認識した人はほとんどいません。過去や未来を思うとき、実際にはマインドは白紙状態です。本当のところ何も考えていないからです。

The purpose of the exercises for today is to begin to train your mind to recognize when it is not really thinking at all. While thoughtless ideas preoccupy your mind, the truth is blocked. Recognizing that your mind has been merely blank, rather than believing that it is filled with real ideas, is the first step to opening the way to vision.

きょうのエクササイズの目的は、マインドの訓練を始めて、実際にはまったく何も考えていないときを認識させることです。無分別なアイデアにマインドが熱中している間、真実はブロックされています。自分のマインドが実際のアイデアで詰まっていると思い込むよりも、これまで空白にすぎなかったと認識するのが、ビジョンへ扉を開く第一歩です。

The exercises for today should be done with eyes closed. This is because you actually cannot see anything, and it is easier to recognize that no matter how vividly you may picture a thought, you are not seeing anything. With as little investment as possible, search your mind for the usual minute or so, merely noting the thoughts you find there. Name each one by the central figure or theme it contains, and pass on to the next. Introduce the practice period by saying:

I seem to be thinking about ___.

Then name each of your thoughts specifically, for example:

I seem to be thinking about [name of a person], about [name of an object], about [name of an emotion],

and so on, concluding at the end of the mind-searching period with:

But my mind is preoccupied with past thoughts.

This can be done four or five times during the day, unless you find it irritates you. If you find it trying, three or four times is sufficient. You might find it helpful, however, to include your irritation, or any emotion that the idea for today may induce, in the mind searching itself.

きょうのエクササイズは目を閉じてやりましょう。そうすれば、実際に何も見ることができず、どんなに鮮やかに思考を想像しても何も見ていないと認識するのが容易になるからです。なるべく力を入れず、ただいつものように1分ほどマインドをサーチして、そこにある思考に気づくだけです。それぞれの思考は、登場する中心人物やそこに流れるテーマで名指しし、次に移りましょう。次のように唱えて、レッスンを始めます。

わたしは、__について考えているようです。

そして、あなたの思考を次の例にならって名指しします。

わたしは、〔人の名前〕について、[対象物]について、[感情の種類]について考えているようです。

このように思考を名指ししていったあと、次のように唱えてマインドサーチを終了します。

しかし、わたしのマインドは過去のことばかり考えています。

このエクササイズは、うっとうしくなければ、一日に4、5回、することができます。イライラさせられるなら、3、4回でも十分でしょう。なお、今日のレッスンで誘発されたイライラやその他の感情を、マインドサーチのプロセスに含めるとやりやすくなるかもしれません。


わたしたちは、自分の思いを投影したものだけを見ている、つまり、過去だけを見ているのです。だから、本当は何も見ていない。マインドは過去のことだけでいっぱいです。過去はここに存在しないから、過去についての思いは無に等しく、何の意味もありません。過去のことを考えるとき、マインドは空白なんですね。過去という幻想で満たされているから。そして、幻想は無の別名です。

過去の記憶は、自分の思い込みが多分に入っていて当てになりません。何かの映画で、同じ出来事が、見る人によって違う印象になっているというストーリーのものがありましたが、それを思い出しました。みんな、それぞれ色眼鏡を通して物事を見るからです。だから、過去には真実がない。唯一、真実があるとすれば、「過去は、今、ここにない」ということだけです。でも、大勢の人たちが、過去によって影響を受けています。過去そのものよりも、過去についての自分の思いに影響を受けているのですね。

「過去は今ここにない」ということを常に思い出し、過去に感じた恨みや怒りや悲しみ、後悔も無だと知って、すべて手放してしまいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *