人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章III節4:マインドが遅れに耐えられなくなる

Spiritual vision literally cannot see error, and merely looks for Atonement.

All solutions the physical eye seeks dissolve.

Spiritual vision looks within and recognizes immediately that the altar has been defiled and needs to be repaired and protected.

Perfectly aware of the right defense it passes over all others, looking past error to truth.

Because of the strength of its vision, it brings the mind into its service.

This re-establishes the power of the mind and makes it increasingly unable to tolerate delay, realizing that it only adds unnecessary pain.

As a result, the mind becomes increasingly sensitive to what it would once have regarded as very minor intrusions of discomfort.

前段落で、霊的な視力に目覚めた後も、物理的な視力との葛藤があることが示唆されていました。ここでは、霊的な視力の強さで、マインドが”re-establish”されて(建て直されて)、本来の役割に戻り、スピリットに仕えるようになるとあります。

It passes over all others, looking past error to truth.

霊的な視力は、誤りを通り越して真実のみを見ます。焦点を当てるものしか視界に入らないし、焦点を当てるものだけが現実になるという意味で、これは、かなりパワフルな防御です。

こうして、マインドが癒されると、歪んでいた知覚も正気になり、その結果、先延ばしがかえって苦痛を増すことが分かり、耐えられなくなります。また、虚偽が侵入する不快さに敏感になり、必然的に、正しい防御、すなわち贖罪の道へ導かれます。

“increasingly” が2度繰り替えされています。「ますます」耐えられなくなる、「ますます」敏感になるという部分です。一度にそうなるのではなく、成長の過程でそうなることが分かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *