人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VII節7:準備ができた状態は前提条件に過ぎない

I have already briefly spoken about readiness, but some additional points might be helpful here.

Readiness is only the prerequisite for accomplishment.

The two should not be confused.

As soon as a state of readiness occurs, there is usually some degree of desire to accomplish, but it is by no means necessarily undivided.

The state does not imply more than a potential for a change of mind.

Confidence cannot develop fully until mastery has been accomplished.

We have already attempted to correct the fundamental error that fear can be mastered, and have emphasized that the only real mastery is through love.

Readiness is only the beginning of confidence.

You may think this implies that an enormous amount of time is necessary between readiness and mastery, but let me remind you that time and space are under my control.

“readiness”、「準備ができている」というのは、すでに熟達したという意味ではないことが示されています。

Readiness is only the prerequisite for accomplishment.

そこに行き着くまでの前提条件に過ぎないのです。確かに望む気持ちは起こるのですが、マインドはまだ完全には変わっていません。変わる可能性があるという意味です。

“mastery”は、結局、愛の熟達によって成就されるということも再度ここで述べられています。

マインドが完全に変わり、愛に熟達するまでの道のりが果てしなく長く思われるかもしれません。そうですよね。自分のマインドを観察すると、そんなことが可能かどうかも危ぶまれます。しかし、準備ができた状態から、「コース」で示すプロセスを踏んでいけば熟達できるということなのです。時間と空間はイエスのコントロールの配下にあるので、それは心配しなくてよいと。

つまるところ、やろうと意気込んでもすぐにはマインドは変わらないということです。何事もそうですよね。何かに熟達しようとすれば、それなりの努力を強いられるわけです。だから少々のことであきらめず、根気強く、学び訓練するようにということですね。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *