人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン1:この部屋でわたしが見るものには何の意味もありません

Lesson 1
Nothing I see in this room [on this street, from this window,
in this place] means anything.

Now look slowly around you, and practice applying this idea very specifically to whatever you see:

This table does not mean anything.
This chair does not mean anything.
This hand does not mean anything.
This foot does not mean anything.
This pen does not mean anything.

Then look farther away from your immediate area, and apply the idea to a wider range:

That door does not mean anything.
That body does not mean anything.
That lamp does not mean anything.
That sign does not mean anything.
That shadow does not mean anything.

Notice that these statements are not arranged in any order, and make no allowance for differences in the kinds of things to which they are applied. That is the purpose of the exercise.

The statement should merely be applied to anything you see. As you practice the idea for the day, use it totally indiscriminately.

Do not attempt to apply it to everything you see, for these exercises should not become ritualistic. Only be sure that nothing you see is specifically excluded. One thing is like another as far as the application of the idea is concerned.

Each of the first three lessons should not be done more than twice a day each, preferably morning and evening. Nor should they be attempted for more than a minute or so, unless that entails a sense of hurry. A comfortable sense of leisure is essential.

この部屋で[この通りで、この窓から、この場所で]わたしが見るものには何の意味もありません。

あなたの回りをゆっくり見渡し、あなたが見るものが何であれ、それを特定して、このアイデアを使って次のように練習します。

このテーブルには何の意味もありません。
この椅子には何の意味もありません。
この手には何の意味もありません。
この足には何の意味もありません。
このペンには何の意味もありません。

次に、すぐ近くにあるものから離れ、遠くをみて、もっと広範囲でこのアイデアを練習します。

あのドアには何の意味もありません。
あの物体には何の意味もありません。
あのランプには何の意味もありません。
あの表示には何の意味もありません。
あの影には何の意味もありません。

これらの表現には何の順序もなく、アイデアを使う対象が何であれ、その種類で差別していないことに注目してください。これが本実習の目的です。

あなたが見るものが何であれ、この表現を使って言うだけです。その日の実習をする際に、まったく無差別に表現を使うようにしましょう。

この実習が儀式的になってしまわないように、見るものすべてに対して行うのは止めましょう。ただ、故意に特定のものを除外しないように気をつけてください。このアイデアの実習に関して言えば、どれも同等です。

このレッスンも含めた最初の3つのレッスンは、一日にできれば朝と夜の2回行うのがよいでしょう。各レッスンに費やす時間は1分程度で、せわしい気持ちでなく、余裕を持ってゆったりした気分でやりましょう。


本レッスンの目的は、目に写るものはいずれも同じように意味を持たず、マインドに与える影響も同等だということを学ぶことです。こうして、目に入るものに意味づけするエゴの力を弱めるのが狙いです。

本レッスンにより、目に入るものについて、わたしたちは本当は何も知らないと意識させられます。

これはどんな意味がある、あの出来事はこういうことだ、あの人はこういう人だと自分が知っていると思っている限り、本当の意味を聖霊に聞こうとはしません。自分が正しい、あの人よりもわたしの方がよく知っているという思い上がりを捨て、常に、謙虚にオープンマインドでいることが大切なんですね。思い上がりは、エゴをのさばらせることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *