人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

第1章VI節3:欠乏の序列は根本から正していかなければならない

The idea of orders of need, which follows from the original error that one can be separated from God, requires correction at its own level before the error of perceiving levels at all can be corrected.

You cannot behave effectively while you function on different levels.

However, while you do, correction must be introduced vertically from the bottom up.

This is because you think you live in space, where concepts such as “up” and “down” are meaningful.

Ultimately, space is as meaningless as time.

Both are merely beliefs.

先の段落で、欠乏の序列は分裂から起こったもので一つに統合できるとありました。この最初の文はその繰り返しですよね。神から離れることができるというのが、そもそもの誤りだという。だから、その根本の”level”で修正する必要があるのです。知覚レベルで修正する前に。

“on different levels”、つまり、欠乏の序列の異なるレベル(肉体的なものから精神的なものまで)で修正を行おうとすると効率よくできないというのが第2文の意味です。

修正が、”from the bottom up”という縦方向に導入されるというのは、根本の原因を修正すれば、自ずとその上のレベルが修正されるはずだという意味で、「コース」の推奨する修正方法です。

もっとも、上下の位置関係で考えるのは、わたしたちが空間に住んでいると思っているからです。でも、この空間も時間と同様に幻想に過ぎない。この物理的世界は幻想に過ぎないというところに行き着くのですが。ただ、空間に住んでいると思っている間は、修正は下(根本)から上に、効率よく修正していかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *