人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章III節1:内なる祭壇に向い神の輝きを解き放つ

The Atonement can only be accepted within you by releasing the inner light.

“by releasing the inner light”の「内なる光」とは何でしょうか? これは、第2章のI節にある”inner radiance”と考えることができます。神から受け継いだ内からの輝きを解き放つ、ブロックせずに神の光が自分を通して内から光り輝くままに任せると解釈します。

Since the separation, defenses have been used almost entirely to defend against the Atonement, and thus maintain the separation.

This is generally seen as a need to protect the body.

The many body fantasies in which minds engage arise from the distorted belief that the body can be used as a means for attaining “atonement.”

肉体を防御しなければならないと思うのは、実際には、分離を保つためなのですね。贖罪からエゴを防御する。 “body fantasies” は肉体の空想ですが、これは第1章のVII節に関連しています。空想は視覚の歪んだ形で歪曲です。肉体が自分であると思うこと、そして肉体によって贖罪が達成できると思うことはすべて空想に過ぎません。

Perceiving the body as a temple is only the first step in correcting this distortion, because it alters only part of it.

It does recognize that Atonement in physical terms is impossible.

The next step, however, is to realize that a temple is not a structure at all.

Its true holiness lies at the inner altar around which the structure is built.

The emphasis on beautiful structures is a sign of the fear of Atonement, and an unwillingness to reach the altar itself.

The real beauty of the temple cannot be seen with the physical eye.

Spiritual sight, on the other hand, cannot see the structure at all because it is perfect vision. It can, however, see the altar with perfect clarity.

この歪曲を正す最初のステップが、自分の肉体を寺院と見ることです。こうして、自分が肉体以上の存在であることを認めます。これは必要な第一歩ですが、まだ歪曲の一部だけで全体を改めていません。まだ、肉体が自分の一部であると思っています。ただ、“Atonement in physical terms is impossible”で、贖罪が、肉体的な条件では不可能であることは認めています。

“the temple is not a structure at all” を認めることが次のステップですが、「寺院は建物ではまったくない」とはどういうことでしょうか? 寺院は建物という物質を指すのではないということですね。本当は、その中の祭壇、わたしたちが神に振り向く神聖なところを指すのです。

“emphasis on beautiful structures” は、美しい建物に力点を置くで、建物は肉体の暗喩でもあると考えられます。美しい建物や肉体から満足を得ようとするのは、外部の手段に救いを求めて、内に目を向けるのを恐れているのです。贖罪とは、内なる祭壇に達して神に振り向くことだからです。

“the real beauty of the temple”とは、わたしたちの本質で、これは物質の眼では見ることができません。完全な霊的な視覚は、わたしたちの神聖さ(祭壇)をはっきりと見ることができますが、幻想の建物(肉体)は見ることができません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *