人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン23:攻撃的な思いを放棄することで自分が見ている世界から脱出できます

Lesson 23
I can escape from the world I see by giving up attack thoughts.

The idea for today contains the only way out of fear that will ever succeed. Nothing else will work; everything else is meaningless. But this way cannot fail. Every thought you have makes up some segment of the world you see. It is with your thoughts, then, that we must work, if your perception of the world is to be changed.

攻撃的な思いを放棄することで自分が見ている世界から脱出できます。

きょうのアイデアは、常に成功する恐怖からの唯一の抜け道を指しています。これ以外のやり方は何も役に立たず、無意味です。しかし、この方法なら失敗することはあり得ません。あなたの思いのいずれもがあなたが見る世界のある部分を作り出しています。だから、あなたの世界についての知覚を変えようとすれば、わたしたちは、あなたの思いに働きかけなければいけないのです。

If the cause of the world you see is attack thoughts, you must learn that it is these thoughts which you do not want. There is no point in lamenting the world. There is no point in trying to change the world. It is incapable of change because it is merely an effect. But there is indeed a point in changing your thoughts about the world. Here you are changing the cause. The effect will change automatically.

あなたが見ている世界の原因が攻撃な思いにあるならば、あなたが望まないのはこうした思いであることを学ばねばなりません。世界を嘆き悲しんだところで無駄なことです。世界を変えようとしたところで無駄なことです。それは結果に過ぎないので変えることはできないのです。しかし、世界についての思いを変えることなら、本当に意味があります。これによって、原因を変えることになるからです。結果は自動的に変わるでしょう。

The world you see is a vengeful world, and everything in it is a symbol of vengeance. Each of your perceptions of “external reality” is a pictorial representation of your own attack thoughts. One can well ask if this can be called seeing. Is not fantasy a better word for such a process, and hallucination a more appropriate term for the result?

あなたが見る世界は報復の世界で、そこにあるすべては、報復の象徴です。「外の現実」におけるあなたの知覚は、それぞれ、あなた自身の攻撃的な思いが生き生きとした映像になって表れたものです。これが見ることであると言えるのかどうか自問してみるとよいでしょう。このようなプロセスには幻想という言葉の方がぴったりで、その結果は幻覚と言う方がより適切ではないでしょうか?

You see the world that you have made, but you do not see yourself as the image maker. You cannot be saved from the world, but you can escape from its cause. This is what salvation means, for where is the world you see when its cause is gone? Vision already holds a replacement for everything you think you see now. Loveliness can light your images, and so transform them that you will love them, even though they were made of hate. For you will not be making them alone.

あなたは自分が作った世界を見ていますが、自分自身がその映像の作成者だとは捉えません。この世界から救出されることは不可能ですが、その原因から脱出することはできます。これこそが救いの意味することです。何となれば、原因がなくなったときあなたが見る世界はどこにあるでしょう? 視覚はすでに、あなたが今見ていると思うすべてに代わるものを用意しています。美しさがあなたの映像を明るくし、憎しみからできていたとしても、それらを変換してあなたは愛を注ぐでしょう。なぜならば、あなた一人でそれらを作ることはないからです。

The idea for today introduces the thought that you are not trapped in the world you see, because its cause can be changed. This change requires, first, that the cause be identified and then let go, so that it can be replaced. The first two steps in this process require your cooperation. The final one does not. Your images have already been replaced. By taking the first two steps, you will see that this is so.

きょうのアイデアは、あなたが見ている世界の原因は変えることができるので、そこに閉じ込められてはいないという考え方を紹介します。それにはまず、原因を識別して手放す必要があります。そうすれば、置き換えることができます。このプロセスの最初の二つのステップにはあなたの協力が必要ですが、最後のステップには要りません。あなたの映像はすでに置き換えられました。最初の二つのステップを踏むことで、あなたはそうなることが分かるでしょう。

Besides using it throughout the day as the need arises, five practice periods are required in applying today’s idea. As you look about you, repeat the idea slowly to yourself first, and then close your eyes and devote about a minute to searching your mind for as many attack thoughts as occur to you. As each one crosses your mind say:

I can escape from the world I see by giving up attack thoughts about ______.

Hold each attack thought in mind as you say this, and then dismiss that thought and go on to the next.

In the practice periods, be sure to include both your thoughts of attacking and of being attacked. Their effects are exactly the same because they are exactly the same. You do not recognize this as yet, and you are asked at this time only to treat them as the same in today’s practice periods. We are still at the stage of identifying the cause of the world you see. When you finally learn that thoughts of attack and of being attacked are not different, you will be ready to let the cause go.

きょうのアイデアは、一日を通して必要が起こったときに実習するのに加えて、5回の実習が求められます。あなたの回りを見渡して、まず、ゆっくりきょうのアイデアを自分に繰り返し、それから目を閉じて1分間ほどマインドサーチに費やして、起こって来る攻撃的な思いをできるだけ探し出します。攻撃的な思いがよぎるたびに次のように言います:

わたしは、__についての攻撃的な思いを放棄することで、見ている世界から脱出することができます。

これを言っているあいだ、その攻撃的な思いをマインドに保持し、それから手放して、次の思いに移ります。

実習時間には、必ず、攻撃的な思いと攻撃される思いの両方を含むようにしてください。どちらもまったく同じものなので、その結果もまったく同じです。あなたは、これにまだ気づいていないので、今回は、きょうの実習時に、どちらも同じように扱うことだけが求められます。まだ、あなたが見ている世界の原因を見分ける段階にいます。最終的に攻撃の思いと攻撃される思いに違いがないことを学ぶとき、あなたには、その原因を手放す準備が整うでしょう。


自分の見ている世界を変えようとしても、それは結果に過ぎないので無駄であるというのは、なかなか受け入れるのが難しいですね。すぐに、何とかして症状や状態の方を変えようとしてしまいますもの。でも、これは、スクリーンに映った映像を変えようとするのと同じです。見ている映像を変えたかったら、映写機の中身を変えないといけないのですね。

本実習では重要なプロセスを学びます。見ている世界が好ましくなければ、自分のマインドに目を向けて、原因の思いを探しだし、手放します。わたしたちに求められるのは、この2つのステップだけです。あとは、愛の思いに自然に置き換えられるのです。

また、今の段階では理解できなくても、攻撃する思いと攻撃されたという思いは同じものだということに留意して、実習は、この両方の思いを含めるというのも大切なところです。

とにかく、不快な思いはすべて手放すということですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *