人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章V節 奇跡を行う者の役割

V. The Function of the Miracle Worker

Before miracle workers are ready to undertake their function in this world, it is essential that they fully understand the fear of release. Otherwise they may unwittingly foster the belief that release is imprisonment, a belief that is already very prevalent. This misperception arises in turn from the belief that harm can be limited to the body. That is because of the underlying fear that the mind can hurt itself. None of these errors is meaningful, because the miscreations of the mind do not really exist. This recognition is a far better protective device than any form of level confusion, because it introduces correction at the level of the error. It is essential to remember that only the mind can create, and that correction belongs at the thought level. To amplify an earlier statement, spirit is already perfect and therefore does not require correction. The body does not exist except as a learning device for the mind. This learning device is not subject to errors of its own, because it cannot create. It is obvious, then, that inducing the mind to give up its miscreations is the only application of creative ability that is truly meaningful.

奇跡を行う者たちは、この世界でその役割に取りかかる準備をする前に、何を置いても解放の恐れを十分に理解しておかなければなりません。それをしなければ、解放は監禁であるというすでに広く蔓延している信念をうっかり助長させることになるかもしれません。

この誤った知覚は、危害を受けるのは肉体にだけ限定することができるという信念から転じて起こります。それは、マインドが自らを傷つけることができるという恐怖が潜在するためです。こうした誤りにいずれも意味はありません。なぜならば、マインドが誤って創造するものなど実際には存在しないからです。これを認識することは、いかなる形のレベルの混同よりずっと優れた防御装置です。というのは、誤りが起こるレベルで修正を導入するからです。

マインドだけが創造できること、そして、修正は思考レベルに属することを思い出すのは最も重要なことです。前に述べたことを強調しますが、霊はすでに完全であり、ゆえに修正は必要でありません。肉体は、マインドの学習の道具としてのみ存在します。この学習の道具は、それ自体で誤りを犯す危険はありません。それというもの、肉体は創造できないからです。したがって、マインドに誤った知覚を手放させることが、唯一の真に有意義な創造力の使い方であるのは明らかです。

Magic is the mindless or the miscreative use of mind. Physical medications are forms of “spells,” but if you are afraid to use the mind to heal, you should not attempt to do so. The very fact that you are afraid makes your mind vulnerable to miscreation. You are therefore likely to misunderstand any healing that might occur, and because egocentricity and fear usually occur together, you may be unable to accept the real Source of the healing. Under these conditions, it is safer for you to rely temporarily on physical healing devices, because you cannot misperceive them as your own creations. As long as your sense of vulnerability persists, you should not attempt to perform miracles.

魔術は、マインドを無分別に使ったり、あるいは誤った創造に使うことです。

物質の薬物療法は「まじない」の形態ではありますが、マインドを使って癒すのを恐れるなら、マインドを使おうとするべきではありません。恐れるというまさにその事実が、あなたのマインドを誤った創造に陥いりやすくするからです。

そうすると、どんな癒しが起こっても誤解してしまいます。そして、通常、自己中心と恐れは一緒に起こるため、あなたは、真の癒しの源を受け入れることができないかもしれません。このような状況のときは、一時的に、物質的治療法に頼るのがより安全です。なぜならば、それをあなた自身が創造したものだと誤って知覚することができないからです。

惑わされるかもしれないという意識がある限り、奇跡を行おうと試みるべきではありません。

I have already said that miracles are expressions of miracle-mindedness, and miracle-mindedness means right-mindedness. The right-minded neither exalt nor depreciate the mind of the miracle worker or the miracle receiver. However, as a correction, the miracle need not await the right-mindedness of the receiver. In fact, its purpose is to restore him to his right mind. It is essential, however, that the miracle worker be in his right mind, however briefly, or he will be unable to re-establish right-mindedness in someone else.

すでに述べたように、奇跡は奇跡を指向するマインドの表現です。奇跡を指向するマインドとは、正しいマインドのことです。正しいマインドは、奇跡を行う者または奇跡の受け手を賞賛することもなければ軽視することもありません。

しかし、修正の働きとして奇跡を行うのに、受け手が正しいマインドの状態になるのを待つ必要はありません。それどころか、受け手のマインドを正しい状態に復旧することが奇跡の目的です。しかし、奇跡を行う者としては、どんなに短い間であっても、正しいマインドの状態になるこが求められます。さもなければ、他の人のマインドを再び正しい状態に持っていくことはできないでしょう。

The healer who relies on his own readiness is endangering his understanding. You are perfectly safe as long as you are completely unconcerned about your readiness, but maintain a consistent trust in mine. If your miracle working inclinations are not functioning properly, it is always because fear has intruded on your right-mindedness and has turned it upside down. All forms of not-right-mindedness are the result of refusal to accept the Atonement for yourself. If you do accept it, you are in a position to recognize that those who need healing are simply those who have not realized that right-mindedness is healing.

自分自身の準備に頼って癒す者は、自分の理解を危うくしています。自分に準備ができているかどうかはまったく心配せず、ひたすらわたしの準備に信頼を寄せるかぎり、あなたは完全に安全です。

あなたの行うとする奇跡がうまく働かないときはいつも、あなたの正しいマインドの状態に恐れが侵入して混乱させています。正しいマインドの状態にないなら、いかなる形で現れようとも、自分のために贖罪を受け入れるのを拒んでいる結果です。自分への贖罪を受け入れれば、癒しが必要な人というのは、結局、正しいマインドの状態が癒しであることに気づいていないだけであると知るようになります。

The sole responsibility of the miracle worker is to accept the Atonement for himself. This means you recognize that mind is the only creative level, and that its errors are healed by the Atonement. Once you accept this, your mind can only heal. By denying your mind any destructive potential and reinstating its purely constructive powers, you place yourself in a position to undo the level confusion of others. The message you then give to them is the truth that their minds are similarly constructive, and their miscreations cannot hurt them. By affirming this you release the mind from over evaluating its own learning device, and restore the mind to its true position as the learner.

奇跡を行う者の唯一の責任は、自分のために贖罪を受け入れることです。これは、マインドだけが創造のレベルであり、マインドの誤りは贖罪によって癒されることを認めるということです。あなたがこれを受け入れたなら、あなたのマインドは癒されるしかありません。

自分のマインドの潜在的な破壊力をことごとく否定し、マインドの純粋な建設的な力を回復させることで、あなたは、他の人の混乱レベルを取り消すことができるようになります。そのとき、あなたが他の人に与えるメッセージは、彼らのマインドが同じく建設的で、その誤った創造によって自らが傷つくことはないという真実です。これを断言することで、あなたはマインドを学習道具を過大評価することから解放し、学習者としての正しい位置に復旧させます。

It should be emphasized again that the body does not learn any more than it creates. As a learning device it merely follows the learner, but if it is falsely endowed with self-initiative, it becomes a serious obstruction to the very learning it should facilitate. Only the mind is capable of illumination. Spirit is already illuminated and the body in itself is too dense. The mind, however, can bring its illumination to the body by recognizing that it is not the learner, and is therefore unamenable to learning. The body is, however, easily brought into alignment with a mind that has learned to look beyond it toward the light.

再び強調しておかなければならないのは、肉体は、創造することがないのと同じように学ぶこともないということです。学習の道具としてマインドに従うだけですが、不当に自主性を与えられたら、助けるべき学習にとって深刻な足かせになってしまいます。

マインドだけが光り輝くことができます。スピリットはすでに光明化されており、肉体は光り輝くにはそれ自身が濃厚にすぎます。けれども、マインドは、肉体が学習者でないこと、ゆえに到底学ぶことができないと認めることで、肉体に光をもたらすことができます。肉体を越えて光の方を向くことを学んだマインドであれば、その肉体をしてマインドに同調させるのは難しくはありません。

Corrective learning always begins with the awakening of spirit, and the turning away from the belief in physical sight. This often entails fear, because you are afraid of what your spiritual sight will show you. I said before that the Holy Spirit cannot see error, and is capable only of looking beyond it to the defense of Atonement. There is no doubt that this may produce discomfort, yet the discomfort is not the final outcome of the perception. When the Holy Spirit is permitted to look upon the defilement of the altar, he also looks immediately toward the Atonement. Nothing he perceives can induce fear. Everything that results from spiritual awareness is merely channelized toward correction. Discomfort is aroused only to bring the need for correction into awareness.

修正の学習はいつも、霊的に覚醒し、肉体的視覚への信頼から遠ざかることで始まります。これによく恐怖が伴うのは、霊的視覚が示すものを恐れているからです。

以前にも述べたように、聖霊は誤りを見ることができず、誤りを越えて贖罪の防御の方にしか目を向けることができません。

霊的視覚で見ようとすれば間違いなく不安にかられるでしょうが、この不安はずっと続く知覚の結果ではありません。

聖霊は、祭壇の汚れを見るのを許されても、贖罪の方にもすぐに目を向けます。何であれ、聖霊が知覚するものが恐れを誘発することはありません。霊的覚醒から起こるものはすべて、修正に導かれるだけです。不安は、ただ修正の必要性を認識するために起こるのです。

The fear of healing arises in the end from an unwillingness to accept unequivocally that healing is necessary. What the physical eye sees is not corrective, nor can error be corrected by any device that can be seen physically. As long as you believe in what your physical sight tells you, your attempts at correction will be misdirected. The real vision is obscured, because you cannot endure to see your own defiled altar. But since the altar has been defiled, your state becomes doubly dangerous unless it is perceived.

結局のところ、癒しへの恐怖は、それが必要なことをはっきりと受け入れたがらないことから生じます。

物質の目に映るものは修正するためのものではなく、また、物理的に見えるいかなる手段を使って修正できる誤りでもありません。物質的視覚があなたに伝えるものを信じる限り、修正しようとする試みは見当違いになるでしょう。

真の視覚がくらまされるのは、自身の汚れた祭壇を見るに忍びないからです。しかし、祭壇が汚れている以上、それを知覚しなければ二重の危険を犯すことになります。

Healing is an ability that developed after the separation, before which it was unnecessary. Like all aspects of the belief in space and time, it is temporary. However, as long as time persists, healing is needed as a means of protection. This is because healing rests on charity, and charity is a way of perceiving the perfection of another even if you cannot perceive it in yourself. Most of the loftier concepts of which you are capable now are time-dependent. Charity is really a weaker reflection of a much more powerful love-encompassment that is far beyond any form of charity you can conceive of as yet. Charity is essential to right-mindedness in the limited sense in which it can now be attained.

癒しは分離の後で発達した能力で、分離の前には必要ではありませんでした。時空間に対する信仰のあらゆる局面と同じく、癒しは一時的なものです。しかしながら、時間が存在する間は、保護の手段として癒しが必要です。これは、癒しが慈悲に基づいているからです。そして慈悲は、たとえ自分自身の中に知覚できなくても他者の中に完全さを知覚する方法です。

あなたが現時点で思いつく崇高な考えのほとんどは、時間に依存しています。実のところ、この慈悲ですら、今あなたが思い描くことのできるどんな愛の形をもはるかに越えた、もっとずっと力強い愛の包容力の弱小な反映に過ぎないのです。慈悲は、今到達できるという狭い意味において、正しいマインドの状態に不可欠なのです。

Charity is a way of looking at another as if he had already gone far beyond his actual accomplishments in time. Since his own thinking is faulty he cannot see the Atonement for himself, or he would have no need of charity. The charity that is accorded him is both an acknowledgment that he needs help, and a recognition that he will accept it. Both of these perceptions clearly imply their dependence on time, making it apparent that charity still lies within the limitations of this world. I said before that only revelation transcends time. The miracle, as an expression of charity, can only shorten it. It must be understood, however, that whenever you offer a miracle to another, you are shortening the suffering of both of you. This corrects retroactively as well as progressively.

慈悲は、やがてそうなるように、あたかも相手がすでに実際の達成をはるかに越えたと見る方法です。彼自身の考えに欠陥があるため自分で贖罪をみることができないのです。でなければ、彼に慈悲は必要ないことでしょう。

彼に注がれる慈悲は、まず彼に助けが必要だと認めること、そして彼が助けを受け入れると信じることです。この二つの認識はあきらかに時間への依存を示唆しており、慈悲がまだこの世界の制約の中にあることが分かります。

以前、わたしは啓示だけが時間を超越すると言いました。奇跡は、慈悲の表現として、ただ時間を短縮するだけです。そうは言っても、あなたが他者に奇跡を施すときはいつも、自分と相手の両方の苦しむ時間を縮めていると理解しなければなりません。この修正は、時間が進む方向だけでなく、時間を遡っても為されます。

A.  Special Principles of Miracle Workers
奇跡を行う者への特別な指針

1. The miracle abolishes the need for lower-order concerns. Since it is an out-of-pattern time interval, the ordinary considerations of time and space do not apply. When you perform a miracle, I will arrange both time and space to adjust to it.

奇跡は、低次元の心配の必要性を無効にします。奇跡は、時間の間隔に縛られないため、時空間についての通常の配慮は要りません。奇跡を行うとき、わたしが時間と空間の両方を調整するように計らいましょう。

2. A clear distinction between what is created and what is made is essential. All forms of healing rest on this fundamental correction in level perception.

創造されたものと作り上げられたものの間で、はっきり区別することが最も重要です。あらゆる癒しの形態は、知覚レベルにおけるこの根本的な修正を基盤にしています。

3. Never confuse right- and wrong-mindedness. Responding to any form of error with anything except a desire to heal is an expression of this confusion.

正しいマインドの状態と誤ったマインドの状態をくれぐれも混同してはなりません。どんな形の誤りに対応するのでも、癒したいという願いからするのでなければ、混同していることになります。

4. The miracle is always a denial of this error and an affirmation of the truth. Only right-mindedness can correct in a way that has any real effect. Pragmatically, what has no real effect has no existence. Its effect, then, is emptiness. Being without substantial content, it lends itself to projection.

奇跡は常に、この誤りの否認であり真実の肯定です。正しいマインドの状態だけが、本当の結果を出すように修正することができるのです。実際に、本当の結果がないものは非存在です。だから、その影響は空虚です。実体の内容がないので、自らを投影するようになるのです。

5. The level-adjustment power of the miracle induces the right perception for healing. Until this has occurred healing cannot be understood. Forgiveness is an empty gesture unless it entails correction. Without this it is essentially judgmental, rather than healing.

奇跡は、そのレベル調整の力で、癒しのために正しい知覚へ導きます。これが起きるまで、癒しを理解することができません。修正を伴わない許しは、虚しいジェスチャーでしかありません。修正のない許しは、癒しではなく、その実質は一方的に裁くことです。

6. Miracle-minded forgiveness is only correction. It has no element of judgment at all. The statement “Father forgive them for they know not what they do” in no way evaluates what they do. It is an appeal to God to heal their minds. There is no reference to the outcome of the error. That does not matter.

奇跡を志向する赦しは、修正するだけです。そこには、審判の要素は何もありません。「父よ、彼らをお赦しください。彼らは自分がなにをしているのか知らないのです」という言葉は、彼らがすることを一切評価していません。彼らのマインドを癒してくれるようにという神への懇願です。誤りの結果には何も言及していません。それは問題ではないのです。

7. The injunction “Be of one mind” is the statement for revelation-readiness. My request “Do this in remembrance of me” is the appeal for cooperation from miracle workers. The two statements are not in the same order of reality. Only the latter involves an awareness of time, since to remember is to recall the past in the present. Time is under my direction, but timelessness belongs to God. In time we exist for and with each other. In timelessness we coexist with God.

「心を一つにせよ」という指示は、啓示を受ける準備のための発言です。「わたしを偲んで、これを行いなさい」という要求は、奇跡を行う者に協力を求める懇願です。この二つのメッセージは、同じ序列にある現実ではありません。後者の方は時間を認識しています。偲ぶとは、現在において過去を思い出すことだからです。時間はわたしの管理下にありますが、永遠性は神に属しています。時間の中では、わたしたちは互いのために共に存在します。永遠性では、わたしたちは神と共に存在します。

8. You can do much on behalf of your own healing and that of others if, in a situation calling for help, you think of it this way:

I am here only to be truly helpful.
I am here to represent Him Who sent me.
I do not have to worry about what to say or what to do, because He Who sent me will direct me.
I am content to be wherever He wishes, knowing He goes there with me.
I will be healed as I let Him teach me to heal.

奉仕を求められる状況で、次のように考えるなら、あなたは、自分の癒しのためにも、他者の癒しのためにも大いなる貢献ができます。

わたしは、本当の意味で助けとなるために、ここにいるだけです。
わたしを遣わした方の代理人として奉仕するためにいます。
何を言い、何を行うかを心配する必要はありません。彼が指示してくれるからです。
彼がわたしと共にいるのを知っているので、どこでも彼の望む方向へ安んじて向かいます。
わたしは、彼が癒す方法を教えてくれるまま受け入れるので、癒されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *