人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章II節4:贖罪は破壊的に使うことのできない唯一の防御

The Atonement is the only defense that cannot be used destructively because it is not a device you made.

The Atonement principle was in effect long before the Atonement began.

The principle was love and the Atonement was an act of love.

Acts were not necessary before the separation, because belief in space and time did not exist.

It was only after the separation that the Atonement and the conditions necessary for its fulfillment were planned.

Then a defense so splendid was needed that it could not be misused, although it could be refused.

Refusal could not, however, turn it into a weapon of attack, which is the inherent characteristic of other defenses.

The Atonement thus becomes the only defense that is not a two-edged sword. It can only heal.

贖罪は、分離が起こったとき、防御として働くように意図されましたが、攻撃することはありません。贖罪以外の防御は、”two-edged sword(両刀の剣)”のように、攻撃も含まれますが、贖罪は、”an act of love”、愛の行為です。攻撃はしません。”it could not be misused”で、(攻撃する武器とした)誤った使い方はできません。’It can only heal”で、ただ癒すだけです。

第一文にあるように、贖罪は、わたしたちが作った装置ではないので、攻撃するように使うことはできないのです。 ここで暗示されるのは、地上でわたしたちが作った装置は、破壊的な使い方ができることですね。

The Atonement principle was in effect long before the Atonement began.
The principle was love and the Atonement was an act of love.

贖罪の原理は、贖罪が起こるずっと前からあったというのは、その原理は、永遠のもの、つまり愛に基づいたものだったからです。神の愛が贖罪として意図されたわけですから、破壊的に使うことができないのです。

Then a defense so splendid was needed that it could not be misused, although it could be refused.

“splendid”は、「壮大な、優れた」という意味で、拒否はできても、誤用されないほど素晴らしい防御が必要だったと訳すことができます。わたしたちが作るような誤用されうる装置ではなく、もっと優れたものですね。こうして、神の愛の拡張として、贖罪が計画されたということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *