人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン16:わたしの思考に中立なものはありません

Lesson 16

I have no neutral thoughts.

The idea for today is a beginning step in dispelling the belief that your thoughts have no effect. Everything you see is the result of your thoughts. There is no exception to this fact. Thoughts are not big or little; powerful or weak. They are merely true or false. Those that are true create their own likeness. Those that are false make theirs.

There is no more self-contradictory concept than that of “idle thoughts.” What gives rise to the perception of a whole world can hardly be called idle. Every thought you have contributes to truth or to illusion; either it extends the truth or it multiplies illusions. You can indeed multiply nothing, but you will not extend it by doing so.

Besides your recognizing that thoughts are never idle, salvation requires that you also recognize that every thought you have brings either peace or war; either love or fear. A neutral result is impossible because a neutral thought is impossible. There is such a temptation to dismiss fear thoughts as unimportant, trivial and not worth bothering about that it is essential you recognize them all as equally destructive, but equally unreal. We will practice this idea in many forms before you really understand it.

わたしの思考に中立なものはありません。

きょうのアイデアは、あなたの思考が何の結果ももたらさないという思い込みを一掃する最初のステップです。あなたが見るものはすべてあなたの思考の結果です。この事実に例外はありません。思考に大小はなく、強弱もありません。ただ、真実か虚偽のどちらかです。真実の思いは、真実と類似のものを創造します。虚偽の思いは、虚偽を作りだします。

「何も為さない思考」という概念ほど自己矛盾したものはありません。全世界を知覚するようにならしめたものが何も為さないとは到底言えないでしょう。あなたの思いはいずれも真実か虚偽のどちらかに力を与えます。真実を広げるか、虚偽を増やすかのどちらかです。あなたは確かに無を増やすことはできますが、そうすることで無を広げることはないでしょう。

救われるためには、思考が決して無為ではないと認識するだけでなく、さらに、あなたの思いはどれも平和か争い、愛か恐怖のどちらかをもたらすのだと気づくことも必要です。中立な思考は不可能なため中立な結果というのは起こり得ません。恐怖の思いは、重要でないとか、取るに足りないとか、思い悩む価値がないとして片付けたくなるでしょうが、そうした思いはどれも等しく破壊的であっても、どれも同等に虚偽であると認識することが極めて重要です。あなたが本当にこれを理解するまで、きょうのアイデアを多くの形態で実習しましょう。

In applying the idea for today, search your mind for a minute or so with eyes closed, and actively seek not to overlook any “little” thought that may tend to elude the search. This is quite difficult until you get used to it. You will find that it is still hard for you not to make artificial distinctions. Every thought that occurs to you, regardless of the qualities that you assign to it, is a suitable subject for applying today’s idea.

In the practice periods, first repeat the idea to yourself, and then as each one crosses your mind hold it in awareness while you tell yourself:

This thought about ________ is not a neutral thought.
That thought about ________ is not a neutral thought.

As usual, use today’s idea whenever you are aware of a particular thought that arouses uneasiness. The following form is suggested for this purpose:

This thought about ________ is not a neutral thought, because I have no neutral thoughts.

Four or five practice periods are recommended, if you find them relatively effortless. If strain is experienced, three will be enough. The length of the exercise period should also be reduced if there is discomfort.

きょうのアイデアを適用するとき、目を閉じて1分間ほどあなたのマインドの中を探ります。このとき、見落としがちな「些細な」思考も見逃さないように積極的に行います。慣れるまでは、かなり難しいでしょう。あなたには、人為的な区別をつけないようにするのは、まだ難しく感じられるでしょう。思い浮かぶ思考は、あなたが割り当てた性質に関わらず、いずれも、きょうのアイデアを適用するのに適切な題材になります。

実習のときには、まずアイデアを自分に繰り返して言い聞かせ、それからマインドをよぎる思考をそれぞれ意識にのぼらせて保持しながら、次のように唱えます:

~についてのこの思いは中立な思考ではありません。
~についてのあの思いは中立な思考ではありません。

例のごとく、動揺させる特定の思考に気づいたときはいつでも、きょうのアイデアを活用しましょう。この目的には、次の形態で唱えればよいでしょう。

~についての思いは中立な思考ではありません。なぜなら、わたしの思考には中立なものはないからです。

割合と無理せずにできるのであれば、4、5回の実習を勧めます。心に負担を感じるならば、3回で十分でしょう。また、不快を感じるのであれば、実習時間を切り上げましょう。


「何も為さない」思考はないというのにハッとさせられます。中立的な思考もないのです。愛の思考(真実)か、恐怖の思考(虚偽)かのどちらかです。一方は平和をもたらし、他方は争いをもたらします。

だから、わたしたちは、愛の思考をするようにマインドを訓練しなければならないのですね。それにはまず、中立な思考がないということを肝に命じる必要があるのです。これが落とし込まれれば、自然と自分の思考に注意するようになるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *