人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VI節8:贖罪は価値を再確立するために設けられた救済

I have emphasized that the miracle, or the expression of Atonement, is always a sign of respect from the worthy to the worthy.

The recognition of this worth is re-established by the Atonement.

It is obvious, then, that when you are afraid, you have placed yourself in a position where you need Atonement.

奇跡を行うには、自分に価値があると自負している必要があります。そうでなければ、その延長として相手の価値を認めることができません。この価値を再確認するのが贖罪であると言っています。だから、恐れるとき、自分に価値がないと感じるときこそ、贖罪が最も必要なのです。

You have done something loveless, having chosen without love.

This is precisely the situation for which the Atonement was offered.

The need for the remedy inspired its establishment.

As long as you recognize only the need for the remedy, you will remain fearful.

However, as soon as you accept the remedy, you have abolished the fear.

This is how true healing occurs.

自分が愛のない選択をしたと気づいたときにこそ贖罪が必要で、そのために贖罪が提供されたということですね。愛のない選択をしたと気づくだけでは、恐れの状態から抜け出すことはできません。救済を受け入れたとき、恐れはすべて取り除かれます。どんなに価値がないと思っていても、贖罪を受けることができるのです。贖罪は、それを救済するために設けられたのですから。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *