人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章II節 防御としての贖罪

II. The Atonement as Defense

You can do anything I ask. I have asked you to perform miracles, and have made it clear that miracles are natural, corrective, healing and universal. There is nothing they cannot do, but they cannot be performed in the spirit of doubt or fear. When you are afraid of anything, you are acknowledging its power to hurt you. Remember that where your heart is, there is your treasure also. You believe in what you value. If you are afraid you will inevitably value wrongly, and by endowing all thoughts with equal power will inevitably destroy peace. That is why the Bible speaks of “the peace of God which passeth understanding.” This peace is totally incapable of being shaken by errors of any kind. It denies the ability of anything not of God to affect you. This is the proper use of denial. It is not used to hide anything, but to correct error. It brings all error into the light, and since error and darkness are the same, it corrects error automatically.

あなたは、わたしが頼むことは何でも為すことができます。わたしは、あなたに奇跡を行うように頼みました。奇跡は自然で、誤りを正し癒すもの、すべての状況に適切であると明示しました。

奇跡にできないことは何もありませんが、疑いや恐れを抱いていては奇跡はなし得ません。何かを恐れるとき、その何かがあなたを傷つけると認めているのです。

あなたの心があるところに宝もあることを思い出してください。あなたは、自分が価値を認めるものを信じます。恐れるとき、不当に評価してしまうでしょう。そして、すべての思考に同等の力を与え、必然的に平和が破壊されるでしょう。

聖書が「理解を越えた神の平安」を伝えるのはこのためです。この平安は、どんな種類の過ちによっても到底揺るがすことはできるものではありません。神に属さないものがあなたに影響を及ぼす力があることを否定します。これこそが、否認の正しい使い方です。何かを隠すためではなく、誤りを正すために使われます。すべての誤りを光の中に持ってくれば、過ちも暗闇も同じなので、おのずと誤りは正されます。

True denial is a powerful protective device. You can and should deny any belief that error can hurt you. This kind of denial is not a concealment but a correction. Your right mind depends on it. Denial of error is a strong defense of truth, but denial of truth results in miscreation, the projections of the ego. In the service of the right mind the denial of error frees the mind, and re-establishes the freedom of the will. When the will is really free it cannot miscreate, because it recognizes only truth.

真の否認はパワフルな防御装置です。あなたは、誤りがあなたを傷つけるというどんな信念も否定することができるし、そうするべきです。この種の否認は、隠蔽ではなく修正です。あなたのマインドの正気はこの真の否認にかかっています。

誤りの否認は真実の強力な防御ですが、真実の否認は誤った創造、つまりエゴの投影に終わります。誤りの否認は、正しいマインドに働きかけてマインドを解放し、意志の自由を再確立します。意志が本当に自由であれば、真実しか認識しないので、誤った創造をすることはありません。

You can defend truth as well as error. The means are easier to understand after the value of the goal is firmly established. It is a question of what it is for. Everyone defends his treasure, and will do so automatically. The real questions are, what do you treasure, and how much do you treasure it? Once you have learned to consider these questions and to bring them into all your actions, you will have little difficulty in clarifying the means. The means are available whenever you ask. You can, however, save time if you do not protract this step unduly. The correct focus will shorten it immeasurably.

あなたは、誤りと同じように真実を防御することができます。その方法は、目的の価値をしっかり確立した後なら、理解しやすいでしょう。

それは、何のためかという問いかけです。誰もが自分の宝を防御し、無意識のうちにそうします。本当の問いは、何を大切にするのか、そして、どれほど大切にするのかということです。こうした問いかけを熟考し、すべての行為に反映させるようになったら、手段を明確にさせるのはさほど難しいことではないでしょう。

手段は、求めればいつでも手に入れることができます。しかし、このステップを過度に長引かせなければ時間を節約できます。正しく焦点を当てれば、大幅に時間を短縮できるでしょう。

The Atonement is the only defense that cannot be used destructively because it is not a device you made. The Atonement principle was in effect long before the Atonement began. The principle was love and the Atonement was an act of love. Acts were not necessary before the separation, because belief in space and time did not exist. It was only after the separation that the Atonement and the conditions necessary for its fulfillment were planned. Then a defense so splendid was needed that it could not be misused, although it could be refused. Refusal could not, however, turn it into a weapon of attack, which is the inherent characteristic of other defenses. The Atonement thus becomes the only defense that is not a two-edged sword. It can only heal.

贖罪は、あなたが作った装置ではないため、破壊的に使うことのできない唯一の防御です。

贖罪の原理は、贖罪が始まるずっと以前から働いていました。その原理とは愛であり、贖罪は愛の行為です。これは分離の前には必要ありませんでした。なぜならば、空間と時間に対する信念は存在しなかったからです。

分離後に初めて、贖罪とその成就に必要な条件が計画されたのです。そして、誤用できないほど優れた防御が必要でした。拒否することはできたとしても。しかし、拒否が、攻撃の武器に変わることはありません。攻撃性は、他の防御に備わっている属性です。

したがって、贖罪は、両刃の剣でない唯一の防御となるのです。それは、ただ癒すだけです。

The Atonement was built into the space-time belief to set a limit on the need for the belief itself, and ultimately to make learning complete. The Atonement is the final lesson. Learning itself, like the classrooms in which it occurs, is temporary. The ability to learn has no value when change is no longer necessary. The eternally creative have nothing to learn. You can learn to improve your perceptions, and can become a better and better learner. This will bring you into closer and closer accord with the Sonship; but the Sonship itself is a perfect creation and perfection is not a matter of degree. Only while there is a belief in differences is learning meaningful.

贖罪は、時間と空間に対する信念そのものの必要に制限を設け、そして最終的にレッスンを完了するために、時空間の信念に組み込まれました。

贖罪はその最後のレッスンです。学習自体は、教室で行われるように、過渡的なものです。もはや変化が必要でなくなるとき、学ぶ能力には何の価値もありません。永遠に創造する者に学ぶことは何もありません。

知覚の向上を学び、ますますよりよい学習者になることはできるでしょう。こうして、あなたは、神の子への合致にますます近づいていくでしょう。しかし、神の子自体は完全に創造された産物であり、完全は度合いの問題ではありません。ただ、度合いの違いを信じる間だけ、学習は意味があるのです。

Evolution is a process in which you seem to proceed from one degree to the next. You correct your previous missteps by stepping forward. This process is actually incomprehensible in temporal terms, because you return as you go forward. The Atonement is the device by which you can free yourself from the past as you go ahead. It undoes your past errors, thus making it unnecessary for you to keep retracing your steps without advancing to your return. In this sense the Atonement saves time, but like the miracle it serves, does not abolish it. As long as there is need for Atonement, there is need for time. But the Atonement as a completed plan has a unique relationship to time. Until the Atonement is complete, its various phases will proceed in time, but the whole Atonement stands at time’s end. At that point the bridge of return has been built.

進化とは、あるレベルから次のレベルへ前進するように見えるプロセスです。あなたは、前進することで、以前の過ちを修正します。このプロセスは、本当のところ、時間の表現では理解しがたいものです。というのも、あなたは前進しながら戻っているからです。

贖罪は、前進しながら自分自身を過去から自由にできる道具です。あなたの過去の誤りを取り消し、そうして、戻るために進むことをせず、これまでの足跡をたどり直す必要がなくなります。この意味で、贖罪は時間を省きますが、贖罪が仕える奇跡のように、時間を破棄することはありません。贖罪の必要がある限り、時間の必要があります。

しかし、完了した計画としての贖罪は、時間と特有の関係を持ちます。贖罪が完了するまでは、そのさまざまな局面は時間の経過で進むでしょうが、完了した全贖罪は時間の終わりに立っています。その時間の終点には、帰還の橋が架けられています。

The Atonement is a total commitment. You may still think this is associated with loss, a mistake all the separated Sons of God make in one way or another. It is hard to believe a defense that cannot attack is the best defense. This is what is meant by “the meek shall inherit the earth.” They will literally take it over because of their strength. A two-way defense is inherently weak precisely because it has two edges, and can be turned against you very unexpectedly. This possibility cannot be controlled except by miracles. The miracle turns the defense of Atonement to your real protection, and as you become more and more secure you assume your natural talent of protecting others, knowing yourself as both a brother and a Son.

贖罪は全身全霊を捧げることです。そうすることを、あなたは、まだ損失に結びつけて考えるかもしれません。分離した神の子のいずれもが何らかの形で犯す過ちです。

攻撃できない防御が、最善の防御であると信じるのは容易なことではありません。これがまさに、「柔和な人は地を受け継ぐであろう」の言わんとすることです。柔和な人たちは、自分の強さのために文字通り地を受け継ぐでしょう。

攻撃と守備の両面を兼ねる防御は、両刃があるまさにそのために弱く、まったく思いもよらずあなたに刃むけることも起こりうるからです。この可能性は、奇跡をおいて他にコントロールできるものではありません。

奇跡は、贖罪の防御をあなたの真の防御とならしめ、そして、あなたがますます安全になるにつれ、自分が兄弟でもあり神の子でもあることが分かるので、他を保護する生まれながらの才能を発揮するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *