人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

第1章VI節1:わたしたちは欠乏感の序列に従って行動する

You who want peace can find it only by complete forgiveness.

No learning is acquired by anyone unless he wants to learn it and believes in some way that he needs it.

While lack does not exist in the creation of God, it is very apparent in what you have made.

It is, in fact, the essential difference between them.

最初の部分は、一見、それぞれの文の間にあまり関連性がないようにみえますが、”want peace”、”believes in some way that he needs it”、”lack”のように、どれも、何らかの欠乏感を認識していることを指しています。

Lack implies that you would be better off in a state somehow different from the one you are in.

欠乏は、今よりももっとよい状態があると暗示するものですが、これは考えてみれば悪いことではありません。わたしたちが作り上げた世界では、明らかに欠乏が存在しているかのように現れます。幻想の世界にいるからです。だから、欠乏感は、どこかで、神の創造した実相の世界にいないと気づいているんですよね。

Until the “separation,” which is the meaning of the “fall,” nothing was lacking.

There were no needs at all. Needs arise only when you deprive yourself.

You act according to the particular order of needs you establish.

This, in turn, depends on your perception of what you are.

神の創造に欠乏がなくても、神から「分離」したために、さまざまなニーズが生まれました。肉体の生存のためのニーズから始まり、誰かに愛されたいというニーズ、認められたいというニーズ、さらには、自己実現のニーズなど、ニーズにも序列があります。自分をどう知覚するかで、ニーズのレベルが決定され、そのニーズを満たそうと特定の行動を取ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *