人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VIII節 最後の審判の意味

VIII.  The Meaning of the Last Judgment

One of the ways in which you can correct the magic-miracle confusion is to remember that you did not create yourself. You are apt to forget this when you become egocentric, and this puts you in a position where a belief in magic is virtually inevitable. Your will to create was given you by your Creator, Who was expressing the same Will in His creation. Since creative ability rests in the mind, everything you create is necessarily a matter of will. It also follows that whatever you alone make is real in your own sight, though not in the Mind of God. This basic distinction leads directly into the real meaning of the Last Judgment.

魔術と奇跡の混同を正せる一つの方法は、あなたが自分を創造したのではないと思い出すことです。あなたは、自我中心になるとき、これを忘れがちになり、魔術を信じざるを得ない状態に自分を置くのです。

あなたは、創造主により創造する意志を与えられました。創造主は創造を行うとき、その同じ意志を表現していたのです。創造力はマインドに宿っているので、必ずやあなたが創造するものはすべて意図次第ということになります。そうすると、あなた一人で創作するのは何であれ、あなたの目には現実として映るでしょう。神のマインドには実在しなくても。この基本的な区別をすると、まっすぐ「最後の審判」の本当の意味に行き着くのです。

The Last Judgment is one of the most threatening ideas in your thinking. This is because you do not understand it. Judgment is not an attribute of God. It was brought into being only after the separation, when it became one of the many learning devices to be built into the overall plan. Just as the separation occurred over millions of years, the Last Judgment will extend over a similarly long period, and perhaps an even longer one. Its length can, however, be greatly shortened by miracles, the device for shortening but not abolishing time. If a sufficient number become truly miracle-minded, this shortening process can be virtually immeasurable. It is essential, however, that you free yourself quickly, because you must emerge from the conflict if you are to bring peace to other minds.

「最後の審判」は、あなたが考える中で最も脅威を覚えるものの一つです。それは、あなたが理解していなからです。裁きは神の属性ではありません。それは、分離が起こった後に始めて生まれ、全体の計画に組み入れられた数多くの学習道具の一つになりました。

ちょうど分離が何百万年もの時間を経て起こったように、「最後の審判」も同様に長い期間を通して起こるでしょう。いや、もっと長くかかるかもしれません。しかし、その長さは、奇跡によって大幅に短縮できるのです。奇跡は時間を短縮する道具で時間を破棄するものではありません。

マインドを培って真に奇跡を指向する人が十分な数に達するなら、時間短縮のプロセスは、実際に計りしれないほどのものになり得るのです。しかしながら、あなたが自分自身を一刻も早く解放することが肝要です。なぜなら、他の人のマインドに平和をもたらすつもりならあなたが葛藤から脱出していなければならないからです。

The Last Judgment is generally thought of as a procedure undertaken by God. Actually it will be undertaken by my brothers with my help. It is a final healing rather than a meting out of punishment, however much you may think that punishment is deserved. Punishment is a concept totally opposed to right-mindedness, and the aim of the Last Judgment is to restore right-mindedness to you. The Last Judgment might be called a process of right evaluation. It simply means that everyone will finally come to understand what is worthy and what is not. After this, the ability to choose can be directed rationally. Until this distinction is made, however, the vacillations between free and imprisoned will cannot but continue.

最後の審判は、一般に神が請け負う処置であると思われています。実際には、わたしの力添えで兄弟のあなたたちがやることなのです。あなたがいくら罰せられるにふさわしいと思っていても、最後の審判は罰を与えるためではなく、むしろ最後の癒しなのです。

処罰は、正しいマインドのあり方とは余程対極にあるもので、最後の審判の目的は、あなたに正しいマインドの状態を復旧させることです。最後の審判は正当な評価のプロセスだと言ってもよいでしょう。それは、ただ、誰もがみな、何が価値があり何がそうでないかを最後に理解するようになるという意味です。この後に、選択する力を理性的に向けられるようになるのです。しかし、この区別をするまでは、いつまでも自由と幽閉の間を行きつ戻りつせざるを得ないでしょう。

The first step toward freedom involves a sorting out of the false from the true. This is a process of separation in the constructive sense, and reflects the true meaning of the Apocalypse. Everyone will ultimately look upon his own creations and choose to preserve only what is good, just as God Himself looked upon what He had created and knew that it was good. At this point, the mind can begin to look with love on its own creations because of their worthiness. At the same time the mind will inevitably disown its miscreations which, without belief, will no longer exist.

自由への最初のステップは、真実と虚偽を区別することです。これは、建設的な意味での分離プロセスで、黙示録の真の意味を示しています。最終的には、誰もが自分の創造したものを見てよいものだけを保持することを選択をするでしょう。ちょうど、神自身がご自身の創造したものを見て良しと認めたように。この時点で、マインドは、それ自身の価値のために、みずからの創造物を愛をもって見ることができるようになります。それと同時に、否応なくマインドは誤創造を自分のものではないと認めるでしょう。信念がなくなれば、誤創造はもはや存在することができません。

The term “Last Judgment” is frightening not only because it has been projected onto God, but also because of the association of “last” with death. This is an outstanding example of upside-down perception. If the meaning of the Last Judgment is objectively examined, it is quite apparent that it is really the doorway to life. No one who lives in fear is really alive. Your own last judgment cannot be directed toward yourself, because you are not your own creation. You can, however, apply it meaningfully and at any time to everything you have made, and retain in your memory only what is creative and good. This is what your right-mindedness cannot but dictate. The purpose of time is solely to “give you time” to achieve this judgment. It is your own perfect judgment of your own perfect creations. When everything you retain is lovable, there is no reason for fear to remain with you. This is your part in the Atonement.

「最後の審判」という言葉が恐怖を抱かせるのは、これまで神に投影されて使われたということの他に、「最後」という部分が死を連想させるからです。これは、倒錯した知覚の中でも顕著な一例です。最後の審判の意味を客観的に考察してみれば、実際には生命へ通じる道であることが極めて明らかになります。誰であれ、恐怖におののきながら生きるのは、本当に生きているとは言えません。

あなたに関する最後の審判を、自分自身に対して向けることはできません。なぜなら、あなたは自分を創造したのではないからです。しかし、それは、有意義にいつでも自分が作ったものすべてに適用させ、創造的でよいものだけを記憶に留めておくことができます。正しいマインド状態であれば自ずとそのように動かないではいられません。

時間の目的は、このレベルの審判に達するまで「時間を与える」ということに尽きます。それは、あなた自身の完全な創造物に対するあなた自身の完全な審判です。あなたが心に留めるものがすべて愛すべきものであるとき、恐怖があなたの所に留まる理由はありません。これが、贖罪におけるあなたの役割です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *