人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章IV節5:贖罪の形は関係ないが恐怖を増長させないこと

The value of the Atonement does not lie in the manner in which it is expressed.

In fact, if it is used truly, it will inevitably be expressed in whatever way is most helpful to the receiver.

This means that a miracle, to attain its full efficacy, must be expressed in a language that the recipient can understand without fear.

This does not necessarily mean that this is the highest level of communication of which he is capable.

It does mean, however, that it is the highest level of communication of which he is capable now.

The whole aim of the miracle is to raise the level of communication, not to lower it by increasing fear.

贖罪、つまり癒しは、どんな形であっても関係ないということを言っています。”if it is used truly”で、形ではなく、贖罪の中身が大切だということです。だから、 祈りであろうと、何らかの施術であろうと、真に贖罪を意図するのであれば構わないということです。

最善の形は、受け手が恐怖せずに受け取り、効果を表すものです。病人を癒すのに、医療を拒絶して病人の恐怖を増すようなことをするのは、かえって贖罪に反することになります。そのとき、受け手である病人ができる最高レベルのコミュニケーションは医療であるかもしれません。奇跡の目的は、コミュニケーションレベルを上げて、受け手の心が愛を受け取り、癒されるようにすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *