人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章III節 神の祭壇

III. The Altar of God

The Atonement can only be accepted within you by releasing the inner light. Since the separation, defenses have been used almost entirely to defend against the Atonement, and thus maintain the separation. This is generally seen as a need to protect the body. The many body fantasies in which minds engage arise from the distorted belief that the body can be used as a means for attaining “atonement.” Perceiving the body as a temple is only the first step in correcting this distortion, because it alters only part of it. It does recognize that Atonement in physical terms is impossible. The next step, however, is to realize that a temple is not a structure at all. Its true holiness lies at the inner altar around which the structure is built. The emphasis on beautiful structures is a sign of the fear of Atonement, and an unwillingness to reach the altar itself. The real beauty of the temple cannot be seen with the physical eye. Spiritual sight, on the other hand, cannot see the structure at all because it is perfect vision. It can, however, see the altar with perfect clarity.

贖罪は、内なる光を解き放つことによってのみ、あなたの中で受け入れることができます。

分離が起きて以来、防御は、ほとんど贖罪を防ぐためだけに使われてきました。だから、分離が維持されるのです。防御は、通常、肉体を守るために必要と見られています。マインドが携わる肉体の空想の多くは、「贖罪」を達成する手段として肉体を使うことができるという歪んだ信念から起こります。

肉体を寺院と知覚することは、この歪曲を正す第一歩に過ぎません。それは、歪曲の一部しか改めないからです。それでも、贖罪が、肉体的な条件では不可能であることは認めます。

さて、次のステップは、寺院は、建物を指すのでは全くないことを認識することです。寺院の真の神聖さは内なる祭壇にあり、建物はそれを囲んで建てられたものです。美しい建物に力点を置くのは、贖罪を恐れる表れで、祭壇そのものに行き着こうという気持ちはありません。

真の寺院の美しさは、肉眼では見ることはできません。一方、スピリチュアルの目はその視覚が完全であるため、建物を見ることができないのです。しかし、祭壇は、完全にはっきり見ることができます。

For perfect effectiveness the Atonement belongs at the center of the inner altar, where it undoes the separation and restores the wholeness of the mind. Before the separation the mind was invulnerable to fear, because fear did not exist. Both the separation and the fear are miscreations that must be undone for the restoration of the temple, and for the opening of the altar to receive the Atonement. This heals the separation by placing within you the one effective defense against all separation thoughts and making you perfectly invulnerable.

完全な効果を得るには、贖罪は内なる祭壇の中心に置かれるべきです。そこでは、贖罪は、分離を取り消し、マインドの全体性を復旧します。

分離の前は、マインドは恐れに対して不死身でした。恐れが存在しなかったからです。分離も恐れも共に、誤った創造です。贖罪を受けるのに、寺院を復旧し、祭壇を開けるべく取り消さなければなりません。

贖罪を受ければ、あなたの内にあらゆる分離の思考に対する効果的な防御が備え置かれ、あなたを完全に不死身なる者にして、分離が癒されるのです。

The acceptance of the Atonement by everyone is only a matter of time. This may appear to contradict free will because of the inevitability of the final decision, but this is not so. You can temporize and you are capable of enormous procrastination, but you cannot depart entirely from your creator, who set the limits on your ability to miscreate. An imprisoned will engenders a situation which, in the extreme, becomes altogether intolerable. Tolerance for pain may be high, but it is not without limit. Eventually everyone begins to recognize, however dimly, that there must be a better way. As this recognition becomes more firmly established, it becomes a turning point. This ultimately reawakens spiritual vision, simultaneously weakening the investment in physical sight. The alternating investment in the two levels of perception is usually experienced as conflict, which can become very acute. But the outcome is as certain as God.

贖罪がすべての人に受け入れられるようになるのは時間の問題です。

そうすると、最後の決定が避けられないということで自由意志に反しているように思えるかもしれませんが、そうではありません。あなたは、いつまでも躊躇し、ぐずぐずと先延ばしするいることもできますが、あなたが誤った創造をする能力を制限した創造主からまったく離れてしまうことはできません。

拘束された意志は、極度に、まったく耐えられない状態を生み出します。苦痛に対する耐性は高いかもしれませんが、それに限界がないことはないのです。おぼろげではあっても、最終的には、みながもっとよい方法があるはすだと気づくのです。

この認識がもっと確かなものになるにつれ、それが転機になります。こうして、最終的に、霊的な視力が目覚め、同時に、物質的視力への肩入れが弱くなります。二つの知覚レベルに交互に肩入れするのは、通常、葛藤として経験され、極めて激しい苦痛になることもあるでしょう。しかし、結果は、神と同じように確かなものです。

Spiritual vision literally cannot see error, and merely looks for Atonement. All solutions the physical eye seeks dissolve. Spiritual vision looks within and recognizes immediately that the altar has been defiled and needs to be repaired and protected. Perfectly aware of the right defense it passes over all others, looking past error to truth. Because of the strength of its vision, it brings the mind into its service. This re-establishes the power of the mind and makes it increasingly unable to tolerate delay, realizing that it only adds unnecessary pain. As a result, the mind becomes increasingly sensitive to what it would once have regarded as very minor intrusions of discomfort.

霊的な視力は、文字通り、誤りを見ることはできず、贖罪を探すだけです。肉体の目が探す解決策はすべて消滅します。霊的な視力は内面を見て、即座に、祭壇が汚され、修理と保護が必要なことに気づきます。

霊的な視力は、正しい防御を会得しているので、他のすべてを見過ごし、誤りを越えて真実を見ます。その視力は力強く、そのためにマインドを奉仕するように持っていきます。

こうして、マインドの力が建て直されると、遅れは不必要な苦痛を増すだけだと気づいて、耐えられなくなります。その結果、マインドは、かつてはほんの些細な不快な侵入と見ていたものに対して敏感になってきます。

The children of God are entitled to the perfect comfort that comes from perfect trust. Until they achieve this, they waste themselves and their true creative powers on useless attempts to make themselves more comfortable by inappropriate means. But the real means are already provided, and do not involve any effort at all on their part. The Atonement is the only gift that is worthy of being offered at the altar of God, because of the value of the altar itself. It was created perfect and is entirely worthy of receiving perfection. God and His creations are completely dependent on each other. He depends on them because He created them perfect. He gave them His peace so they could not be shaken and could not be deceived. Whenever you are afraid you are deceived, and your mind cannot serve the Holy Spirit. This starves you by denying you your daily bread. God is lonely without His Sons, and they are lonely without Him. They must learn to look upon the world as a means of healing the separation. The Atonement is the guarantee that they will ultimately succeed.

神の子たちは、全き信頼からくる完全な心地よさを受ける資格があります。完全な信頼を得るようになるまで、神の子たちは、自己を磨り減らし、不適切な手段を使ってもっと心地よくなろうと無益な試みに真の創造力を使います。しかし、本当の手段はすでに与えられており、神の子たちの方でする努力は何もないのです。

贖罪は、神の祭壇に供えるのにふさわしい唯一の贈り物です。それは、神の祭壇そのものに価値があるからです。神の祭壇は完全に創造されており、完全を受け取るのに全くふさわしいものです。

神と神の創造したものは全く相互に依存しています。神は創造物を完全に創ったので依存するのです。神は、創造物が動揺したり惑わされることがないように、創造物に自らの平安を与えました。

あなたが恐れるときはいつも惑わされており、あなたのマインドは聖霊に仕えることができなくなります。こうして、日々の糧を拒み、あなたは飢えてしまいます。神は子供たちがいなければ孤独で、子供たちも神がいなければ孤独です。

神の子たちは、この世界を分離を癒す手段とし見なすことを学ばねばなりません。贖罪は、神の子たちが究極的にそれに成功することを請け合う保障です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *