人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

第1章IV節 闇からの脱出

IV. The Escape from Darkness

The escape from darkness involves two stages: First, the recognition that darkness cannot hide. This step usually entails fear.

Second, the recognition that there is nothing you want to hide even if you could. This step brings escape from fear. When you have become willing to hide nothing, you will not only be willing to enter into communion but will also understand peace and joy.

闇からの脱出には2つの段階があります。まず、闇は何も隠すことができないということを認識することです。このステップは、通常恐れを伴います

次に、たとえ隠すことができても、あなたには何も隠したいものがないと知ることです。このステップが、恐れからの脱出をもたらします。何も隠しまいという気持ちになったとき、あなたは進んで神との交わりに入るだけでなく、平和と喜びも理解するようになるでしょう

1: 一般には、罪を闇で隠そうとするという解釈ですが、罪自体が闇なので、もう一歩踏み込んで、本来の神聖さを闇(罪)で隠そうとすると解釈します。でも、神聖さを闇(罪)で隠すことはできません。

2: なぜ、神聖さを恐れて隠そうとするのでしょうか? 真実を認めたなら、エゴが作り上げた幻想とエゴそのものを手放すことになるからです。

3: ここで潔く、本来の神聖な自分を認め、もう何も隠しまいという気持ちになれば、神と身近に交わることができ、本当の平和と喜びを味わうことができます。

ルイーズ・ヘイなどが言っていますが、自分を愛することができるとあらゆる問題が解決するというのと通じると思います。自分が罪深いものだと思えば愛することはできません。そして、自分で自分を罰するような出来事や状況を作り上げてしまいます。自分は愛するに値する存在であると知って初めて、平和と喜びが感じられるのだと思います。

 

Holiness can never be really hidden in darkness, but you can deceive yourself about it. This deception makes you fearful because you realize in your heart it is a deception, and you exert enormous efforts to establish its reality.

The miracle sets reality where it belongs. Reality belongs only to spirit, and the miracle acknowledges only truth. It thus dispels illusions about yourself, and puts you in communion with yourself and God.

The miracle joins in the Atonement by placing the mind in the service of the Holy Spirit. This establishes the proper function of the mind and corrects its errors, which are merely lacks of love.

Your mind can be possessed by illusions, but spirit is eternally free. If a mind perceives without love, it perceives an empty shell and is unaware of the spirit within. But the Atonement restores spirit to its proper place. The mind that serves spirit is invulnerable.

神聖さは、本当のところ、暗闇の中に隠れることは到底無理ですが、そうではないと自分を信じ込ませることはできます。あなたは、心の中でそれが偽りであることを知っているため恐怖を感じ、また、偽りを現実として確立させるために多大な努力を払います。

奇跡は、あるべきところに現実を設定します。現実はスピリットだけに属し、そして、奇跡は真実のみを受け入れます。こうして、あなた自身についての幻想が払いのけられ、あなた自身と神との両方と深い交流ができるようになります。

奇跡によって、マインドは聖霊の助けを受け、贖罪に参加します。こうして、マインドの正しい働きが確立され、その誤りが修正されます。誤りとは、愛の欠如にすぎません。

あなたのマインドが幻想に囚われることがあっても、スピリットは永遠に自由です。マインドが愛の欠如を知覚するなら、抜け殻を知覚し、中にスピリットがいることに気づきません。しかし、贖罪によりスピリットは正しい場所に復元されます。スピリットに仕えるマインドは傷つきようがありません

4: 本当にあるのはスピリットだけで、肉体もエゴも現実ではないという意味です。

5: わたしたちは、スピリット、マインド、肉体という3つのレベルで存在しているように見えますが、スピリットのみが現実で、永遠に自由です。

6: 奇跡は、正しい秩序を思い出させ、わたしたちの本質を呼び覚まします。こうして、マインドが肉体ではなく、スピリットの導きの元に置かれるとき、マインドは傷つくことがなくなります。

 

Darkness is lack of light as sin is lack of love. It has no unique properties of its own.It is an example of the “scarcity” belief, from which only error can proceed.

Truth is always abundant. Those who perceive and acknowledge that they have everything have no needs of any kind. The purpose of the Atonement is to restore everything to you; or rather, to restore it to your awareness. You were given everything when you were created, just as everyone was.

罪が愛の欠如を表しているように、暗闇は光の不在を表しているに過ぎません闇自体に独自の性質があるわけではありません。それは「欠乏」を信じる一例で、そこから出て来るのは誤りだけです。

真実は常に豊かです。すべてを持ち合わせていると知覚し認める人には、どんな種類のニーズもありません。贖罪の目的は、あなたにすべてを戻すことです。あるいは、あなたの覚醒を呼び戻すと言った方が適切でしょう。あなたは、創造されたとき、すべてが与えられました。誰もがそうであったように。

7: 暗闇は光の不在を示しているだけで光を灯せば消えるように、罪も愛の不在を示しているだけで、愛を表せば、元々ない罪は消滅します。

 

The emptiness engendered by fear must be replaced by forgiveness. That is what the Bible means by “There is no death”, and why I could demonstrate that death does not exist.

I came to fulfill the law by reinterpreting it. The law itself, if properly understood, offers only protection. It is those who have not yet changed their minds who brought the “hell-fire” concept into it.

I assure you that I will witness for anyone who lets me, and to whatever extent he permits it.

Your witnessing demonstrates your belief, and thus strengthens it. Those who witness for me are expressing, through their miracles, that they have abandoned the belief in deprivation in favor of the abundance they have learned belongs to them.

恐れによって生じた空虚感は、赦しに置き換えなければなりません。これが、「死はない」と聖書で言っている意味で、死が存在しないことをわたしが実証できた理由です

わたしは、神の法を解釈し直して履行するためにやって来ました。神の法は、正しく解釈されたなら、保護するだけのものだと分かります。その中に「地獄の火」という概念を持ち込んだのは、未だマインドを変えていない人たちです

誰であれ、わたしに任せてくれるなら、その人が認める程度に応じて、わたしが必ず証人となりましょう10

あなたの証言はあなたの信念を証明し、そのために、ますます自分の信念を強化することになります。わたしの証人になる人は、奇跡を通して、豊かさが自分に属していることを学び、それを選択したので、欠乏の思い込みを捨て去ったことを表現しています11

8: 脈絡がなくて理解しにくいところです。それは、ヘレン・シャックマンに個人的に語られた部分が削除されているからです。以下がオリジナル文です。

The emptiness engendered by fear should be replaced by love because love and its absence are in the same dimension, and correction cannot be undertaken except within a dimension. Otherwise, there has been a confusion of levels.

Death is a human affirmation of a belief in hate, or level confusion. That is why the Bible says, “There is no death” and why I demonstrated that death does not exist.

オリジナル文では、恐れによって生じた空虚を埋める(置き換える)のは、「赦し」ではなくて「愛」になっています。オリジナル文の訳を載せますね:

恐れによって生じた空虚は愛によって置き換えなければなりません。愛と愛の欠乏が同じ次元にあるからです。一つの次元内でなければ、修正を保証することはできません。そうでなければ、レベルの混同が起きてしまいます。

死は、憎しみを信じる人間のアファメーション、またはレベルの混同です。聖書に「死はない」と記されてるのはこのためで、だから、わたしは、死が存在しないことを証明したのです。

人間が「死」の存在を信じるのは、罪の意識によるものでしょう。罪があると思えば、罰せられる恐怖を感じ、最終的には「死」を宣告されると思い込んでいるのです。罪は幻想に過ぎず無いものだから、罰せられることもなく、死もないのです。それを伝え、実証するために来たのがイエスだということですね。

9: キリスト教では、正しい行いをすれば神に罰せられることはないと教えます。でも、本当は、そういうことを信じるマインドに問題があるということなんですね。罪はなく、神は罰することもありません。そういう幻想を作り上げるマインドを変えれば、罪も罰も死も消滅するしかありません。

10: witness for’は、証言をするという意味です。イエスが、わたしたちが許可する範囲内で、わたしたちのために無実を証言しましょうと言っています。まるで、裁きの場でわたしたちのためにイエスが弁護してくれるようなイメージですが、わたしたちの味方であるということを言っているのです。

11: そして、わたしたちの方でも、奇跡を通してイエスの証人となり、赦しを行じ愛を表すようにすれば、罪や欠乏といった闇から脱出することができるという意味です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *