人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン19:私が思ったことによる体験はわたしで終わりません

Lesson 19
I am not alone in experiencing the effects of my thoughts.

The idea for today is obviously the reason why your seeing does not affect you alone. You will notice that at times the ideas related to thinking precede those related to perceiving, while at other times the order is reversed. The reason is that the order does not matter. Thinking and its results are really simultaneous, for cause and effect are never separate.

Today we are again emphasizing the fact that minds are joined. This is rarely a wholly welcome idea at first, since it seems to carry with it an enormous sense of responsibility, and may even be regarded as an “invasion of privacy.” Yet it is a fact that there are no private thoughts. Despite your initial resistance to this idea, you will yet understand that it must be true if salvation is possible at all. And salvation must be possible because it is the Will of God.

わたしが思ったことによる体験はわたしで終わりません。

きょうのアイデアは、あなたがどう見るかがあなただけに影響するのでない理由を明らかに示しています。思考に関連したアイデアが知覚に関連したアイデアに先んじることもあれば、その順序が逆になることもあるのに気づくでしょう。それは、順序は重要でないからです。思うこととその結果は実際には同時に起こります。原因と結果決して分離するものではないからです。

きょう、わたしたちは、マインドがみなつながっている事実を再度、強調します。この考えが、初めのうち、諸手を上げて歓迎されることが滅多にないのは、計りしれない責任感が伴うように思われ、場合によっては「プライバシーの侵害」と捉えられる向きもあるからです。しかしながら、プライベートな思いは存在しないというのは事実です。この考えに最初は抵抗を感じるでしょうが、いやしくも救いが可能であるなら、これは真実に違いないといずれ理解することでしょう。また、救いは神のご意志なので、可能でないはずはありません。

The minute or so of mind searching which today’s exercises require is to be undertaken with eyes closed. The idea for today is to be repeated first, and then the mind should be carefully searched for the thoughts it contains at that time. As you consider each one, name it in terms of the central person or theme it contains, and holding it in your mind as you do so, say:

I am not alone in experiencing the effects of this thought about _______.

The requirement of as much indiscriminateness as possible in selecting subjects for the practice periods should be quite familiar to you by now, and will no longer be repeated each day, although it will occasionally be included as a reminder. Do not forget, however, that random selection of subjects for all practice periods remains essential throughout. Lack of order in this connection will ultimately make the recognition of lack of order in miracles meaningful to you.

Apart from the “as needed” application of today’s idea, at least three practice periods are required, shortening the length of time involved, if necessary. Do not attempt more than four.

きょうの実習には、一分ほどマインドサーチをする必要がありますが、目を閉じて行ってください。まず、きょうのアイデアを繰り返し唱えてから、次に、その時点で思っていることを注意深くマインドサーチします。思っていることを一つずつ検討しながら、その思いが包含する中心人物やテーマを言葉にして心で保持しつつ次のように言います:

__について思う結果を体験するのはわたしだけではありません。

この実習期間、対象の選択は、できるだけ無差別で行わなければいけないのは、もう十分承知しているでしょうから、この条件を毎日は繰り返しませんが、ときおり、リマインダとして言及しましょう。しかし、全実習の間を通して、対象の無差別選択が必須であることを忘れないようにしてください。この連結に序列をつけないことが、結局、奇跡に序列がないと気づかせ、あなたにとって意味を持つことになるでしょう。

きょうのアイデアで、「必要に応じて」という適用を別にして、少なくとも3回の実習時間を持つことが求められますが、必要ならば、実習時間を短縮してください。ただし、実習回数は4回を越えてはなりません。


マインドはみなつながっているので、プライベートな思いは存在しない。これについて、自分がどう感じるかを観察してみると面白いです。抵抗があるなら、まだ、分離感があるのですね。しかし、分離感がある限り、どうしても不安や恐怖から解放されず、救われないのです。マインドがみなつながって一つならば、恐怖も不安もありません。これが神のご意志であり、救いなのです。

対象を無差別に選ぶというのは、マインドに浮かんだ思いをブロックせずに使うということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *