人生はいつでも変えられる!
ワークブック

第1部レッスン21:わたしは違った見方で見るつもりです

Lesson 21
I am determined to see things differently.

The idea for today is obviously a continuation and extension of the preceding one. This time, however, specific mind-searching periods are necessary, in addition to applying the idea to particular situations as they may arise. Five practice periods are urged, allowing a full minute for each.

わたしは違った見方で見るつもりです。

きょうのアイデアは、前のアイデアの続きで拡張したものであるのは明らかです。しかし、今回は、このアイデアをそれが起こる個々の状況に適用することに加えて、マインドを探ることに特定した時間が必要です。5回の実習を強く薦めますが、各実習には、まる1分かけるようにしましょう。

In the practice periods, begin by repeating the idea to yourself. Then close your eyes and search your mind carefully for situations past, present or anticipated that arouse anger in you. The anger may take the form of any reaction ranging from mild irritation to rage. The degree of the emotion you experience does not matter. You will become increasingly aware that a slight twinge of annoyance is nothing but a veil drawn over intense fury.

Try, therefore, not to let the “little” thoughts of anger escape you in the practice periods. Remember that you do not really recognize what arouses anger in you, and nothing that you believe in this connection means anything. You will probably be tempted to dwell more on some situations or persons than on others, on the fallacious grounds that they are more “obvious.” This is not so. It is merely an example of the belief that some forms of attack are more justified than others.

実習は、このアイデアを自分に繰り替えして始めてください。次に目を閉じて、自分のマインドの中に、怒りを起こさせる過去や現在の状況、あるいはそう予期される状況を注意深く探ります。怒りは、ちょっとした苛立ちから激怒まで、いろいろな反応の形が可能です。経験する感情の激しさの度合いは重要ではありません。かすかに感じる苛立ちは、激しい怒りにかけられたに覆いに過ぎないとだんだん分かってくることでしょう。

ですから、実習時間の間、「小さな」怒りの思いを見過ごさないように努めましょう。あなたは自分に怒りを起こさせるものが何かを本当には分かっていないこと、そして、怒りに関連しているとあなたが信じているものには何の意味もないことを覚えておいてください。おそらくは、ある状態や特定の人の方が他と比べて「疑問の余地がない」というあやふやな根拠から、もっとそこに留まる誘惑にかられるでしょう。それは理由になりません。ただそれは、ある形の攻撃が他よりも正当化されるという信念を示しているに過ぎないのです。

As you search your mind for all the forms in which attack thoughts present themselves, hold each one in mind while you tell yourself:

I am determined to see ________ [name of person] differently.

I am determined to see ________ [specify the situation] differently.

Try to be as specific as possible. You may, for example, focus your anger on a particular attribute of a particular person, believing that the anger is limited to this aspect. If your perception is suffering from this form of distortion, say:

I am determined to see ________ [specify the attribute] in
________ [name of person] differently.

マインドを探って、どんな形でも攻撃的な思いが現れたら、一つずつマインドに留めて、次のように自分に言います:

わたしは__[人物の名前]を違った見方で見るつもりです。

わたしは__[具体的な状況]を違った見方で見るつもりです。

できるだけ具体的に表すようにしてください。たとえば、ある人に対する怒りはここに限定されていると思って、その人の特定の性質に焦点を当てる場合が考えられます。あなたの知覚がこの形の歪曲に犯されているなら、次のように言ってください:

わたしは__[人の名前]の__[具体的な性質]を違った見方で見るつもりです。


怒りはどんな形であれ、すべて激しいものなのですね。ちょっと癇に障るとうのも、本当は激しい怒りを隠す覆いに過ぎないのです。だから、ある怒りは他の怒りよりも正当だということになりません。どんな怒りも正当でないと示唆しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *