人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン2:この部屋で見るものすべてに自分にとっての意味を与えています

Lesson 2
I have given everything I see in this room
[on this street, from this window, in this place]
all the meaning that it has for me.

The exercises with this idea are the same as those for the first one. Begin with the things that are near you, and apply the idea to whatever your glance rests on. Then increase the range outward. Turn your head so that you include whatever is on either side. If possible, turn around and apply the idea to what was behind you.

Remain as indiscriminate as possible in selecting subjects for its application, do not concentrate on anything in particular, and do not attempt to include everything you see in a given area, or you will introduce strain.

この部屋で[この通りで、この窓から、この場所で]見るものすべてに自分にとっての意味を与えています。

このアイデアのエクササイズは、最初のエクササイズと同じように行います。まず、身近にあるものから始めて、何であれ目に留まったものにこのアイデアを適用します。それから、見る範囲を広げていきます。頭を動かして左右にあるものも含めるようにしましょう。できるなら、後ろを向いて背後にあるものにも適用しましょう。

適用の対象はできるだけ無差別に選び、特定のものに集中しないようにしてください。また、ある場所で目に入るものをすべて含めようとしないように。無理な力みが入ってしまいますから。

Merely glance easily and fairly quickly around you, trying to avoid selection by size, brightness, color, material, or relative importance to you. Take the subjects simply as you see them. Try to apply the exercise with equal ease to a body or a button, a fly or a floor, an arm or an apple.

The sole criterion for applying the idea to anything is merely that your eyes have lighted on it. Make no attempt to include anything particular, but be sure that nothing is specifically excluded.

ただ、気楽にさっと回りを見て、大きさや明るさ、色、素材、自分にとって重要かどうかで選択しないようにしてください。対象物をそのまま見た通りに捉えます。このエクササイズは、身体、ボタン、ハエ、床、腕、りんごでも、同じように力まずにアイデアを適用させてください。

対象物が何であっても、このアイデアの適用における唯一の基準は、目に入ったということだけです。特定のものを含めようとしないようにしてください。だからといって、特別に避けるようなこともしないように注意しましょう。


何かに意味を持つのは、自分でそれに意味を与えたからです。たとえば、机のメモや、後ろの棚に置いた置物や写真など、自分にとっては意味があるものでも、赤の他人が見たら何の意味も持ちません。このように、対象物に対してある思い入れは、自分の思考によるもの、自分の知覚であることを学ぶレッスンです。

こうして対象物を見ていくと、思い入れがあるもの、それほどでもないものとあると思いますが、それでも等しく「わたしが勝手に意味を与えてる」と認めていくと、自分の偏った知覚がニュートラルになります。

新しいもの、歴史があるもの、大切にしているもの、忘れていたもの、必要なもの、好ましいもの、好ましくないもの、すべては自分で勝手にレベルづけしているのです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *