人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章IV節3:肉体はマインドの学習の道具

Only the mind can create because spirit has already been created, and the body is a learning device of the mind.

Learning devices are not lessons in themselves.

Their purpose is merely to facilitate learning.

The worst a faulty use of a learning device can do is to fail to facilitate learning.

It has no power in itself to introduce actual learning errors.

肉体は単にマインドの学習の道具で、創造することもできなければ学習の過ちを導入する(introduce actual learning errors)こともできません。だから、マインドを傷つけることもできません。最悪に働いても、学習の助けにならないだけのことです。

The body, if properly understood, shares the invulnerability of the Atonement to two-edged application.

This is not because the body is a miracle, but because it is not inherently open to misinterpretation.

道具には、本来、知覚する力はないので、”not inherently open to misinterpretation”なのでしょう。誤った知覚にオープンでないとあります。両刀の剣は、相手を攻撃を与えることができますが、自分も傷つく危険があります。贖罪は、癒すだけで傷つけることはありません。同様に、肉体は道具として働くだけで、マインドを傷つけることがないので両刀の剣にはならないのです。

The body is merely part of your experience in the physical world. Its abilities can be and frequently are over-evaluated.

However, it is almost impossible to deny its existence in this world.

Those who do so are engaging in a particularly unworthy form of denial.

The term “unworthy” here implies only that it is not necessary to protect the mind by denying the unmindful.

If one denies this unfortunate aspect of the mind’s power, one is also denying the power itself.

肉体を過大評価するべきではありませんが、否定することも要りません。実際に、この世界で肉体を否定するのはほぼ不可能です。それを否定しようとするのは、“a particularly unworthy form of denial(無価値な形の否定)”だとしています。その説明は、”the unmindful”を否定してマインドを防御しようとするからであると。

“the unmindful”は、”the”が付いていることに注目しましょう。肉体を指しています。肉体は道具に過ぎず、無頓着です。でも、マインドを尊重するあまり肉体(の欲求)を否定するというのは、愚かなこと(無価値な否定)だと言っているのですね。肉体を痛めつけるのも、大事にしないのも、肉体の否定です。

肉体は、本当の意味では存在しないのですが、この世界の現実は肉体を否定することはできません。だから、この現実に生きている間は、肉体をマインドの学習の道具として有効に使うのです。ただ、肉体が自分であると考えるような過大評価はしないことです。

If one denies this unfortunate aspect of the mind’s power, one is also denying the power itself.

肉体は、マインドがこの世界に投影したものなので、それを否定することは、マインドの力を否定することになるという意味です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *