人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン5:自分が思っている理由で動揺しているのではない

Lesson 5
I am never upset for the reason I think.

This idea, like the preceding one, can be used with any person, situation or event you think is causing you pain. Apply it specifically to whatever you believe is the cause of your upset, using the description of the feeling in whatever term seems accurate to you. The upset may seem to be fear, worry, depression, anxiety, anger, hatred, jealousy or any number of forms, all of which will be perceived as different. This is not true. However, until you learn that form does not matter, each form becomes a proper subject for the exercises for the day. Applying the same idea to each of them separately is the first step in ultimately recognizing they are all the same.

わたしは、決して自分が思っている理由で気持ちが動揺しているのではない

このアイデアは、苦痛を引き起こす原因だと考えられる人や状況、イベントで使えます。とにかく、自分を動揺させた原因だと思っているものなら何にでも適用でき、自分にとって正確に思われる感情を使います。

恐怖、心配、憂鬱、不安、怒り、憎しみ、妬みの感情はそれぞれ違っているように思えるでしょうが、本当は同じです。ただし、感情の形は重要でないことを学ぶまでは、きょうのレッスンとして、各感情の形が妥当なテーマになります。最初のステップでは、それぞれの感情に対してその都度このアイデアを適用させますが、やがて、どの感情もみな同じだということに気づくようになります。

When using the idea for today for a specific perceived cause of an upset in any form, use both the name of the form in which you see the upset, and the cause which you ascribe to it. For example:

I am not angry at ___ for the reason I think.
I am not afraid of ___ for the reason I think.

But again, this should not be substituted for practice periods in which you first search your mind for “sources” of upset in which you believe, and forms of upset which you think result.

特に気持ちを動揺させる原因と思われたことに対して、きょうのレッスンのアイデアを使います。その時、動揺した気持ちの感情とそれを起こしたと思われる原因(人、状況、イベント)を使います。以下がその例です。

わたしは、自分が思っている理由で__に腹を立てているのではない。
わたしは、自分が思っている理由で__を恐がっているのではない。

ただし、この特別の原因をレッスン期間の代用としないように。まず、マインドをサーチして、自分が思った動揺の「ソース」とその結果引き起こされたと思う動揺の形をリストして、レッスンに使います。

In these exercises, more than in the preceding ones, you may find it hard to be indiscriminate, and to avoid giving greater weight to some subjects than to others. It might help to precede the exercises with the statement:

There are no small upsets.
They are all equally disturbing to my peace of mind.

Then examine your mind for whatever is distressing you, regardless of how much or how little you think it is doing so.

この練習で、差別をせず、他よりもあるテーマに比重を置かないようにするのが以前にもまして難しいと思えるかもしれません。その場合は、次の文を言ってから、レッスンを始めるとよいでしょう。

小さな動揺などありません。
どれも等しく、わたしの平和をかき乱します。

そして、苦しみの度合いが大きいとか小さいとかには関係なく、あなたを苦しめているものを観察します。

You may also find yourself less willing to apply today’s idea to some perceived sources of upset than to others. If this occurs, think first of this:

I cannot keep this form of upset and let the others go.
For the purposes of these exercises, then, I will regard them all as the same.

Then search your mind for no more than a minute or so, and try to identify a number of different forms of upset that are disturbing you, regardless of the relative importance you may give them. Apply the idea for today to each of them, using the name of both the source of the upset as you perceive it, and of the feeling as you experience it. Further examples are:

I am not worried about ___ for the reason I think.
I am not depressed about ___ for the reason I think.

Three or four times during the day is enough.

また、きょうのアイデアを使うのに、他はよいけど、ある動揺のソースには使いたくないと思うかもしれません。そんなときには、まず、次のように考えてみましょう。

この感情をキープして他を放つことはできない。
だから、このエクササイズの目的のために、どれも同等に扱います。

そうして、1分ほどマインドをサーチし、あなたが思う重要性の度合いに関わらず、自分を苦しめている動揺の形をリストアップしてみます。動揺を引き起こしたと思われるソースと感じた感情を言葉に現して、それぞれにきょうのアイデアを適用します。次がその例です。

わたしは、自分が思っている理由で__について心配してるのではない。
わたしは、自分が思っている理由で__について落ち込んでいるのではない。

このレッスンは、 一日に3回か4回で十分です。


このレッスンでは、動揺を引き起こす本当の原因は説明されていません。ここでは、わたしたちが考える理由で動揺しているのではないことを認識させているだけです。レッスン3の「わたしは目に写るものを何も理解していない」と同類のアイデアですね。

レッスンで取り上げられた例はほんの一部で、嫌な感情なら何でも使えます。重苦しい感情でも、ちょっとした不快感でも。大切なのは、どんな感情かということと、自分が思っている理由を言葉にして表現することです。

この時点では、こうした不快感を手放す指示はされていません。ただ、自分が思っている理由で起こった感情ではないことを認識させるだけです。レッスンでは、動揺の種類とその原因をそれぞれ言葉で表現させますが、結局は、すべて同じだというところに行き着くことが示唆されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *