人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン10:わたしの思いには何の意味もありません

Lesson 10
My thoughts do not mean anything.

This idea applies to all the thoughts of which you are aware, or become aware in the practice periods. The reason the idea is applicable to all of them is that they are not your real thoughts. We have made this distinction before, and will do so again. You have no basis for comparison as yet. When you do, you will have no doubt that what you once believed were your thoughts did not mean anything.

「わたしの思いには何の意味もありません」

このアイデアは、あなたが認識しているか、レッスンの練習期間中に気づいたすべての思いに当てはまります。このアイデアがすべてに当てはまる理由は、それらがあなたの本当の思いではないからです。以前にもこの区別を示しましたし、再びそうしましょう。あなたには、まだ比較のための基準がありません。あなたが基準を持ったとき、かつて自分の思いだと信じていたことには何の意味もないことを確信するでしょう。

This is the second time we have used this kind of idea. The form is only slightly different. This time the idea is introduced with “My thoughts” instead of “These thoughts,” and no link is made overtly with the things around you. The emphasis is now on the lack of reality of what you think you think.

この種のアイデアを用いたのはこれで二度目になります。形は少しだけ違いますが。今回は、「これらの思い」という代わりに「わたしの思い」とし、あなたの周囲のものとあからさまに連結するようなことはしませんでした。今回は、あなたが思っている思いは実在に欠けるということに重点が置かれています。

This aspect of the correction process began with the idea that the thoughts of which you are aware are meaningless, outside rather than within; and then stressed their past rather than their present status. Now we are emphasizing that the presence of these “thoughts” means that you are not thinking. This is merely another way of repeating our earlier statement that your mind is really a blank. To recognize this is to recognize nothingness when you think you see it. As such, it is the prerequisite for vision.

修正プロセスのこの捉え方は、まず、あなたが認識する思いが無意味であり、内在ではなく外在のものであるというアイデアから出発しました。そして、それが今あることでななく過去のものであることを強調しました。今度は、こうした「思い」の存在は、あなたが考えていないという意味になることに力点を置いています。これは、あなたのマインドが実際には空であるという先の見解を別の形で言い換えているに過ぎません。これに気づくことは、あなたが見たと思うとき非実在であるのを認めることです。それ自体がそのまま、視覚を得るための必要条件になります。

Close your eyes for these exercises, and introduce them by repeating the idea for today quite slowly to yourself. Then add:

This idea will help to release me from all that I now believe.

The exercises consist, as before, in searching your mind for all the thoughts that are available to you, without selection or judgment. Try to avoid classification of any kind. In fact, if you find it helpful to do so, you might imagine that you are watching an oddly assorted procession going by, which has little if any personal meaning to you. As each one crosses your mind, say:

My thought about ___ does not mean anything.
My thought about ___ does not mean anything.

このエクササイズは目を閉じて行います。今日のアイデアを時間をかけてゆっくりと自分に何度も言い聞かせてから、次のことを加えます。

「このアイデアは、今思い込んでいるすべてからわたしを解放するのを助けてくれます」

このエクササイズでは、前のように、選んだり批判をせず、自分のマインドをサーチします。マインドに現れる思いを、何であれ種類分けするのを避けましょう。実際、もしその方がやりやすいなら、奇妙に取り揃えた、いずれもあなたにとってほとんど個人的な意味がないものの行列を見ていると想像してもよいでしょう。それぞれの思いがマインドに現れるたびに、次のように言います。

「__についてのわたしの思いには何の意味もありません」
「__についてのわたしの思いには何の意味もありません」

Today’s thought can obviously serve for any thought that distresses you at any time. In addition, five practice periods are recommended, each involving no more than a minute or so of mind searching. It is not recommended that this time period be extended, and it should be reduced to half a minute or less if you experience discomfort. Remember, however, to repeat the idea slowly before applying it specifically, and also to add:

This idea will help to release me from all that I now believe.

もちろん、きょうのアイデアは、あなたを苦しめる思いが起こったときに使うことができます。それとは別に、エクササイズは5回、マインドサーチも含めてそれぞれに1分以上時間をかけないで行うようにしましょう。それ以上時間を引き伸ばすのはお勧めしません。もし嫌な気分になるなら、30秒かもっと短い時間に短縮するようにしましょう。ただし、具体的な適用に入る前に、きょうのアイデアをゆっくり繰り返してから、次のことを言うのを忘れないように。

「このアイデアは、今思い込んでいるすべてからわたしを解放するのを助けてくれます」


 

テキストの第1章VII節3で、わたしたちの視覚が歪曲しているため真実を歪めて見るとありました。本レッスンは、歪みのない本当の視覚を得るための準備として、普段のわたしたちの思いが空虚であることを認めるエクササイズをします。

思いは、“applies to all the thoughts of which you are aware, or become aware” で、今認識している思いも、エクササイズをやっている間に気づいた思いも、すべての思いです。区別しません。

この段階では、わたしたちには、まだ本当の思いについての基準がありません。だから本当の思いに対して比較することができないのですが、いずれ知るときが来ると最初の段落で示唆されています。今のところは、それを信じて、このエクササイズをやるようにしましょう。

きょうのエクササイズは、心が苦しんでいるときにすると気持ちが安らかになるし、そういうときにやってよいということですね。ただし、エクササイズ自体は苦痛のあるなしにかかわらず行うとうことに意義があるので、そういう特別の場合とは別に、5回のエクササイズをするようにというのが、最後の段落の主旨です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *