人生はいつでも変えられる!
3純真無垢な知覚

第3章III節 知覚と知識の区別

III. Perception versus Knowledge

We have been emphasizing perception, and have said very little about knowledge as yet. This is because perception must be straightened out before you can know anything.

To know is to be certain. Uncertainty means that you do not know. Knowledge is power because it is certain and certainty is strength.

Perception is temporary. As an attribute of the belief in space and time, it is subject either to fear or to love. Misperceptions produce fear and true perceptions foster love, but neither brings certainty because all perception varies. That is why it is not knowledge. True perception is the basis for knowledge, but knowing is the affirmation of truth and beyond all perceptions.

ここまでは知覚に重点を置いて、知識についてはほとんど触れてきませんでした。その理由は、知覚を正しておかなければ、あなたは何も知ることができないからです1

知るとは確信することです。確信が持てないのは、あなたが知らないということです。知識はパワーです。なぜなら、それは確実であり、その確実性は強さに他ならないからです。

知覚は一時的なものです。知覚は、時間と空間があるという信念の属性として、恐れか愛のいずれかに影響されます。誤った知覚は恐怖を産み、正しい知覚は愛を育みますが、あらゆる知覚は変化するので、どちらにしても確実性をもたらしません。だから、知覚は知識ではないのです。正しい知覚は知識の基盤ですが、知るとは真実を肯定して、あらゆる知覚を超越します。

1:  本章の主張するテーマを一言で表現したところです。

 

All your difficulties stem from the fact that you do not recognize yourself, your brother or God. To recognize means to “know again,” implying that you knew before. You can see in many ways because perception involves interpretation, and this means that it is not whole or consistent.

The miracle, being a way of perceiving, is not knowledge. It is the right answer to a question, but you do not question when you know. Questioning illusions is the first step in undoing them. The miracle, or the right answer, corrects them.

Since perceptions change, their dependence on time is obvious. How you perceive at any given time determines what you do, and actions must occur in time. Knowledge is timeless, because certainty is not questionable. You know when you have ceased to ask questions.

あらゆる困難は、あなたが自分自身、あなたの兄弟、あるいは神を覚えていないという事実から生じます。覚えているとは「再び知る」ことで、以前に知っていたことを示唆しています2知覚は解釈を伴うため、あなたは幾通りにも見ることが可能であり、これは、完全または一貫性に欠けることを意味します。

奇跡は知覚のやり方で、知識ではありません。それは問い対する正しい答えですが、知っているなら問いません3。幻想を問うことは、幻想を取り消す第一歩です4奇跡、つまり正しい答えが幻想を修正します。

知覚は移り変わるので、時間に依存していることは明らかです。どんなときでも、あなたがどのように知覚するかで、あなたの行為が決まります。そして、行為は時間の中で起こらねばなりません。知識は時間を超越しています。確実性に疑問の余地はないからです。あなたは、疑問を投げかけなくなるとき、知るのです。

2:  “recognize”の意味は英英によると”identify (someone or something) from having encountered them before; know again.”なので、「覚えている」にしました。

3:  奇跡は知覚のやり方で、自分は何を見ているのかという問いに対し、相手を完全無垢だと知覚します。正しい答えです。しかし知識ではありません。奇跡は、確信していないときに真実へ導く道具です。

4:  幻想を見ているとき、何も知ることはできません(第一文に通じますね)。だから、まず、幻想を問うことが必要です。そうして、奇跡により誤った知覚を修正し、幻想を取り消すのです。幻想とは、相手の完全無垢を見ないで偽りの状態を見ることです。

 

The questioning mind perceives itself in time, and therefore looks for future answers. The closed mind believes the future and the present will be the same. This establishes a seemingly stable state that is usually an attempt to counteract an underlying fear that the future will be worse than the present. This fear inhibits the tendency to question at all.

問いかけるマインドは自身を時間の中に知覚し、そのため未来に答えを求めます。閉ざされたマインドは未来も現在も同じだと信じます。こうして、表面的には安定した状態を確立しますが、それは、未来が現在よりも状態が悪いかもしれないという密かな恐怖を和らげようとする試みの場合が多いのです。この恐れが、問おうとする動きを何としても抑制します5

5:  閉ざされたマインドは変化を嫌います。未来が現在よりも悪くなるかもしれないという恐れがあるからです。そして、自身の知覚を問うことをしないのです。これでは、幻想を取り消すことができません。まず、問いかけるマインドに移る必要があるということですね。

 

True vision is the natural perception of spiritual sight, but it is still a correction rather than a fact. Spiritual sight is symbolic, and therefore not a device for knowing. It is, however, a means of right perception, which brings it into the proper domain of the miracle.

A “vision of God” would be a miracle rather than a revelation. The fact that perception is involved at all removes the experience from the realm of knowledge. That is why visions, however holy, do not last.

真の映像は霊的視覚による自然な知覚ですが、それでもやはり事実ではなく、修正でしかありません6霊的視覚は象徴を見ます。それゆえに、知る道具ではありません。しかし、正しい知覚の手段であり、それによって霊的視覚を奇跡の適切な領域に持っていきます7

そういう意味で「神の姿(映像)」は啓示ではなく奇跡になります8いやしくも知覚を伴うという事実が、知識の領域から経験を取り除いてしまいます。だから、映像はいかに神聖であっても長くは続かないのです。

6:  “true vision”の”vision”は、目に映る像という意味だと思います。後に出てくる”vision of God”が”true vision”の例で、霊的視覚で見える像です。神の姿は霊的視覚で見える映像です。

7:  霊的視覚は象徴的に見るため事実ではないけれども、正しい知覚です。知る道具ではありませんが、知覚を修正し、正しい奇跡に導く重要な道具です。

8:  ここの”would”は、先の”true vision”が事実ではないという条件に対して「~になる」という意味の”would”です。

 

The Bible tells you to “Know thyself,” or to be certain. Certainty is always of God.

When you love someone you perceive him as he is, and this makes it possible for you to know him. Until you first perceive him as he is you cannot know him. While you ask questions about him you are clearly implying that you do not know God.

Certainty does not require action. When you say you are acting on the basis of knowledge, you are really confusing knowledge with perception. Knowledge provides the strength for creative thinking, but not for right doing. Perception, miracles and doing are closely related.

Knowledge is the result of revelation and induces only thought. Even in its most spiritualized form perception involves the body. Knowledge comes from the altar within and is timeless because it is certain.

To perceive the truth is not the same as to know it.

聖書はあなたに「汝自身を知れ」、つまり確信なさいと言います。確信は常に神から来ます。

あなたが誰かを愛するとき、あなたはその人をあるがままに知覚します。これによって、あなたは、その人を知ることができます。まず、相手をあるがままに知覚するまでは、その人を知ることはできません。あなたがその人について疑いを持っている間、明らかに神を知らないことが暗示されています9

確信に行動は要りません。あなたが知識に基づいて行動していると言うとき、実際には知識と知覚を混同しているのです。知識は創造的な思考のために力を与えますが、正しい行動のためではないのです10知覚と奇跡、行動は密接に結びついています。

知識は啓示の結果で、思考だけを誘発します。知覚は、もっとも霊的な形態でさえも肉体を伴います。知識は確実なので、内なる祭壇からもたらされ、時間を超越します。

真実を知覚することは、それを知ることと同じではありません11

9:  “ask questions about him”は、相手の真に愛すべき存在が見えず、疑いを持つという意味です。相手の欠点が目についてしまうというのは、その人のありのままの姿を知覚していないからです。また、ここでは、疑いを持たず、すべての兄弟が愛すべき存在だと知れば、おのずと神を知ることになるということも説かれています。

10:  相手の真の姿を確信する(知識)というのは、行動を誘発しません。それよりも、もっと深いレベルで、マインドが自分と相手との一体を把握するように力を与えるのです。行動は知覚から起こります。

11:  知覚は肉体を伴い不確かなので一定していません。だから、真実を一瞬に捉えることがあっても、永続しません。「知る」のは、確実で一定しています。

 

Right perception is necessary before God can communicate directly to His altars, which He established in His Sons. There He can communicate His certainty, and His knowledge will bring peace without question.God is not a stranger to His Sons, and His Sons are not strangers to each other.

Knowledge preceded both perception and time, and will ultimately replace them. That is the real meaning of “Alpha and Omega, the beginning and the end,” and “Before Abraham was I am.” Perception can and must be stabilized, but knowledge is stable.

“Fear God and keep His commandments” becomes “Know God and accept His certainty.”

神が、神の子の内に確立した神殿に直接通信できるようになる前に、知覚を正しておくことが必要です。この神殿で神は神自身の確信を伝えることができ、その知識は間違いなく平安をもたらすでしょう。神は神の子にとって見ず知らずの存在ではありませんし、神の子たちは互いに見知らぬ他人同士ではないのです。

知識は知覚と時間の両方に先行してあり、最終的に両者を置き換えます。それが、「アルファとオメガ、始まりと終わり」、そして「アブラハムの生まれる前から私はいる」という言葉の真の意味です12知覚は安定させることができるし、そうしなければなりませんが、知識は初めから安定しています13

「神を恐れ、その命令を守りなさい」というところは、「神を知り、そしてその確信を受け入れなさい」となります14

12:  知識が「始まり」にありました。そして、知覚と時間の「終わり」に知識が戻って来るということです。

13:  “knowledge is stable”の”is”がイタリック体になっているので、”stable”がずっとあると強調されています。

14:  「神を恐れ、その命令を守りなさい」は聖書にある言葉ですが、神を見ず知らずの存在にしてしまい、神がわたしたちから離れて命令するという誤った知覚へ導いてしまいました。正しいバージョンがここで示されています:「神を知り、そしてその確信を受け入れなさい」

 

If you attack error in another, you will hurt yourself. You cannot know your brother when you attack him. Attack is always made upon a stranger.

You are making him a stranger by misperceiving him, and so you cannot know him. It is because you have made him a stranger that you are afraid of him. Perceive him correctly so that you can know him.

There are no strangers in God’s creation. To create as He created you can create only what you know, and therefore accept as yours. God knows His children with perfect certainty. He created them by knowing them. He recognizes them perfectly. When they do not recognize each other, they do not recognize Him.

もしあなたが他の人の誤りを攻撃するなら、あなた自身が傷つくことでしょう。兄弟を攻撃するとき、あなたは彼を知ることができません。攻撃はいつも見知らぬ他人に対して為されます。

誤って知覚することで、あなたは、兄弟を見知らぬ人にし、彼を知ることができないのです。兄弟を見知らぬ人にしたために、あなたは彼を恐れます。兄弟を正しく知覚しなさい、そうすれば彼を知ることができます。

神の創造に見知らぬ人は誰もいません。神が創造したように創造するために、あなたは知っているものだけを創造し、そうして自分のものとして受け入れることができます。神は、神の子たちを完全な確信を持って知っています。神は、神の子たちを知ることで創造しました。神は神の子たちを完全に覚えています。神の子たちが互いを(神の子であると)覚えないとき、神を思い出せないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *