人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン17:わたしは中立なものを何一つ見ません

Lesson 17

I see no neutral things.

This idea is another step in the direction of identifying cause and effect as it really operates in the world. You see no neutral things because you have no neutral thoughts. It is always the thought that comes first, despite the temptation to believe that it is the other way around. This is not the way the world thinks, but you must learn that it is the way you think. If it were not so, perception would have no cause, and would itself be the cause of reality. In view of its highly variable nature, this is hardly likely.

わたしは中立なものを何一つも見ません。

このアイデアは、この世界で実際に働いている原因と結果を認識するもう一つのステップです。

あなたには中立な思考はないので中立なものを見ることはありません。その逆を信じる誘惑にかられるでしょうが、先に来るのはいつも思考の方です。これは、世間で考えられていることと違いますが、あなたは、思考が先に来るとを学ばなければなりません。思考が先でなければ、知覚に原因がないことになり、それ自体で現実の原因になってしまいます。知覚が極度に変わりやすい性質であることを考えれば、ほとんどあり得ないことです。

In applying today’s idea, say to yourself, with eyes open:

I see no neutral things because I have no neutral thoughts.

Then look about you, resting your glance on each thing you note long enough to say:

I do not see a neutral ___, because my thoughts about ___ are not neutral.

For example, you might say:

I do not see a neutral wall, because my thoughts about walls are not neutral.
I do not see a neutral body, because my thoughts about bodies are not neutral.

As usual, it is essential to make no distinctions between what you believe to be animate or inanimate; pleasant or unpleasant. Regardless of what you may believe, you do not see anything that is really alive or really joyous. That is because you are unaware as yet of any thought that is really true, and therefore really happy.

Three or four specific practice periods are recommended, and no less than three are required for maximum benefit, even if you experience resistance. However, if you do, the length of the practice period may be reduced to less than the minute or so that is otherwise recommended.

今日のアイデアを適用するとき、目を開けたまま次のように自分に言い聞かせます:

わたしには中立な思考はないので中立なものを何一つ見ません。

次に、自分の周囲を見渡し、一つ一つのものに目をやりながら次のように言います:

わたしは中立な~を見ていません。なぜなら、わたしの~についての思考は中立でないからです。

例を挙げると次のようになります:

わたしは中立な壁を見ていません。なぜなら、わたしの壁についての思考は中立でないからです。
わたしは中立な身体を見ていません。なぜなら、わたしの身体についての思考は中立でないからです。

いつものように、あなたが生命があるとかないとか信じているものの間、また、心地よいとか不快だとか信じているものの間で区別をつけないことが大切です。あなたがどう信じようとも、実際に生きている、あるいは本当に喜びにあふれているものを見ていないのです。それは、本当に真実であり、ゆえに真に幸福な思考に、あなたはまだ気づいていないからです。

3回ないしは4回の具体的な実習が望ましいでしょう。たとえ抵抗を感じても、最大の効果を上げるには、3回の実習を行ってください。とはいっても、抵抗を感じるならば、実習時間を推奨の1分より短く切り上げてもよいでしょう。


冒頭にあるように、実際に働いている原因と結果を認識する練習です。

外界にあるものがわたしたちの思考に影響を与えるというのが一般的な見方ですが、実際はその逆だと「コース」では教えてくれます。まず思考が先に来て(原因)、それによって知覚が影響される(結果)のです。つまり、わたしたちが見ているのは、自分の思考を見ていることになります。決して中立のものを見ているのではないのです。

これは今までの現実がひっくり返るほどショッキングな事です。

中立なものを見ていないので、何らかの感情が起こります。そして、その感情が外界による影響だと思うのですが、「コース」では、最初の思考が原因だと言っているのです。だから、感情を変えようと思えば初めの思考を変えればよいということにもなります。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *