人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン11:私の無意味な思いが私に無意味な世界を見せている

Lesson 11

My meaningless thoughts are showing me a meaningless world.

This is the first idea we have had that is related to a major phase of the correction process; the reversal of the thinking of the world. It seems as if the world determines what you perceive. Today’s idea introduces the concept that your thoughts determine the world you see. Be glad indeed to practice the idea in its initial form, for in this idea is your release made sure. The key to forgiveness lies in it.

The practice periods for today’s idea are to be undertaken somewhat differently from the previous ones. Begin with your eyes closed, and repeat the idea slowly to yourself. Then open your eyes and look about, near and far, up and down, —anywhere. During the minute or so to be spent in using the idea merely repeat it to yourself, being sure to do so without haste, and with no sense of urgency or effort.

To do these exercises for maximum benefit, the eyes should move from one thing to another fairly rapidly, since they should not linger on anything in particular. The words, however, should be used in an unhurried, even leisurely fashion. The introduction to this idea, in particular, should be practiced as casually as possible. It contains the foundation for the peace, relaxation and freedom from worry that we are trying to achieve. On concluding the exercises, close your eyes and repeat the idea once more slowly to yourself.

Three practice periods today will probably be sufficient. However, if there is little or no uneasiness and an inclination to do more, as many as five may be undertaken. More than this is not recommended.

レッスン11
わたしの無意味な思いがわたしに無意味な世界を見せている

これは、この世界の思考を逆転させる修正プロセスの重要な段階に関連した、最初に出てくるアイデアです。

あたかも、この世界がわたしたちの知覚するものを決定するかのように見えます。今日のアイデアは、自分の思いが見る世界を決めるという概念を伝えるものです。

このアイデアを最初に出てきた形でエクササイズできるのは幸いです。あなたの解放が確実になるから。赦しの秘訣がこのアイデアの中にあります。

今日のレッスンは、これまでとは少し違った形で行います。まず、目を閉じて、アイデアをゆっくり自分に繰り返し言い聞かせます。次に目を開け、周囲を見回します。近くのもの、遠くのもの、上にあるもの、下にあるもの、どこでも関係なくです。1分ほど、ただこのアイデアを自分に繰り返しながら、慌てず、力まずにやりましょう。

このエクササイズをもっとも有効に行うには、視点を次から次に素早く移して行くことです。そうすれば、特定のものにとどまることがないでしょう。しかし、言葉の方は、急がずに、むしろのんびりした感じで言いましょう。特に、このアイデアを自分に言うときは、できるだけ普通にするのがよいのです。わたしたちが達成しようとしている平和でリラックスした気持ち、心配からの解放の基盤になる部分ですから。最後に、目を閉じて、もう一度、ゆっくり今日のアイデアを自分に言い聞かせます。

このエクササイズは一日に3回で十分でしょう。もし、何の不快も感じず、もっとやりたいと思うならば、5回まで行ってもよいでしょうが、それ以上はお勧めしません。


わたしたちは、外界によって自分が知覚するものが決定されると考えています。誰かが自分の前に割り込んで来たら、何て無礼な人と思って怒りがこみ上げます。誰かの行為によって、自分の知覚が決定されたわけです。外界がわたしたちの知覚を引き起こすと思っています。

でも、「コース」では、”your thoughts determine the world you see”だと言います。自分の思いが見る世界を決定すると。世界通念の逆を行くのです。ということは、この世界自体には何の意味もなく、わたしたちが自分の思いで意味づけをしているということになります。レッスン2に通じるところがありますね。

「わたしたちの無意味な思いが無意味な世界を見せている」とはいっても、このレッスンの目的は、この世界が無意味であるということではなくて、わたしたちの思いようで、世界を変えることができるということなのだと思います。世界→外界はキャンバスのようなもので、わたしたちの思いによって好きなように描くことができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *