人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン12:わたしは無意味な世界をみるので動揺しています

Lesson 12

I am upset because I see a meaningless world.

The importance of this idea lies in the fact that it contains a correction for a major perceptual distortion. You think that what upsets you is a frightening world, or a sad world, or a violent world, or an insane world. All these attributes are given it by you. The world is meaningless in itself.

わたしは、無意味な世界を見るので動揺しています

このアイデアの重要性は、主な知覚的歪曲の修正を含有しているという事実にあります。あなたは、自分が動揺するのは、世の中が恐ろしいとか、悲しみに満ちている、あるいは、暴力的だとか、狂っている世の中のせいだと思っています。こうした形容はすべてあなたが与えたものです。世の中それ自体は、無意味なのです。

These exercises are done with eyes open. Look around you, this time quite slowly. Try to pace yourself so that the slow shifting of your glance from one thing to another involves a fairly constant time interval. Do not allow the time of the shift to become markedly longer or shorter, but try, instead, to keep a measured, even tempo throughout. What you see does not matter. You teach yourself this as you give whatever your glance rests on equal attention and equal time. This is a beginning step in learning to give them all equal value.

エクササイズは目を開けたままで行います。このレッスンでは、かなりゆっくりと周囲を見回します。一つのものから次のものに目を移すのはゆっくりと行い、できるだけ同じ間隔を取るようにしましょう。全体を通して、間隔が長すぎたり短すぎたりしないように、一定間隔のテンポで行いましょう。あなたが目を向けるものは重要でありません。何に目をやろうとも、同様の注意と時間をかけながら、このことを学ぶのです。どれにも同じ価値を与えることを学ぶ最初のステップです。

As you look about you, say to yourself:

I think I see a fearful world, a dangerous world, a hostile world, a sad world, a wicked world, a crazy world,

and so on, using whatever descriptive terms happen to occur to you. If terms which seem positive rather than negative occur to you, include them. For example, you might think of “a good world,” or “a satisfying world.” If such terms occur to you, use them along with the rest. You may not yet understand why these “nice” adjectives belong in these exercises but remember that a “good world” implies a “bad” one, and a “satisfying world” implies an “unsatisfying” one. All terms which cross your mind are suitable subjects for today’s exercises. Their seeming quality does not matter.

周囲を見回しながら、たとえば次のように自分に言います:

わたしは、恐ろしい世界、危険な世界、非友好的な世界、悲しい世界、邪悪な世界、狂った世界を見ているなど、何でも心に浮かんできたまま見る世界を描写します。

ネガティブでなくポジティブな言葉であっても、そのまま使います。たとえば、「よき世界」とか「満ち足りた世界」という表現が頭に浮かぶかもしれません。その場合も、残りの言葉と一緒に使います。

あなたは、なぜ、こうした「よい」形容詞がきょうのエクササイズに適しているのか分からないかもしれません。しかし、「よい世界」と言えば「悪い世界」を、「満ち足りた世界」と言えば「不満足な世界」を暗に示していることを思い出してください。あなたのマインドに浮かんだ言葉はすべて、きょうのエクササイズに適した対象になります。それらの表面的な性質は重要でありません。

Be sure that you do not alter the time intervals between applying today’s idea to what you think is pleasant and what you think is unpleasant. For the purposes of these exercises, there is no difference between them. At the end of the practice period, add:

But I am upset because I see a meaningless world.

What is meaningless is neither good nor bad. Why, then, should a meaningless world upset you? If you could accept the world as meaningless and let the truth be written upon it for you, it would make you indescribably happy. But because it is meaningless, you are impelled to write upon it what you would have it be. It is this you see in it. It is this that is meaningless in truth. Beneath your words is written the Word of God. The truth upsets you now, but when your words have been erased, you will see His. That is the ultimate purpose of these exercises.

きょうのアイデアを気持ちのよいと思われることに適応するときと、不快に思われることに適応するときで、それにかける時間の長さを変えないように注意してください。このエクササイズの目的には、どちらであっても違いはないからです。きょうの実習の最後に、次のように付け加えて終了します:

それでも、わたしは無意味な世界を見るので動揺しています。

無意味なことは、よくも悪くもありません。では、なぜ、無意味な世界があなたを動揺させなければならないのでしょうか? あなたが、この世界が無意味であると受け入れ、あなたのために真実がその世界の上に書き込まれるままにさせることができるなら、真実により、あなたは言葉で言い表せないほど幸福になるでしょう。しかし、世界が無意味であるため、あなたは自分が思うことをその上に書き込まないではいられないのです。あなたが世界に見るのは、このあなたが書き込んだものなのです。実際は、これが無意味なことなのです。あなたの言葉の下には、神の言葉が書かれています。今度は、この真実があなたを動揺させますが、あなたの言葉が消されるとき、神の言葉を見るでしょう。これが、このエクササイズの最終目的です。

Three or four times is enough for practicing the idea for today. Nor should the practice periods exceed a minute. You may find even this too long. Terminate the exercises whenever you experience a sense of strain.

きょうのアイデアを練習するのは、3、4回で十分でしょう。実習時間は一分を越えないように。一分でも長く感じるかもしれません。ストレスを感じるようであれば、いつでもエクササイズを終了して構いません。


この世界が無意味に見えるのが恐ろしい、だから自分なりの解釈をしてしまい、それによって動揺しているということなんですね。自分の言葉を書き込むのを止め、消してしまえば、神の言葉が見えてくるとあります。勝手な解釈をしないこと。だから、「コース」では、聖霊にどんな解釈をすればよいか聞くことが大切だとしているのだなと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *