人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章IV節 恐れからの解放としての癒し

IV. Healing as Release from Fear

Our emphasis is now on healing. The miracle is the means, the Atonement is the principle, and healing is the result. To speak of “a miracle of healing” is to combine two orders of reality inappropriately. Healing is not a miracle. The Atonement, or the final miracle, is a remedy and any type of healing is a result. The kind of error to which Atonement is applied is irrelevant. All healing is essentially the release from fear. To undertake this you cannot be fearful yourself. You do not understand healing because of your own fear.

ここでは、癒しに重点を置きます。

奇跡は手段、贖罪は原理、そして癒しは結果です。「癒しの奇跡」と言うとき、二つの違うレベルの現実を不適切に結びつけています。癒しは奇跡ではありません。贖罪、つまり最後の奇跡は治療であり、癒しは、いかなるタイプであろうとも結果になります。

贖罪が適用される誤りの種類は重要でありません。すべての癒しは、本質的に恐れからの解放です。あなた自身が恐れていては、癒しを始めることはできません。あたな自身の恐怖のために、癒しを理解しないのです。

A major step in the Atonement plan is to undo error at all levels. Sickness or “not-right-mindedness” is the result of level confusion, because it always entails the belief that what is amiss on one level can adversely affect another. We have referred to miracles as the means of correcting level confusion, for all mistakes must be corrected at the level on which they occur. Only the mind is capable of error. The body can act wrongly only when it is responding to misthought. The body cannot create, and the belief that it can, a fundamental error, produces all physical symptoms. Physical illness represents a belief in magic. The whole distortion that made magic rests on the belief that there is a creative ability in matter which the mind cannot control. This error can take two forms; it can be believed that the mind can miscreate in the body, or that the body can miscreate in the mind. When it is understood that the mind, the only level of creation, cannot create beyond itself, neither type of confusion need occur.

贖罪の計画における主なステップは、あらゆるレベルの誤りを取り消すことです。病気、つまり「マインドが正常でない状態」はレベルの混同した結果で、それは、あるレベルでの欠陥が別のレベルに悪影響を与え得るという信念をいつも伴っているからです。

奇跡のことをレベルの混同を修正する手段として言及しました。というのは、誤りはすべて、それが起こったレベルで修正されなければならないからです。マインドだけが過ちを犯すことができます。

肉体は、誤った思いに反応するときだけ間違った動きをします。肉体は創造することはできませんし、それができると信じる根本的な誤りが、すべての肉体的症状を生み出します。

肉体的に現れる病気は、魔術を信じていることの表れです。魔術を作った歪曲の全体は、マインドがコントロールできない創造的な力が物質にあるという信念に基づいています。

この誤りは二つの形態を取ることができます。一つは、マインドが肉体に誤創造をすることができるという信念、もう一つは、肉体がマインドに誤創造することができるという信念です。

唯一の創造のレベルであるマインドが自らを越えて創造することができないことを理解するとき、どちらの混乱も起こりようがありません。

Only the mind can create because spirit has already been created, and the body is a learning device of the mind. Learning devices are not lessons in themselves. Their purpose is merely to facilitate learning. The worst a faulty use of a learning device can do is to fail to facilitate learning. It has no power in itself to introduce actual learning errors. The body, if properly understood, shares the invulnerability of the Atonement to two-edged application. This is not because the body is a miracle, but because it is not inherently open to misinterpretation. The body is merely part of your experience in the physical world. Its abilities can be and frequently are over-evaluated. However, it is almost impossible to deny its existence in this world. Those who do so are engaging in a particularly unworthy form of denial. The term “unworthy” here implies only that it is not necessary to protect the mind by denying the unmindful. If one denies this unfortunate aspect of the mind’s power, one is also denying the power itself.

スピリットはすでに創造されており、肉体はマインドの学習の道具であるので、創造できるのはマインドだけです。学習の道具は、それ自体がレッスンではありません。その目的は、学習の手助けをするだけです。誤った使い方をしても、最悪の場合、学習の手助けにならないだけのことです。それ自体では、現実に学習の誤りを導入する力はありません。

もし適切に理解されるなら、肉体は、両刃の剣の適用に屈しない贖罪の不死身な性質を共有します。これは、肉体が奇跡であるからではなく、本質的に、誤った知覚にオープンでないからです。

肉体は、物質世界におけるあなたの経験の一部に過ぎません。その能力は、過大評価されることがあるし、実際にたびたび過大評価されています。しかしながら、この世界で肉体の存在を否定することはほぼ不可能です。

肉体の存在を否定する人たちは、とりわけ無価値な形の否定に躍起になっています。この「無価値」という言葉は、無頓着な肉体を否定してマインドを保護する必要がないというだけの意味です。もしマインドの力が持つこの不幸な一面を否定するなら、マインドの力そのものも否定していることになります。

All material means that you accept as remedies for bodily ills are restatements of magic principles. This is the first step in believing that the body makes its own illness. It is a second misstep to heal it through non-creative agents. It does not follow, however, that the use of such agents for corrective purposes is evil. Sometimes the illness has a sufficiently strong hold over the mind to render a person temporarily inaccessible to the Atonement. In this case it may be wise to utilize a compromise approach to mind and body, in which something from the outside is temporarily given healing belief. This is because the last thing that can help the non-right-minded, or the sick, is an increase in fear. They are already in a fear-weakened state. If they are prematurely exposed to a miracle, they may be precipitated into panic. This is likely to occur when upside-down perception has induced the belief that miracles are frightening.

肉体の病気の治療としてあなたが受け入れるすべての物質的手段は、魔術の原理の言い換えです。これは、肉体がそれ自身の病気を作ると信じるようになる最初の段階です。病気を創造的でない媒介で癒すのが第2の間違いです。しかし、修正の目的でこのような手段を使うのが有害であるということにはなりません。

ときには、病気がマインドを金縛りにして、一時的に、贖罪に振り向くことができない状態になることがあります。このような場合、マインドと肉体に対して譲歩的なアプローチにより、一時的に外界の物を与えて癒されると思い込ませるのは賢明かもしれません。これは、正常でないマインドの病人を助けるのに、恐怖を増させるようなことが一番逆効果になるからです。彼らは、すでに、恐怖で弱りきった状態です。時期尚早に奇跡に触れさせるとパニックに陥るかもしれません。混乱した知覚によって奇跡は恐ろしいものだという信念が誘発されているとき、これが起こりやすくなります。

The value of the Atonement does not lie in the manner in which it is expressed. In fact, if it is used truly, it will inevitably be expressed in whatever way is most helpful to the receiver. This means that a miracle, to attain its full efficacy, must be expressed in a language that the recipient can understand without fear. This does not necessarily mean that this is the highest level of communication of which he is capable. It does mean, however, that it is the highest level of communication of which he is capable now. The whole aim of the miracle is to raise the level of communication, not to lower it by increasing fear.

贖罪の価値は、どのように表現されるかということにあるのではありません。実際、真に使われるなら、贖罪がどんな形で表現されようとも、必ず受け手にとって一番役に立つように働くでしょう。つまり、奇跡が最大限の効果を上げるためには、受け手が恐怖せずに理解できる言葉を使って表現されなければいけません。これは、必ずしも、受け手に可能な最高レベルのコミュニケーションであるという意味ではありません。しかし、現時点において、受け手ができる最高レベルのコミュニケーションであるということです。奇跡の全目的はコミュニケーションのレベルを上げることであって、恐怖をあおってそれを下げることではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *