人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章VI節 恐怖と葛藤

VI. Fear and Conflict

Being afraid seems to be involuntary; something beyond your own control. Yet I have said already that only constructive acts should be involuntary. My control can take over everything that does not matter, while my guidance can direct everything that does, if you so choose. Fear cannot be controlled by me, but it can be self-controlled. Fear prevents me from giving you my control. The presence of fear shows that you have raised body thoughts to the level of the mind. This removes them from my control, and makes you feel personally responsible for them. This is an obvious confusion of levels.

恐れる状態は無意識に起こり、何か自分のコントロールできない領域にあるように思えるでしょう。しかし、前にも述べたように、建設的な行為のみが無意識に為されるべきなのです。

あなたがそう選択するなら、わたしは、重要なことをすべて指示しながら、重要でないことをことごとく引き受けることができます。

恐れは、わたしのコントロールできる領域ではありませんが、あなたが自分でコントロールすることができます。恐れがあると、あなたは、わたしのコントロールを受けることができません。

恐れがあるというのは、あなたが、肉体の思いをマインドのレベルまで引き上げてしまったことを示しています。このため、わたしのコントロール下から外れてしまい、あなた自身の責任のように感じてしまうのです。これは、レベルの混同に他なりません。

I do not foster level confusion, but you must choose to correct it. You would not excuse insane behavior on your part by saying you could not help it. Why should you condone insane thinking? There is a confusion here that you would do well to look at clearly. You may believe that you are responsible for what you do, but not for what you think. The truth is that you are responsible for what you think, because it is only at this level that you can exercise choice. What you do comes from what you think. You cannot separate yourself from the truth by “giving” autonomy to behavior. This is controlled by me automatically as soon as you place what you think under my guidance. Whenever you are afraid, it is a sure sign that you have allowed your mind to miscreate and have not allowed me to guide it.

わたしはレベルの混同を促すようなことはしませんが、あなたの方でそれを修正する選択をしなければなりません。あなたは、(修正しないという)自分の正常でない行為を致し方なかったと言って弁解したりしないでしょう。なぜ正常でない思考を容認しようとするのでしょうか? ここに、あなたがはっきり気づくべきレベルの混同があります。

あなたは、自分の行為には責任があるけれども、考えることには責任がないと信じているかもしれません。真実は、自分の考えることにこそ責任があるのです。なぜなら、選択権を行使できるのは、このレベルにおいてだけだからです。

あなたがどんな行動をするかは、何を考えているかにかかっています。行動に自主性を「与える」ことで(自分の考えに責任があるという)真実から自分を切り離そうとしても、それははできない相談です。

あなたの思考は、わたしの指導の下に置かれるとすぐ、自動的にわたしによってコントロールされます。いつだってあなたが恐れるときは、必ず、マインドが誤った創造をするのに任せ、わたしの指導を拒んだ証拠なのです。

It is pointless to believe that controlling the outcome of misthought can result in healing. When you are fearful, you have chosen wrongly. That is why you feel responsible for it. You must change your mind, not your behavior, and this is a matter of willingness. You do not need guidance except at the mind level. Correction belongs only at the level where change is possible. Change does not mean anything at the symptom level, where it cannot work.

誤った思考の結果をコントロールして癒しをもたらすことができると信じるのは無意味なことです。恐怖しているとき、あなたは誤った選択をしたのです。だから、何とかしなければならない責任があるように感じるのです。

あなたは、行動ではなく、マインドを変えなければなりません。それは、喜んでやりましょうという気持ちの問題です。マインドのレベルでなければ、あなたに助言は要りません。

修正が当てはまるのは、変えることができるレベルにおいてだけです。変化は、症状のレベル、つまり修正が働かないレベルでは何の意味もありません。

The correction of fear is your responsibility. When you ask for release from fear, you are implying that it is not. You should ask, instead, for help in the conditions that have brought the fear about. These conditions always entail a willingness to be separate. At that level you can help it. You are much too tolerant of mind wandering, and are passively condoning your mind’s miscreations. The particular result does not matter, but the fundamental error does. The correction is always the same. Before you choose to do anything, ask me if your choice is in accord with mine. If you are sure that it is, there will be no fear.

恐怖を正すのはあなたの責任です。あなたが恐れからの解放を求めるとき、自分の責任ではないとを暗に伝えていることになります。

その代わりに、恐怖をもたらした状態について助けを求めるべきです。こうした状態にはいつも、自ら分離しようとるする気持ちが動いています。あなたは、そのレベルにおいて変えることができます。

あなたは、マインドがあちこちにさまようことにあまりにも寛容で、受動的にマインドの誤った創造を許しています。特定の結果が問題ではなく、根本的な誤りが問題なのです。修正は常に同じです。何でも選択する前に、それがわたしのと調和しているか尋ねなさい。調和していると確信されたら、もはや恐怖は起こらないでしょう。

Fear is always a sign of strain, arising whenever what you want conflicts with what you do. This situation arises in two ways: First, you can choose to do conflicting things, either simultaneously or successively. This produces conflicted behavior, which is intolerable to you because the part of the mind that wants to do something else is outraged. Second, you can behave as you think you should, but without entirely wanting to do so. This produces consistent behavior, but entails great strain. In both cases, the mind and the behavior are out of accord, resulting in a situation in which you are doing what you do not wholly want to do. This arouses a sense of coercion that usually produces rage, and projection is likely to follow. Whenever there is fear, it is because you have not made up your mind. Your mind is therefore split, and your behavior inevitably becomes erratic. Correcting at the behavioral level can shift the error from the first to the second type, but will not obliterate the fear.

恐怖はいつも精神的緊張の表れで、望むことが行動と一致していないときに決まって起こります。こうした事態に陥る道は二通りあります。

一つは、あなたには、同時でも連続的でも、相反することをやる選択ができます。こうして、矛盾した行動パターンが生まれ、それは、マインドの中で別のことがしたい部分が憤慨するため、あなたにとって耐えがたいものです。

二つ目は、やるべきことだと思って行為に移しながら、本当はそれを望んでいない場合があります。行動に一貫性はありますが、大きなストレスを伴います。

どちらの場合も、マインドと行動が調和しておらず、結果として、心からやりたいと思っていないことをやる状態に陥ります。こうして、強制されたような感じが起こり、大抵はそのために怒りが生じ、続いてそれを投影することになり易いのです。

恐怖があるときはいつも、マインドを定めていないからです。したがって、マインドが分裂して、必然的にあなたの行動は行き当たりばったりのものになります。これを行動のレベルで修正するとき、誤りは上記の第一のタイプから第二のタイプに変えることができますが、恐怖を拭い去ることはできません。

It is possible to reach a state in which you bring your mind under my guidance without conscious effort, but this implies a willingness that you have not developed as yet. The Holy Spirit cannot ask more than you are willing to do. The strength to do comes from your undivided decision. There is no strain in doing God’s Will as soon as you recognize that it is also your own. The lesson here is quite simple, but particularly apt to be overlooked. I will therefore repeat it, urging you to listen. Only your mind can produce fear. It does so whenever it is conflicted in what it wants, producing inevitable strain because wanting and doing are discordant. This can be corrected only by accepting a unified goal.

意識的な努力をせずに、わたしの指導の下にマインドを置く状態に達することは可能ですが、それでは、あなたには、まだそうしようという意欲が発達していないことを暗示しています。あなたが進んでやろうとする以上のことを、聖霊は求めることはできません。

(神の意志を)実行する強さは、あなたのゆるぎない決意から来ます。神の意志があなた自身のものでもあることに気づいたなら、その瞬間から神の意志を実行するのに何の緊張も起こりません。

ここでの学習はとても簡単ですが、とりわけ見過ごされやすいものです。だから、どうか耳を傾けて。もう一度言います。恐怖を生産できるのは、あなたのマインドだけです。そのとき、必ずマインドが欲することの間で対立があり、欲することと行動が調和せず、そのためにストレスが生じるのは避けられません。これを修正できるのは、ただ一つ、一致したゴールを受け入れることだけです。

The first corrective step in undoing the error is to know first that the conflict is an expression of fear. Say to yourself that you must somehow have chosen not to love, or the fear could not have arisen. Then the whole process of correction becomes nothing more than a series of pragmatic steps in the larger process of accepting the Atonement as the remedy. These steps may be summarized in this way:

  1. Know first that this is fear.
  2. Fear arises from lack of love.
  3. The only remedy for lack of love is perfect love.
  4. Perfect love is the Atonement.

誤りを取り消す最初の修正ステップは、まず葛藤が恐れの形であると知ることです。わたしは何らかの形で愛さないことを選択した、さもなければ恐怖は起こりようがなかったと自分に告げなさい。そうすれば、修正の全プロセスは、救済として贖罪を受け入れる大きなプロセスにおいて、実用的な一連のステップでしかなくなります。このステップを要約すると、次のようになります。

  1. まず、これは恐れであると知る。
  2. 恐れは愛の欠乏から生まれる。
  3. 愛の欠乏を癒すのは完全な愛だけである。
  4. 完全な愛は贖罪である。

I have emphasized that the miracle, or the expression of Atonement, is always a sign of respect from the worthy to the worthy. The recognition of this worth is re-established by the Atonement. It is obvious, then, that when you are afraid, you have placed yourself in a position where you need Atonement. You have done something loveless, having chosen without love. This is precisely the situation for which the Atonement was offered. The need for the remedy inspired its establishment. As long as you recognize only the need for the remedy, you will remain fearful. However, as soon as you accept the remedy, you have abolished the fear. This is how true healing occurs.

わたしは、奇跡、つまり贖罪の表現が、いつも価値ある人から価値ある人への敬意の印であると強調してきました。この価値の認識は、贖罪によって再び確立されます。ならば、恐れるとき、贖罪を必要とする状況に自分を置いたことは明らかでしょう。

あなたは、愛がないことを選択して愛に欠けることをしました。これがまさに、贖罪が提供されるようになった状況です。救済の必要から、贖罪を提供することが誘発されたのです。あなたは、救済が必要であることだけを認める限り、恐怖のままでいるでしょう。しかし、救済を受け入れるや否や、恐怖を終わらせたことになります。真の癒しはこのようにして起こります。

Everyone experiences fear. Yet it would take very little right thinking to realize why fear occurs. Few appreciate the real power of the mind, and no one remains fully aware of it all the time. However, if you hope to spare yourself from fear there are some things you must realize, and realize fully. The mind is very powerful, and never loses its creative force. It never sleeps. Every instant it is creating. It is hard to recognize that thought and belief combine into a power surge that can literally move mountains. It appears at first glance that to believe such power about yourself is arrogant, but that is not the real reason you do not believe it. You prefer to believe that your thoughts cannot exert real influence because you are actually afraid of them. This may allay awareness of the guilt, but at the cost of perceiving the mind as impotent. If you believe that what you think is ineffectual you may cease to be afraid of it, but you are hardly likely to respect it. There are no idle thoughts. All thinking produces form at some level.

誰もが恐怖を経験します。けれども、ほんの少しだけ正しい考え方をすればなぜ恐怖が起こるのか分かるはずです。マインドの本当の力を理解する人はまれで、それをはっきりと始終意識できる人はいません。

あなたが恐怖から自分を解放したいと望むなら、気づかなければならないこと、それもはっきりと意識しなければならないことがあります。マインドはとてもパワフルで、その創造的な力を失うことは決してありません。いつも眠ることなく活動しています。どの瞬間も創造しています。

思考と信念が一体となってパワーが一気に上がれば、文字通り山をも動かすことができるとはなかなか認められません。うわべは自分にそんな力があると信じるのは傲慢のように思えますが、それが信じない本当の理由ではありません。本当は、そんな力があることを恐れているので、自分の思考が実際に影響を及ぼせるものではないと信じたいのです。

これで罪の意識が和らぐかもしれませんが、マインドが無力であると見る代償を払っています。あなたが、自分の考えることに力が無いと信じるなら恐れないで済むかもしれませんが、そうすると、心を配ることはまずないでしょう。

無為な思考はありません。思考はすべて、ある程度の形を産み出します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *