人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章II節5:贖罪は時空間で学ぶ最後のレッスン

The Atonement was built into the space-time belief to set a limit on the need for the belief itself, and ultimately to make learning complete.

The Atonement is the final lesson. Learning itself, like the classrooms in which it occurs, is temporary.

The ability to learn has no value when change is no longer necessary.

The eternally creative have nothing to learn.

You can learn to improve your perceptions, and can become a better and better learner.

This will bring you into closer and closer accord with the Sonship; but the Sonship itself is a perfect creation and perfection is not a matter of degree.

Only while there is a belief in differences is learning meaningful.

“the space-time belief(時空間の信念)”とあるように、時空間はわたしたちの信念、わたしたちが作ったものです。贖罪がこの時空間に組み込まれたのは、“set a limit on the need for the belief itself”のためです。直訳すると、(時空間に対する)信念そのものの必要に制限を設けるためですが、端的に言うと、時空間を終わらせるためということです。

贖罪は最後のレッスンです。ここの”classroom”は教室という意味の他に、時空間の世界という意味も兼ねています。贖罪をもって学習が終われば、この時空間の教室は必要ありません。

時空間の教室にいる間は、“You can learn to improve your perceptions, and can become a better and better learner” で、知覚を向上させ、よりよい学習者となることができます。こうして、神の子としての完全に近づくことができます。

ただし、完全は度合いの問題ではないと言っています。確かに、完全度が増すことはないです。完全であれば完全だし、完全でなければ不完全です。 その中間はありません。だから、完全に近づくというのは、完全度の度合いではなくて、完全への準備が整ってくるという意味です。準備が整えば、一瞬にして、神の子としての完全に戻ることができるのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *