人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VII節 原因と結果

VII. Cause and Effect

You may still complain about fear, but you nevertheless persist in making yourself fearful. I have already indicated that you cannot ask me to release you from fear. I know it does not exist, but you do not. If I intervened between your thoughts and their results, I would be tampering with a basic law of cause and effect; the most fundamental law there is. I would hardly help you if I depreciated the power of your own thinking. This would be in direct opposition to the purpose of this course. It is much more helpful to remind you that you do not guard your thoughts carefully enough. You may feel that at this point it would take a miracle to enable you to do this, which is perfectly true. You are not used to miracle-minded thinking, but you can be trained to think that way. All miracle workers need that kind of training.

あなたはまだ恐れていると訴えるかもしれません。それでもあなたは、執拗に自分で自分を恐怖に落とすのを止めません。

前にも述べたように、恐怖から解放してほしいとわたしに求めても無駄です。わたしは、恐怖が存在しないことを知っていますが、あなたはそうではありません。もし、わたしがあなたの思考とそれが引き起こす結果の間に介入したなら、原因と結果の法則、一番の基本法則を破ることになります。

あなた自身の思考の力を軽視したなら、到底あなたを助けることはできないでしょう。それでは、この「コース」の目的とまったく反対になってしまいます。あなたが自分の思考をあまり注意して管理していないことを再認識させる方がずっと役立つでしょう。

この時点では、奇跡でも起こらない限りそんなことはできないと思うかもしれませんが、確かにそれは真実です。あなたは、まだ奇跡志向の思考には慣れていませんが、奇跡思考になるように訓練することができます。奇跡の実践者はみなこの種の訓練を必要とします。

I cannot let you leave your mind unguarded, or you will not be able to help me. Miracle working entails a full realization of the power of thought in order to avoid miscreation. Otherwise a miracle will be necessary to set the mind itself straight, a circular process that would not foster the time collapse for which the miracle was intended. The miracle worker must have genuine respect for true cause and effect as a necessary condition for the miracle to occur.

あなたがマインドを守らないままにさせておくことはできません。それでは、わたしに手を貸すことができないでしょう。

奇跡を行うには、誤った創造を避けるために、思考の力を十分に認識する必要があります。さもなければ、マインド自体を正すために奇跡が必要になり、回りくどくなって、奇跡によって意図された時間の崩壊がなかなか促進されません。奇跡を行う者は、真の原因と結果が奇跡を起こす必要な条件であることを純粋に配慮しなければいけません。

Both miracles and fear come from thoughts. If you are not free to choose one, you would also not be free to choose the other. By choosing the miracle you have rejected fear, if only temporarily. You have been fearful of everyone and everything. You are afraid of God, of me and of yourself. You have misperceived or miscreated us, and believe in what you have made. You would not have done this if you were not afraid of your own thoughts. The fearful must miscreate, because they misperceive creation. When you miscreate you are in pain. The cause and effect principle now becomes a real expediter, though only temporarily. Actually, “Cause” is a term properly belonging to God, and His “Effect” is His Son. This entails a set of Cause and Effect relationships totally different from those you introduce into miscreation. The fundamental conflict in this world, then, is between creation and miscreation. All fear is implicit in the second, and all love in the first. The conflict is therefore one between love and fear.

奇跡も恐怖も思考から起こります。どちらか一方を自由に選べなければ、他方も自由に選ぶこともできないでしょう。たとえ一時的でも、あなたが奇跡を選べば恐怖を拒んだことになります。

あなたはこれまで、すべての人と事を恐れてきました。神やわたし、自分自身を恐れています。神やわたし、自分自身を誤って知覚したり、誤創造したりして、自分で作り上げたものを信じ込んでいるのです。自分自身の思考を恐れていなかったなら、到底こんなことはしなかったでしょう。

恐れる者はどうしても誤創造してしまいます。創造について誤った知覚をしているからです。あなたは誤創造するとき苦しみます。こうして、たとえ一時的であっても、原因と結果の原則によって誤創造がますます促進されるのです。

実際、「原因」というのは厳密に言えば神に属する言葉で、その「結果」が神の子です。これは、あなたが誤創造に持ち込んでくる原因結果とはまったく異なる関係を伴います。そうであれば、この世界における根本的な対立は、創造と誤創造の間にあると言えます。すべての恐れは後者に、すべての愛は前者に潜在しています。したがって、対立は愛と恐れの間にあるものです。

It has already been said that you believe you cannot control fear because you yourself made it, and your belief in it seems to render it out of your control. Yet any attempt to resolve the error through attempting the mastery of fear is useless. In fact, it asserts the power of fear by the very assumption that it need be mastered. The true resolution rests entirely on mastery through love. In the interim, however, the sense of conflict is inevitable, since you have placed yourself in a position where you believe in the power of what does not exist.

あなたは自分で恐れを作ったので、それをコントロールできないと信じていることはすでに触れました。そう信じることで、自分の手に負えないかのようにしているようです。その上で、恐れを克服することで誤りを解消しようとどんなに頑張ってみても無駄です。実際、克服する必要があるという思い込みがかえって、恐れの力を本物であるかのようにしてしまうのです。

真の解決法は、もっぱら愛を通して熟達レベルに達することができるかどうかにかかっています。しかし、そこに至るまでは、葛藤を感じるのは避けられないでしょう。あなたが、存在しないものの力を信じ込む状態に自分を置いてしまったからです。

Nothing and everything cannot coexist. To believe in one is to deny the other. Fear is really nothing and love is everything. Whenever light enters darkness, the darkness is abolished. What you believe is true for you. In this sense the separation has occurred, and to deny it is merely to use denial inappropriately. However, to concentrate on error is only a further error. The initial corrective procedure is to recognize temporarily that there is a problem, but only as an indication that immediate correction is needed. This establishes a state of mind in which the Atonement can be accepted without delay. It should be emphasized, however, that ultimately no compromise is possible between everything and nothing. Time is essentially a device by which all compromise in this respect can be given up. It only seems to be abolished by degrees, because time itself involves intervals that do not exist. Miscreation made this necessary as a corrective device. The statement “For God so loved the world that He gave His only begotten Son, that whosoever believeth in Him should not perish but have everlasting life” needs only one slight correction to be meaningful in this context; “He gave it to His only begotten Son.”

無とすべてが共に存在することはできません。一方を信じることは、他方を否定することです。恐怖は本当は無であり、愛がすべてです。光が暗闇に入ると必ず暗闇は消滅します。あなたが信じることが、あなたにとって真実なのです。この意味では、分離は起こりました。そして、それを否定することは、否定を不適切に使っているだけです。しかし、誤りの方に焦点を当てれば、誤りを助長させるだけです。

修正プロセスの第一歩は、そこに問題があると一時的に認め、すぐに修正しなければいけない兆に過ぎないと捉えることです。こうして、マインドが躊躇せずに贖罪を受け入れられる状態に持っていきます。

しかし、最終的にはすべてと無の間の譲歩は不可能であることを強調しておくべきでしょう。時間は本質的に、この点におけるすべての譲歩を放棄できるようにする道具です。ただ、少しずつしか進歩がないように見えるのは、時間自体が存在しない時の隔たりに関与しているからです。誤創造によって、この時の隔たりが修正のデバイスとして必要になりました。

「神はそのひとり子をお与えになるほど、この世界を愛された。それは神を信じる人々がみな亡びることなく、永遠の命を受けるためである」というくだりがこの文脈で意味が分かるようにするには、「神はそのひとり子にそれをお与えになるほど」と、一箇所だけ少し修正を加える必要があります。

It should especially be noted that God has only one Son. If all His creations are His Sons, every one must be an integral part of the whole Sonship. The Sonship in its oneness transcends the sum of its parts. However, this is obscured as long as any of its parts is missing. That is why the conflict cannot ultimately be resolved until all the parts of the Sonship have returned. Only then can the meaning of wholeness in the true sense be understood. Any part of the Sonship can believe in error or incompleteness if he so chooses. However, if he does so, he is believing in the existence of nothingness. The correction of this error is the Atonement.

神が一人の子しか持たないというところに特に注意すべきです。神の創造が神の子たちであるなら、一人一人が一体となった神の子のなくてはならない部分のはずです。一体としてみた神の子は部分の総和を超越します。しかし、部分のどこかが欠けている限り、覆い隠されています。

そういうわけで、神の子の全員が戻るまで、結局、葛藤は解消できないのです。全員が戻って初めて、真の意味で全体の一体性が理解されます。神の子のうち誰であっても、そう選択するなら、誤りや不完全を信じることができます。しかし、そうすれば、無の存在を信じていることになります。この誤りを修正するのが贖罪です。

I have already briefly spoken about readiness, but some additional points might be helpful here. Readiness is only the prerequisite for accomplishment. The two should not be confused. As soon as a state of readiness occurs, there is usually some degree of desire to accomplish, but it is by no means necessarily undivided. The state does not imply more than a potential for a change of mind. Confidence cannot develop fully until mastery has been accomplished. We have already attempted to correct the fundamental error that fear can be mastered, and have emphasized that the only real mastery is through love. Readiness is only the beginning of confidence. You may think this implies that an enormous amount of time is necessary between readiness and mastery, but let me remind you that time and space are under my control.

準備ができた状態について簡単に述べておきましたが、ここでもう少し説明を加えると分かりやすくなるでしょう。

準備ができた状態というのは、成就の前提条件に過ぎません。この二つを混同してはなりません。準備ができた状態になると同時に、普通は成就を望む気持ちがある程度起こります。しかし、それは、決して誠心誠意でということにはなりません。ただ、マインドが変わる可能性があるというだけのものです。

熟達の域に達するまでは、信頼の発達は十分ではありません。わたしたちは、恐れが克服できるという基本的な誤りを正そうとしました。そして、真の超克は愛を通してのみ為されることを強調しました。準備ができた状態は、信頼の始まりに過ぎません。準備ができてから熟達するまで途方もなく長い時間が必要だとほのめかしていると思うかもしれませんが、もう一度言いましょう、時間と空間はわたしのコントロールの配下にあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *