人生はいつでも変えられる!
2分離と贖罪

第2章I節 分離の起源

I. The Origins of Separation

To extend is a fundamental aspect of God which He gave to His Son. In the creation, God extended Himself to His creations and imbued them with the same loving Will to create. You have not only been fully created, but have also been created perfect. There is no emptiness in you. Because of your likeness to your Creator you are creative. No child of God can lose this ability because it is inherent in what he is, but he can use it inappropriately by projecting. The inappropriate use of extension, or projection, occurs when you believe that some emptiness or lack exists in you, and that you can fill it with your own ideas instead of truth. This process involves the following steps:

First, you believe that what God created can be changed by your own mind.

Second, you believe that what is perfect can be rendered imperfect or lacking.

Third, you believe that you can distort the creations of God, including yourself.

Fourth, you believe that you can create yourself, and that the direction of your own creation is up to you.

拡張は、神が神の子に与えた神の根本的な局面です。創造において、神は自身を創造物へ拡張し、自らと同じ創造しようとする愛あふれる意志をその創造物に吹き込みました。

あなたは十分に創造されただけでなく、完璧に創造されました。あなたに空虚さはありません。創造主と類似しているため、あなたは創造的です。神の子がこの先天的な能力を失うことはあり得ませんが、投影によって不適切に使うことはできます。

あたたが、自分の中に何か空虚なところや欠けたものがあり、それを真実の代わりに自らの想念で埋めることができると信じるとき、拡張の不適切な使用、つまり投影が起こるのです。このプロセスは、以下のステップで起こります。

1. あなたは、神の創造をあなた自身のマインドで変えることができると信じます。

2.  あなたは、完全なものが不完全や欠けるところがあるものになり得ると信じます。

3. あなたは、自分をも含めた神の創造物を歪曲することができると信じます。

4. あなたは、自分を創造することができ、またどのように自ら創造するかは自分次第だと信じます。

These related distortions represent a picture of what actually occurred in the separation, or the ‘detour into fear’. None of this existed before the separation, nor does it actually exist now. Everything God created is like Him. Extension, as undertaken by God, is similar to the inner radiance that the children of the Father inherit from Him. Its real source is internal. This is as true of the Son as of the Father. In this sense the creation includes both the creation of the Son by God, and the Son’s creations when his mind is healed. This requires God’s endowment of the Son with free will, because all loving creation is freely given in one continuous line, in which all aspects are of the same order.

これらの関連する歪曲は、分離、または「恐れへの回り道」に陥ったときのありさまを表しています。分離が起こる前は、このどれも存在しませんでしたし、実際のところ、今も存在していません。

神が創造したすべては神と類似しています。神によって始められように、拡張は、神の子が受け継いで内から放射する輝きにも似ています。その真の源は内にあります。これは、父なる神にとって真実であるように、神の子にとっても真実です。

この意味で、創造は、神による神の子の創造と、マインドが癒されたときの神の子の創造の両方を含んでいます。これには、神の子は神より自由意志を授けられなければなりません。なぜならば、愛に満ちた創造はすべて、(神の創造から)ひと続きにあらゆる面が同等に、自由になされるものだからです。

The Garden of Eden, or the pre-separation condition, was a state of mind in which nothing was needed. When Adam listened to the ‘lies of the serpent’, all he heard was untruth. You do not have to continue to believe what is not true unless you choose to do so. All that can literally disappear in the twinkling of an eye because it is merely a misperception. What is seen in dreams seems to be very real. Yet the Bible says that a deep sleep fell upon Adam, and nowhere is there reference to his waking up. The world has not yet experienced any comprehensive reawakening or rebirth. Such a rebirth is impossible as long as you continue to project or miscreate. It still remains within you, however, to extend as God extended His Spirit to you. In reality this is your only choice, because your free will was given you for your joy in creating the perfect.

分離する前の状態、すなわち「エデンの園」は、何も必要としなかったマインドの状態でした。アダムが「へびの虚言」に耳を傾けたとき、聞いたことはすべて真実ではありませんでした。

あなたは、自分で選択するのでない限り、虚偽を信じ続ける必要はありません。そうしたすべては、誤った知覚にすぎないので、文字通り、一瞬にして消滅するでしょう。夢の中で見えることは、とても現実に感じられます。聖書では、アダムが深い眠りに落ちたことが記されていますが、目を覚ましたようなことはどこにも書かれていません。

世界は、依然として、みながすっかり目覚め直し、生まれ変わっていません。そうした生まれ変わりは、あなたが投影、または誤った創造を続ける限り不可能です。しかしながら、神が自らのスピリットをあなたに拡張したように、あなたの中にはまだ拡張する創造性があるのです。実際、あなたにはこの選択しかありません。完全を創造するのに喜びを感じる自由意志が与えられているからです。

All fear is ultimately reducible to the basic misperception that you have the ability to usurp the power of God. Of course, you neither can nor have been able to do this. Here is the real basis for your escape from fear. The escape is brought about by your acceptance of the Atonement, which enables you to realize that your errors never really occurred. Only after the deep sleep fell upon Adam could he experience nightmares. If a light is suddenly turned on while someone is dreaming a fearful dream, he may initially interpret the light itself as part of his dream and be afraid of it. However, when he awakens, the light is correctly perceived as the release from the dream, which is then no longer accorded reality. This release does not depend on illusions. The knowledge that illuminates not only sets you free, but also shows you clearly that you are free.

すべての恐怖は、突き詰めれば、神の力を奪う能力があるという基本的に誤った知覚に集約されます。当然ながら、あなたにはそんなことはできないし、これまでもできませんでした。ここに、恐怖からの脱出のための本質的な基盤があります。

脱出は、あなたが贖罪を受け入れることで引き起こされます。そのとき、実際には一度も誤りは起きなかったと気づかされるでしょう。

アダムは、深い眠りに落ちて始めて悪夢を経験しました。もし、誰かが恐ろしい夢を見ているときに突然明かりがついたら、最初は、それが夢の一部だと思って恐れるかもしれません。しかし、その人が目を覚ますとき、明かりは夢からの解放であると正しく知覚されるので、もはや現実と一致しなくなります。

この解放は幻想に依存していません。光を照らす知識はあなたを自由にするだけでなく、あなたが自由であることを明確に示します。

Whatever lies you may believe are of no concern to the miracle, which can heal any of them with equal ease. It makes no distinctions among misperceptions. Its sole concern is to distinguish between truth on the one hand, and error on the other. Some miracles may seem to be of greater magnitude than others. But remember the first principle in this course; there is no order of difficulty in miracles. In reality you are perfectly unaffected by all expressions of lack of love. These can be from yourself and others, from yourself to others, or from others to you. Peace is an attribute in you. You cannot find it outside. Illness is some form of external searching. Health is inner peace. It enables you to remain unshaken by lack of love from without and capable, through your acceptance of miracles, of correcting the conditions proceeding from lack of love in others.

あなたが信じているかもしれない虚偽が何であれ、奇跡には関係なく、どれも等しく容易に癒すことができます。誤った知覚のあいだで区別をつけません。唯一の関心は、一方の真実と他方の誤りの区別をつけることです。

ある奇跡は他よりもより困難に思えるかもしれません。しかし、「奇跡に難易度の序列はない」という「コース」の第一の原理を思い出してください。現実には、あなたは、愛の欠乏の表現のいずれからもまったく影響を受けません。欠乏の表現はあなたと他の人から来ることもあれば、あなたから他へ、あるいは他からあなたへということもあるでしょう。

平安はあなたの内にある属性です。外界に見つけることはできません。病気はある種の外部探索の現れです。健康は内なる平安です。それは、外部に現れる愛の欠乏によっても揺るぎない状態を保ち、あなたが奇跡を受け入れることで、他に見られる愛の欠乏から展開した状態を正すことも可能にします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *