人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン15:わたしの思考はわたしが作ったイメージです

Lesson 15

My thoughts are images that I have made.

It is because the thoughts you think you think appear as images that you do not recognize them as nothing. You think you think them, and so you think you see them. This is how your “seeing” was made. This is the function you have given your body’s eyes. It is not seeing. It is image making. It takes the place of seeing, replacing vision with illusions.

This introductory idea to the process of image making that you call seeing will not have much meaning for you. You will begin to understand it when you have seen little edges of light around the same familiar objects which you see now. That is the beginning of real vision. You can be certain that real vision will come quickly when this has occurred.

わたしの思考はわたしが作ったイメージです。

あなたは、自分が考えたと思っている思考がイメージとして現れるため、思考が無であることに気づきません。あなたは、自分でそういった思考を考えると思い、そしてその思考を見ていると思うのです。これが、あなたが「見ること」を作り出したからくりです。これが、自分の肉体の目にあなたが与えた役割です。見ているのではありません。イメージを作っているのです。見る代わりに、幻想の錯覚に置き換えているのです。

あなたが見ることとするイメージ作成のプロセスに対するこの最初のアイデアは、あなたにとってあまり意味をなさないでしょう。あなたがこれを理解するようになるのは、今あなたが見ている慣れ親しんだ物、その同じ物の周囲に小さな光の縁が見えたときでしょう。そのときが、真の視覚の始まりです。これが起こったとき、真の視覚が急速にやって来ると思って間違いありません。

As we go along, you may have many “light episodes.” They may take many different forms, some of them quite unexpected. Do not be afraid of them. They are signs that you are opening your eyes at last. They will not persist, because they merely symbolize true perception, and they are not related to knowledge. These exercises will not reveal knowledge to you. But they will prepare the way to it.

わたしたちは、歩みを進めるにつれ、「光の出現」を多く経験するかもしれません。それは多種多様な形で現れ、中にはまったく予期しない形を取ることもあるでしょう。恐れることはありません。それは、あなたがついに本当の目を開いてきた印です。ずっと続くことはないでしょう。というのも、それは、単に真の知覚を象徴しているだけで、知識との関係はないからです。このエクササイズによって、あなたに知識が露呈されはしないでしょう。しかし、そこに至る準備をするのです。

In practicing the idea for today, repeat it first to yourself, and then apply it to whatever you see around you, using its name and letting your eyes rest on it as you say:

This ___ is an image that I have made.
That ___ is an image that I have made.

It is not necessary to include a large number of specific subjects for the application of today’s idea. It is necessary, however, to continue to look at each subject while you repeat the idea to yourself. The idea should be repeated quite slowly each time.

今日のアイデアは、まず、自分に繰り返して唱えます。それから周囲の目に入る物なら何にでも、その名称を使い、次のように言いながら、それに目をやります:

この__は、わたしが作ったイメージです。
あの__は、わたしが作ったイメージです。

今日のアイデアにを適用するのに、具体的な対象物を多く含める必要はありません。しかし、自分にアイデアを繰り返すあいだ、それぞれの対象物から目を離さないで見続ける必要があります。アイデアは、唱えるごとに、極めてゆっくりとした速度で繰り返すようにしてください。

Although you will obviously not be able to apply the idea to very many things during the minute or so of practice that is recommended, try to make the selection as random as possible. Less than a minute will do for the practice periods, if you begin to feel uneasy. Do not have more than three application periods for today’s idea unless you feel completely comfortable with it, and do not exceed four. However, the idea can be applied as needed throughout the day.

推奨する1分間ほどの実習ではそれほど多くの物にこのアイデアを適用できないことは明らかですが、なるべく無差別に対象物を選ぶようにしてください。もし、不安を感じ始めたら、実習が1分に満たなくて切り上げても構いません。エクササイズをしていてまったく安らかに感じるのでなければ、3回以上の練習は行わないようにしましょう。また、練習は4回を超えないようにしてください。ただ、一日を通して必要に応じこのアイデアを適用するのはよいでしょう。


これまでのレッスンで、繰り返し出てくるテーマですね。わたしたちが外界に見ているのは、自分の思考の投影であるということ。これは頭で理解したとしても、なかなか納得できないことです。

本レッスンでは、自分が見ているのは、思考が生み出したイメージであるというアイデアです。幻想であるというのですね。かなりラジカルなので、なかなかこれを体得するのが難しいなと思います。だから、繰り返し出てくるのでしょうね。

“edges of light”は訳して「光の縁」としましたが、オーラのようなものでしょうか。これは、それを理解し始めた印だとしていますが、”you may have many ~”という表現をしているので、まあそういうこともあるよというニュアンスです。 オーラが見えるようになるかどかというのは問題にしなくてよいということですね。それよりも、真の知覚(true perception)を得ることが大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *