人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章IV節1:本質的に癒しはすべて恐れからの解放

Our emphasis is now on healing.

The miracle is the means, the Atonement is the principle, and healing is the result.

To speak of “a miracle of healing” is to combine two orders of reality inappropriately.

Healing is not a miracle.

The Atonement, or the final miracle, is a remedy and any type of healing is a result.

The kind of error to which Atonement is applied is irrelevant.

All healing is essentially the release from fear.

To undertake this you cannot be fearful yourself.

You do not understand healing because of your own fear.

第1文で”emphasis”は”healing”だと言っていますが、”now”とあるので、「コース」全体ではなくて、このセクションでという意味ですね。癒しに重点を置きます。タイトルにあるように、恐れからの解放が癒しです。恐れを起こすエゴの操作ではなくて、癒しに注目しています。

The miracle is the means, the Atonement is the principle, and healing is the result.

奇跡(手段)を通して贖罪(原理)が現れると、癒し(結果)が起こります。第2章III節5で、「あなたが恐れるときはいつも惑わされており、あなたのマインドは聖霊に仕えることができなくなります」というところがありました。恐れがあると、聖霊に仕えて奇跡を実践することができません。

本節でも、”To undertake this you cannot be fearful yourself”とあります。だから、まず自分が奇跡を受け取って贖罪を表現すると恐怖から解放されます。そして、他の人に奇跡を拡張し、贖罪を広めれば、最終的にみなが恐怖から解放されて癒されます。

To speak of “a miracle of healing” is to combine two orders of reality inappropriately.

“two orders of reality”は、つまりスピリットの現実(実相)と物質界の現実(幻想)というレベルの違う現実を指しています。だから、これを一緒にするのは不適切だと言っているのです。癒しは夢の中で起こります。奇跡は、夢を見ているわたしたちに届く実相からの光のようなものです。だから、”Healing is not a miracle”です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *