人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン13:無意味な世界が恐れを生み出す

Lesson 13

A meaningless world engenders fear.

Today’s idea is really another form of the preceding one, except that it is more specific as to the emotion aroused. Actually, a meaningless world is impossible. Nothing without meaning exists. However, it does not follow that you will not think you perceive something that has no meaning. On the contrary, you will be particularly likely to think you do perceive it.

無意味な世界が恐れを生み出します。

きょうのアイデアは、実質、前回のレッスンを別の形で表現したものですが、感情を掻き立てるという点でより具体的です。実際には、無意味な世界はあり得ません。意味のないものは何一つ存在しません。だからといって、自分が意味のないものを知覚すると思わないということにはなりません。それどころか、とりわけ、あなたは自分が意味のないことを知覚すると思いがちになるでしょう。

Recognition of meaninglessness arouses intense anxiety in all the separated ones. It represents a situation in which God and the ego “challenge” each other as to whose meaning is to be written in the empty space that meaninglessness provides. The ego rushes in frantically to establish its own ideas there, fearful that the void may otherwise be used to demonstrate its own impotence and unreality. And on this alone it is correct.

It is essential, therefore, that you learn to recognize the meaningless, and accept it without fear. If you are fearful, it is certain that you will endow the world with attributes that it does not possess, and crowd it with images that do not exist. To the ego illusions are safety devices, as they must also be to you who equate yourself with the ego.

意味のなさを認識するのは、分離した人たち全員に激しい不安を掻き立てます。無意味がもたらす空白に、神とエゴのどちらの意味が書き込まれるかで相互に対抗する状態を表しています。エゴは、急いでそこに自分の考えを確立させようと躍起になります。そうしなければ、空虚が自分の無能さと虚構をさらけ出すのに使われると恐れるからです。この点に関してだけ、エゴは間違っていません。

ですから、無意味さに気づき、恐れずにそれを受け入れることを学ぶことが最も重要です。あなたが恐れるなら、世界が持たない属性を世界に付与し、存在しないイメージであふれさせてしまうのは確実です。エゴにとって、幻想は安全な道具であり、自分をエゴと同一視しているあなたにとってもそうであるに違いありません。

The exercises for today, which should be done about three or four times for not more than a minute or so at most each time, are to be practiced in a somewhat different way from the preceding ones. With eyes closed, repeat today’s idea to yourself. Then open your eyes, and look about you slowly, saying:

I am looking at a meaningless world.

Repeat this statement to yourself as you look about. Then close your eyes, and conclude with:

A meaningless world engenders fear because I think I am in competition with God.

You may find it difficult to avoid resistance, in one form or another, to this concluding statement. Whatever form such resistance may take, remind yourself that you are really afraid of such a thought because of the “vengeance” of the “enemy.” You are not expected to believe the statement at this point, and will probably dismiss it as preposterous. Note carefully, however, any signs of overt or covert fear which it may arouse.

今日のレッスンは、一回につき最長でも一分間ほどで打ち切り、3、4回行えばよいでしょう。ただ、毎回、前回とは幾分違った言い方で実践してください。目と閉じてきょうのアイデアを自分に繰り返し言い聞かせます。それから、目を開けて周囲をゆっくり見回し、次のように言います:

わたしは、無意味な世界を見ています。

周囲を見回しながら、これを自分に繰り返して言います。それから目を閉じて、次のように言って終わります:

わたしが神と競争していると思っているため、無意味な世界が恐れを生み出すのです。

あなたは、この終わりの言葉を言うのに、さまざまな形で現れる抵抗を避けるのは難しいと感じるかもしれません。抵抗がどんな形であっても、本当は、「敵」の「報復」のためにこのような考えを恐れているのだと思い出しましょう。あなたが今の時点でこの考えを信じることは期待されていませんし、おそらくあなたは不合理だとして片付けてしまうでしょう。しかし、引き起こされた恐れの兆候は、あからさまであってもなくても、注意して留意してください。

This is our first attempt at stating an explicit cause and effect relationship of a kind which you are very inexperienced in recognizing. Do not dwell on the concluding statement, and try not even to think of it except during the practice periods. That will suffice at present.

これは、明白な因果関係を表現する初めての試みで、あなたは、この種の因果関係に気づくにはあまりに経験不足です。締めくくりの言葉にこだわらないように、そして、レッスンの実践時以外は、考えもしないようにしましょう。今のところは、それで十分です。


神と競争するというのは面白いですね。これは、エゴの思いで、自分をエゴと同一視する程度にしたがって、無意味な世界が恐怖を呼び起こすようです。そして、勝手に自分(エゴ)の解釈をし、神の解釈をブロックするのです。これが、外界を見ては感情的になるということなのだと思います。

ただし、今の時点では、これを理解しなくてもよいとあります。こういう考え方があるということを受け入れるだけでよいと。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *