人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VI節9:思考はすべてある程度の形を産み出す

Everyone experiences fear.

Yet it would take very little right thinking to realize why fear occurs.

Few appreciate the real power of the mind, and no one remains fully aware of it all the time.

However, if you hope to spare yourself from fear there are some things you must realize, and realize fully.

The mind is very powerful, and never loses its creative force.

It never sleeps.

Every instant it is creating.

It is hard to recognize that thought and belief combine into a power surge that can literally move mountains.

It appears at first glance that to believe such power about yourself is arrogant, but that is not the real reason you do not believe it.

You prefer to believe that your thoughts cannot exert real influence because you are actually afraid of them.

This may allay awareness of the guilt, but at the cost of perceiving the mind as impotent.

If you believe that what you think is ineffectual you may cease to be afraid of it, but you are hardly likely to respect it.

There are no idle thoughts. All thinking produces form at some level.

ここでは、マインドが強力なこと、そしてそれが恐怖の一原因であることが説明されています。

マインドの力がいかに強力であるかを認めれば、自分が神から離れてマインドを悪用したという罪の意識を感じてしまうので、自分の思考にそんな力がないと信じたいのです。

罪の意識を覆い隠すために自分のマインドの力を認めないというのは、ショッキングでした。目からウロコかも。第2章I節4で、すべての恐怖は、自分に神の力を犯す能力があるという誤った観念に集約されるとありましたね。本来、神の力を犯すことはできないのを思い出すようにしたいです。マインドの誤った創造は投影という幻想に過ぎないことを。

マインドの力を認めないことを選択すれば、大きな代償を払うことになります。自分は無力であるという思いから、罪の意識が和らいでも、別の恐怖が起こります。無力で何が起こるか分からないわけですから。そして、自分の思考に気を配ることがなくなり、ますます誤った創造(投影)をのさばらせてしまいます。

最後の文で、無為な思考はなくて、どんな思考もある程度の形を産み出すとあります。自分の思考に注意する必要がありますね。恐怖を起こすようなことを考え始めたら、そこでストップです。思考が勝手にさまようのに任せてはいけません。いつも、創造したいものだけ考えるようにしたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *