人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン7:わたしは過去だけを見ています

Lesson 7
I see only the past.

This idea is particularly difficult to believe at first. Yet it is the rationale for all of the preceding ones.

It is the reason why nothing that you see means anything.
It is the reason why you have given everything you see all the meaning that it has for you.
It is the reason why you do not understand anything you see.
It is the reason why your thoughts do not mean anything, and why they are like the things you see.
It is the reason why you are never upset for the reason you think.
It is the reason why you are upset because you see something that is not there.

わたしは過去だけを見ています。

初めのうちは、このアイデアを受け入れるのがとりわけ難しいでしょう。それでも、これは、その前のアイデアすべての根拠になるところです。

これがために、あなたが見るものはすべて意味がないのです。
これがために、あなたは、見るものすべてに自分にとっての意味づけをするのです。
これがために、あなたは見るものをどれも理解しないのです。
これがために、あなたの思考は意味がなく、あなたが見るものと似ているのです。
これがために、あなたが思っている理由で動揺しているのではないのです。
これがために、あなたは、そこにないものを見て動揺するのです。

Old ideas about time are very difficult to change, because everything you believe is rooted in time, and depends on your not learning these new ideas about it. Yet that is precisely why you need new ideas about time. This first time idea is not really so strange as it may sound at first.

Look at a cup, for example. Do you see a cup, or are you merely reviewing your past experiences of picking up a cup, being thirsty, drinking from a cup, feeling the rim of a cup against your lips, having breakfast and so on? Are not your aesthetic reactions to the cup, too, based on past experiences? How else would you know whether or not this kind of cup will break if you drop it? What do you know about this cup except what you learned in the past? You would have no idea what this cup is, except for your past learning. Do you, then, really see it?

時間についての古い考えを変えるのが非常に難しいのは、あなたが信じているものはどれも、時間に根ざしており、時間について新しいアイデアを受け入れないことで成り立っているからです。だからこそ、あなたには、時間についての新しいアイデアが必要になるのです。この時間についての最初のアイデアは、初めは奇妙に聞こえても、本当はそれほど馴染みのないことではありません。

カップを例にとってみましょう。あなたはカップを見ていますか、それとも、過去の経験をレビューしているだけなのでしょうか? カップを取り、喉が乾いて飲む、唇をカップの縁につけた感触、朝食をとっていたとなどと思い出しているのでしょうか。過去の経験に基づいてそのカップを審美しているということはありませんか? 他にどうやって、この種類のカップは落としたら割れるかどうか知っているのでしょう? 過去に学んだことの他に、このカップについて何か知っていますか? 過去に学んだことを除いては、何も知らないことでしょう。そうであれば、あなたは、本当にカップを見ているのでしょうか?

Look about you. This is equally true of whatever you look at. Acknowledge this by applying the idea for today indiscriminately to whatever catches your eye. For example:

I see only the past in this pencil.
I see only the past in this shoe.
I see only the past in this hand.
I see only the past in that body.
I see only the past in that face.

Do not linger over any one thing in particular, but remember to omit nothing specifically. Glance briefly at each subject, and then move on to the next. Three or four practice periods, each to last a minute or so, will be enough.

周囲を見渡してご覧なさい。このアイデアは、見るものが何であれ、等しく当てはまります。目につくものなら何でも、差別することなく、今日のアイデアを適用して認識しましょう。例をあげます:

わたしは、この鉛筆に過去だけを見ています。
わたしは、この靴に過去だけを見ています。
わたしは、この手に過去だけを見ています。
わたしは、あの体に過去だけを見ています。
わたしは、あの顔に過去だけを見ています。

 とりわけて、あるものに時間をかけ過ぎず、かといって、特別にあるものを除外することのないように。それぞれの対象をさっと見て、次に移っていきましょう。3回から4回のエクササイズで、それぞれに1分程度費やせば十分です。


カップの例は、なるほどと思いました。確かに、過去の記憶のデータから、今目にしているものを推し量るだけならまだしも、決めつけていることが多々あるのですね。

エゴにとって、時間の中で過去だけが意味のあることで、すべてを過去に起こったことから説明しようとします。このレッスンでは、過去が障害となって、現在の真実が見えないこと学びます。あるものをそのまま見ずに、過去のフィルターを通して歪めて見ることに気をつけなければなりません。

このワークは、ステップバイステップで進みます。前のレッスンでは、そこにないものを見ているから動揺することを学びました。本レッスンでは、そこにないもの、つまり過去を見ているから動揺するということを学びます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *