人生はいつでも変えられる!
3純真無垢な知覚

第3章VII節 創造と自己イメージ

VII. Creating versus the Self-Image

Every system of thought must have a starting point. It begins with either a making or a creating, a difference we have already discussed.

Their resemblance lies in their power as foundations. Their difference lies in what rests upon them. Both are cornerstones for systems of belief by which one lives.

It is a mistake to believe that a thought system based on lies is weak. Nothing made by a child of God is without power. It is essential to realize this, because otherwise you will be unable to escape from the prison you have made.

すべての思考システムには出発点があるはずです。それは、作成か創造のいずれかを起点にして起こります。この二つの違いについてはすでに詳しく述べました。

類似点は、それらが土台として力を持っていることです。相違点は、何がそれらを基盤にしているかということです。どちらも、人が生きる上で指針とする信念体系の土台です。

虚偽に基づいた思考システムが脆弱だと信じるのは誤りです。神の子によって作られたもので、力がないものはありません1これを認識することが肝要です。さもなければ、あなたは自分で作った牢獄から自由になることができないでしょうから。

1:  とても重要なところです。虚偽に基づいた思考システムは、本物でないから軽んじてよいという過ちを犯さないようにしないといけません。

 

You cannot resolve the authority problem by depreciating the power of your mind. To do so is to deceive yourself, and this will hurt you because you really understand the strength of the mind. You also realize that you cannot weaken it, any more than you can weaken God.

The “devil” is a frightening concept because he seems to be extremely powerful and extremely active. He is perceived as a force in combat with God, battling Him for possession of His creations. The devil deceives by lies, and builds kingdoms in which everything is in direct opposition to God. Yet he attracts men rather than repels them, and they are willing to “sell” him their souls in return for gifts of no real worth. This makes absolutely no sense.

自分のマインドの力を軽視することで権力者問題を解決することはできません1そうすることは、自分自身を欺くことであり、あなたは実際、マインドの強さを理解しているので、自分を傷つけることになるでしょう。あなたは、また、神を弱化することができないのと同じくらい、マインドの力も弱化することができないことに気づいています。

悪魔」は非常に力強く、そしてかなり活動的に見えるため、恐ろしい概念になります2悪魔は、神の創造物の所有権をめぐって神と闘争している力であると捉えられています。悪魔は嘘によって惑わし、すべてが神と正反対の立場を取る王国を建てます。それなのに、悪魔は人間を遠ざけるどころか引き寄せます。そして、人々は、真の価値が何もない贈り物と引き換えに、喜んで自らの魂を悪魔に「売り渡そう」とするのです。これは、まったく理にかなわないことです。

1:  自分のマインドに力がないと思うことで神が全能であるのを認めているから、権力者問題の解決になると思っても、それは違うのだということです。その理由が次に続いています。

2:  突然「悪魔」が出てきて、前の文脈から続かないように感じるところですが。マインドの力が侮れないことが前述されており、悪魔は「恐ろしい概念」とあるので、マインドの産物であることを示唆していると推測できます。

 

We have discussed the fall or separation before, but its meaning must be clearly understood. The separation is a system of thought real enough in time, though not in eternity.All beliefs are real to the believer.

The fruit of only one tree was “forbidden” in the symbolic garden. But God could not have forbidden it, or it could not have been eaten.If God knows

His children, and I assure you that He does, would He have put them in a position where their own destruction was possible?

The “forbidden tree” was named the “tree of knowledge.” Yet God created knowledge and gave it freely to His creations.

The symbolism here has been given many interpretations, but you may be sure that any interpretation that sees either God or His creations as capable of destroying Their Own purpose is in error.

以前に、人類の転落(堕罪)、つまり分離について話したことがありますが、分離の意味は明確に理解されなければなりません。分離は、時間の中では十分に現実感のある思考システムです。永遠においてではありませんが。どんな信念もすべて、信じる者にとっては現実です。

エデンの園の象徴的な話1では、ある一つの木の果実だけが食べることを「禁じられて」いました。しかし、神が禁じたはずがありません。そうであれば、食べることはできなかったでしょう。

また、神が自分の子供たちを知っているなら、そして私はそれを請け合いますが、自らの破滅を招く可能性がある状態に子供たちを置き去りにするでしょうか?

「禁断の木」ですが、これは「知識の樹」という名前で呼ばれていました。しかも、神は知識を創造し、自ら創造した者たちに惜しみなく与えたのです。

ここでの象徴的意味について、さまざまな解釈がされてきましたが、神、あるいは神の創造した者が自らの目的を破壊できると捉える解釈は間違っていると確信してよいでしょう。

1:  エデンの園の一般的な解釈について、誤りが指摘されているところです。3つの点から論じられているのが、この後に続いています。

 

Eating of the fruit of the tree of knowledge is a symbolic expression for usurping the ability for self-creating. This is the only sense in which God and His creations are not co-creators.

The belief that they are is implicit in the “self-concept,” or the tendency of the self to make an image of itself.Images are perceived, not known. Knowledge cannot deceive, but perception can. You can perceive yourself as self-creating, but you cannot do more than believe it. You cannot make it true.

And, as I said before, when you finally perceive correctly you can only be glad that you cannot. Until then, however, the belief that you can is the foundation stone in your thought system, and all your defenses are used to attack ideas that might bring it to light.

You still believe you are an image of your own making. Your mind is split with the Holy Spirit on this point, and there is no resolution while you believe the one thing that is literally inconceivable. That is why you cannot create and are filled with fear about what you make.

知識の樹になる果実を食べるというのは、自己創造の力を奪う象徴的な表現です1ここ(自己創造)が、唯一、神と神の創造物が共同創造者でないという意味になるところです。

神と共同創造者であるとの信念は、「自己概念」、つまり自己が自己イメージを作る傾向に暗示されています。イメージは知覚されるのであって、知識から来るものではありません。知識は欺くことができませんが、知覚はそれができます。あなたは、自分自身を自己が創造した者と知覚することができます。しかし、そう信じることができるだけで、真実にすることはできません。

また、前にも述べたように、ついに正しく知覚するようになったとき、あなたは、真実にすることができなくて良かったと思うばかりでしょう。しかし、そのときまで、できるという信念は、あなたの思考システムの土台であり、あらゆる防御は、それによって暴露されるかもしれないアイデアを攻撃するのに向けられます。

あなたは、まだ、自分が自分で作ったイメージだと信じています。あなたのマインドは、この点において聖霊から離れています。そして、文字通りあり得ないこと2をあなたが信じている間、何の和解も望めません。だから、あなたは創造できず、自分が作ったものについて抱く恐れで満たされるのです3

1:  知識の木の実を食べるのは、神の力を奪う権力者問題の象徴です。自分を創造したのは神ではなくて自分だという錯覚に陥ったのです。

2:  あり得ないこととは、自分が自己創造したことです。

3:  自分が自己を創造したと信じている間、マインドは聖霊から分離して一つになることはできません。だから、創造する力が損なわれ、自分が作るものについて恐れを抱くのです。

 

The mind can make the belief in separation very real and very fearful, and this belief is the “devil.” It is powerful, active, destructive and clearly in opposition to God, because it literally denies His Fatherhood.

Look at your life and see what the devil has made. But realize that this making will surely dissolve in the light of truth, because its foundation is a lie. Your creation by God is the only foundation that cannot be shaken, because the light is in it.

Your starting point is truth, and you must return to your Beginning. Much has been seen since then, but nothing has really happened. Your Self is still in peace, even though your mind is in conflict.

You have not yet gone back far enough, and that is why you become so fearful. As you approach the Beginning, you feel the fear of the destruction of your thought system upon you as if it were the fear of death. There is no death, but there is a belief in death.

マインドは分離があるという信念をいかにも本当らしくとても恐ろしいものにすることができます。この信念が他でもない「悪魔」なのです。力が強く、活動的で破壊的な悪魔は、明らかに神と対立しています。なぜならば、文字通り神が万物の父であることを否定するからです。

自分の人生を振り返って、悪魔が作ったものを見てごらんなさい。ただし、悪魔の作ったものは嘘を土台にしているので、必ずや真実の光の中で消え失せることを理解するのです。神によるあなたの創造だけがビクともしない土台です。それには光が宿っているからです。

あなたの出発点は真実であり、あなたはその一番初めの場所に戻らねばなりません。それ以来、多くのことが現れましたが、何も実際には起こっていなかったのです。本当のあなたは今も依然として平安の中にいます。たとえ、あなたのマインドが葛藤していても。

あなたは、まだ十分に戻っていません。だから、そんなにも恐れてしまうのです。一番初めの場所に近づくにつれ、あたかも死に対する恐怖のように、自分の思考システムが崩壊してしまう恐怖を感じます。死はありませんが、死があるという信念は確かに存在します。

 

The branch that bears no fruit will be cut off and will wither away. Be glad!

The light will shine from the true Foundation of life, and your own thought system will stand corrected. It cannot stand otherwise.

You who fear salvation are choosing death. Life and death, light and darkness, knowledge and perception, are irreconcilable. To believe that they can be reconciled is to believe that God and His Son can not. Only the oneness of knowledge is free of conflict.

Your Kingdom is not of this world because it was given you from beyond this world. Only in this world is the idea of an authority problem meaningful. The world is not left by death but by truth, and truth can be known by all those for whom the Kingdom was created, and for whom it waits.

実のならない枝は切り落とされ、枯れ果てるでしょう。喜びなさい!

本当の命の土台1から光が輝き、あなたが持つ思考システムは修正されます。そうでなければ、持ちこたえることはできません。

救済を恐れる者は、死を選択しています。生と死、光と闇、知識と知覚は共存できません。それらが調和できると信じるのは、神と神の子が和解できないと信じることです。知識の一体だけが葛藤を無くします。

あなたの王国はこの世界に属するものではありません。それは、この世界を越えたところから与えられました。この世界においてだけ、権威者問題という考えが意味を持ちます。この世界は、死ではなく真実によって立ち去るのです。王国は築かれて、そこに住むことになっているすべての人々によって真実は理解されるのです。

1:  前の段落にある‘your creation by God’のことです。「神によって創造された我」です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *