人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン18:わたしが見たことによる体験はわたしで終わりません

Lesson 18
I am not alone in experiencing the effects of my seeing.

The idea for today is another step in learning that the thoughts which give rise to what you see are never neutral or unimportant. It also emphasizes the idea that minds are joined, which will be given increasing stress later on.

Today’s idea does not refer to what you see as much as to how you see it. Therefore, the exercises for today emphasize this aspect of your perception. The three or four practice periods which are recommended should be done as follows:

Look about you, selecting subjects for the application of the idea for today as randomly as possible, and keeping your eyes on each one long enough to say:

I am not alone in experiencing the effects of how I see _________.

Conclude each practice period by repeating the more general statement:

I am not alone in experiencing the effects of my seeing.

A minute or so, or even less, will be sufficient for each practice period.

わたしが見たことによる体験はわたしで終わりません。

きょうのアイデアは、あなたが何を見るかを引き起こした思考が決して中立でもなく、取るに足りないことでもないことを学ぶもう一つのステップです。また、個々のマインドがつながっているということも強調していますが、後でもっと重点が置かれるようになるでしょう。

きょうのアイデアは、あなたが何を見るかということよりも、それをどう見るかということに関係しています。したがって、きょうのエクササイズは、あなたの知覚のこの部分を重視します。3、4回の実習が望ましく、以下のように行ってください:

回りを見渡し、きょうのアイデアに使う対象物をできるだけ無差別に選んで、それに目をやりながら次にように唱えます:

わたしが__をどう見るかという結果を体験するのはわたしだけではありません。

各実習は、次のようなもっと一般的な言い方を繰り替えして終わります:

わたしが見たことによる体験はわたしで終わりません。

各実習にかける時間は、1分程度か、それより短くて十分でしょう。


ここで重要なことは、「マインドがつながっている」というアイデアです。自分が考えることは、自分だけでなく、他の人にも影響を与えます。だから、取るに足りないことではないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *