人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン22:わたしが見るのは報復の形態です

Lesson 22
What I see is a form of vengeance.

Today’s idea accurately describes the way anyone who holds attack thoughts in his mind must see the world. Having projected his anger onto the world, he sees vengeance about to strike at him. His own attack is thus perceived as self defense. This becomes an increasingly vicious circle until he is willing to change how he sees. Otherwise, thoughts of attack and counter-attack will preoccupy him and people his entire world. What peace of mind is possible to him then?

It is from this savage fantasy that you want to escape. Is it not joyous news to hear that it is not real? Is it not a happy discovery to find that you can escape? You made what you would destroy; everything that you hate and would attack and kill. All that you fear does not exist.

わたしが見るのは報復の形態です。

きょうのアイデアは、誰であれ、マインドに攻撃の思いを持ちつづけている者が見る世界を正しく描写しています。彼は、自分の怒りを外界に投影して、報復が今にも自分を襲いかかってくると見ます。こうして、自身の攻撃が自己防衛として知覚されるのです。これは、ますます悪循環に陥り、自分の見方を変えようとするまで続きます。さもなければ、攻撃と反撃の思いに捕われ、自分が見る世界全体も人々も、報復で満たされるでしょう。そのとき、どんな心の平安が可能でしょうか?

あなたが脱出したいのは、この残酷な空想からです。それが現実でないと聞くのは、喜ばしい知らせではないでしょうか? そこから抜け出すことが出来ると知るのは、嬉しい発見ではないでしょうか? あなたは、自分が破壊したいと思うもの、あなたが忌み嫌い、攻撃して殺めようとするものすべてを自分で作り出したのです。あなたが恐れるものはすべて存在しません。

Look at the world about you at least five times today, for at least a minute each time. As your eyes move slowly from one object to another, from one body to another, say to yourself:

I see only the perishable.
I see nothing that will last.
What I see is not real.
What I see is a form of vengeance.

At the end of each practice period, ask yourself:

Is this the world I really want to see?

The answer is surely obvious.

きょうは、少なくとも5回、それぞれ最低1分ずつ、自分の回りの世界をよく見てください。物であっても身体であっても、ある対象から次の対象にゆっくり視線を移しながら、次のように自分に言い聞かせます:

わたしは朽ち果てるものだけを見ています。
わたしは永続するものを何も見ていません。
わたしが見るものは本物ではありません。
わたしが見るのは報復の形態です。

それぞれの実習の最後には、次のように自問してみてください:

これが本当にわたしが見たいと望む世界だろうか?

その答えはもちろん明白なことでしょう。


「コース」で何度も出てきますが、わたしたちは自分の思いを外界に投影して見ているのです。もし、自分の見る世界が報復に満ちた世界なら、報復の思いが自分にあるということです。

しかし、それは本当ではありません。永続することはありません。何となれば、自分で作り出したものなので、思いを変えればよいのです。きょうのレッスンでは、まずその第一歩として、自分の見る世界を今一度見て、自分が見たいと望む世界かどうか考えてみることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *