人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン24:わたしは自分の最善の利益を知覚していません

Lesson 24
I do not perceive my own best interests.

In no situation that arises do you realize the outcome that would make you happy. Therefore, you have no guide to appropriate action, and no way of judging the result. What you do is determined by your perception of the situation, and that perception is wrong. It is inevitable, then, that you will not serve your own best interests. Yet they are your only goal in any situation which is correctly perceived. Otherwise, you will not recognize what they are.

わたしは自分の最善の利益を知覚していません。

どんな状況でも、あなたは、自分を幸福にする結果をはっきり理解することはありません。したがって、あなたには、適切な行動への指針もなく、その結果を判断する方法もありません。状況をどう知覚するかであなたの行動が決定されますが、その知覚は間違っています。そういうわけで、自分の最善の利益になるようにあなたが働かないのは必然です。しかし、どんな状況でも、正しく知覚されたならば、最善の利益があなたの唯一の目標になります。正しい知覚がなければ、最善の利益が何であるかを理解することはないでしょう。

If you realized that you do not perceive your own best interests, you could be taught what they are. But in the presence of your conviction that you do know what they are, you cannot learn. The idea for today is a step toward opening your mind so that learning can begin.

自分の最善の利益を知覚していないことに気づいていたならば、あなたは、それが何であるか教えてもらうことができたでしょう。しかし、知っているという確信があるがために、あなたは学ぶことができないのです。きょうのアイデアは、その学びが始められるように、あなたのマインドを開く一歩になります。

The exercises for today require much more honesty than you are accustomed to using. A few subjects, honestly and carefully considered in each of the five practice periods which should be undertaken today, will be more helpful than a more cursory examination of a large number. Two minutes are suggested for each of the mind-searching periods which the exercises involve.

きょうのエクササイズでは、これまでやってきたよりもさらなる正直さが求められます。きょう行うことになる5回の実習時では、それぞれ対象を2、3に絞って、正直、かつ慎重に熟考するようにする方が、急いで多くの対象を検討するより有効に働くでしょう。エクササイズに含まれるマインドサーチの時間は、それぞれ2分取ることを勧めます。

The practice periods should begin with repeating today’s idea, followed by searching the mind, with closed eyes, for unresolved situations about which you are currently concerned. The emphasis should be on uncovering the outcome you want. You will quickly realize that you have a number of goals in mind as part of the desired outcome, and also that these goals are on different levels and often conflict.

実習は、きょうのアイデアを繰り替えして言うことで始め、それから目と閉じて、あなたが現在気にかけている未解決の状況をマインドサーチします。あなたが望む結果を明らかにすることに焦点を当てるようにしてください。あなたは、望ましい結果の一部として数々の目標が心にあること、そして、これらの目標のレベルが異なり、相容れないことが多いのにすぐ気づくでしょう。

In applying the idea for today, name each situation that occurs to you, and then enumerate carefully as many goals as possible that you would like to be met in its resolution. The form of each application should be roughly as follows:

In the situation involving ______, I would like ______
to happen, and ______ to happen,

and so on. Try to cover as many different kinds of outcomes as may honestly occur to you, even if some of them do not appear to be directly related to the situation, or even to be inherent in it at all.

きょうのアイデアを適用するのに、思い浮かんだ状況をそれぞれ言葉にします。それから、その解決にあたり、到達したいと思っている目標を思いつく限り慎重に数え上げます。アイデアの使い方は、おおまかに、次のような形になります:

__に関する状況で、わたしは__が起こってほしいし、__が起こって欲しい・・・(続けます)

正直に、思い浮かんだものは、状況に直接関係しないように見えることでも、あるいは、まったく関連性がないことでも、できるだけ多くの種類の異なる結果を挙げるするように努めてください。

If these exercises are done properly, you will quickly recognize that you are making a large number of demands of the situation which have nothing to do with it. You will also recognize that many of your goals are contradictory, that you have no unified outcome in mind, and that you must experience disappointment in connection with some of your goals, however the situation turns out.

エクササイズを適切に行えば、あなたは自分が状況には何の関係もない数々の要求をしていることにすぐ気づくでしょう。また、目標の多くが互いに矛盾して、何ら統一した結果を持たず、状況がどう展開しても、目標のいくつかについて、失望を経験せざるをえないことに気づくでしょう。

After covering the list of as many hoped-for goals as possible, for each unresolved situation that crosses your mind say to yourself:

I do not perceive my own best interests in this situation,

and go on to the next one.

できるだけ多く望む目標を列挙した後、あなたの心に浮かんだ未解決状況のそれぞれについて、次のように自分に言います:

わたしは、この状況で自分にとって最善の利益を知覚していません。

そして、次の状況に移っていきます。


わたしたちの行動は、どう知覚するかで決まりますが、その知覚が間違っています。だから、自分の最善の利益になるような行動を取ることができません。

さらに、状況の展開に、複数の異なる結果を望み、その多数が矛盾して統一した目標になっていません。状況とまったく関連しない目標まで付随させています。

本レッスンでは、これを自覚し、偏らないマインドの状態に持っていくことを学びます。自分には何がベストなのか分かっていないという謙虚な気持ちになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *