人生はいつでも変えられる!
1奇跡の意味

第1章III節 贖罪と奇跡

III. Atonement and Miracles

I am in charge of the process of Atonement, which I undertook to begin. When you offer a miracle to any of my brothers, you do it to yourself and me.

The reason you come before me is that I do not need miracles for my own Atonement, but I stand at the end in case you fail temporarily. My part in the Atonement is the cancelling out of all errors that you could not otherwise correct.

When you have been restored to the recognition of your original state, you naturally become part of the Atonement yourself. As you share my unwillingness to accept error in yourself and others, you must join the great crusade to correct it; listen to my voice, learn to undo error and act to correct it.

The power to work miracles belongs to you. I will provide the opportunities to do them, but you must be ready and willing. Doing them will bring conviction in the ability, because conviction comes through accomplishment. The ability is the potential, the achievement is its expression, and the Atonement, which is the natural profession of the children of God, is the purpose.

わたしは贖罪のプロセスを預かっており、そうして始めたのです1誰であれ、あなたが兄弟に奇跡を施すとき、あなた自身とわたしに奇跡を施したことになります。

あなたがわたしの前に来る理由は、奇跡はわたし自身の贖罪に必要でなくても、一時的な失敗に備えてあなたの後ろに控えるためです。贖罪におけるわたしの役割は、あなた一人では修正できない誤りをすべて取り消すことです2

あなたが本来の状態を認識するところまで回復したとき、あなた自身が自然に贖罪の一部になります。あなたや他の人の誤りを受け入れたくないというわたしの意向を共有するなら、あなたは誤りを修正する崇高な聖戦に加わらなければなりません。それには、わたしの声に耳を傾け、誤りを取り消すことを学び、修正のために行動を起こさなければなりません。

あなたには奇跡を働く力が備わっています。わたしはその機会を与えますが、あなたにやろうという意欲と準備がなくてはなりません。奇跡を働くことで、できるという確信が出てきます。それは、確信が達成を通して始めて得られるものだからです。能力は潜在し、達成はその表現で、神の子の自然な表明である贖罪がその目的になります。

1:  ヘレン・シャックマン女史がイエスからのインスピレーションを筆記したということですから、ここで出てくる”I”はイエスのことになります。 ‘atonement’の日本語訳は贖罪ですが、「コース」で使われるこの言葉は辞書で定義されているのと意味が違います。原理25原理26、原理37を参照してみてください。

2:  一時的に奇跡に失敗する場合に備えて後ろに立っているとあります。原理25にもあるように、奇跡は赦しの連鎖の一部で、完了すれば贖罪になりますが、完了されない場合があるようです。だから、これに続く文で、イエスの贖罪における役割が、修正できなかった誤りを取り消すことだと言っているのです。

 

“Heaven and earth shall pass away” means that they will not continue to exist as separate states. My word, which is the resurrection and the life, shall not pass away because life is eternal.

You are the work of God, and his work is wholly lovable and wholly loving. This is how a man must think of himself in his heart, because this is what he is.

「天と地は過ぎ去るだろう」というのは、天と地が別々の状態のままで存在し続けることはないという意味です3わたしの言葉は、復活であり命であるので、消え去ることはありません。命は永遠のものだからです。

あなたは神の作品です。神の作品は真に愛すべきもので、また愛にあふれています。人はこのように自分のことを思わなければいけません。なんとなれば、それが真実だからです4

3:  「天と地は別々の状態として存在し続けるものではない」というのは、贖罪が完了したとき、地上の世界の闇と現れていたものが消滅し、天と一つになるということです。これが「コース」の目的です。

4:  ホロリとさせられるところです。わたしたちが神によって造られ、ゆえに完全で愛すべき存在であるはず。それを忘れないようにと優しい言葉をかけています。ともすれば、自分はなんて悪いんだろう、どうして~ができないのだろうと卑下してしまうことを知っているんですね。

 

The forgiven are the means of the Atonement. Being filled with spirit, they forgive in return. Those who are released must join in releasing their brothers, for this is the plan of the Atonement.

Miracles are the way in which minds that serve the Holy Spirit unite with me for the salvation or release of all of God’s creations.

赦された人たちは贖罪に向かって働く戦力です5スピリットに満たされて、お返しに赦しを行います。解放された者は、兄弟の解放運動に参加しなければなりません。これが贖罪の計画だからです。

奇跡は、聖霊に仕えるマインドがわたしと結合して、神が創造したすべての者の救いと解放をもたらす方法です6

5: the forgiven’は赦された人で、もっと言えば、自分を赦した人です。批判して解放を妨げるのは他でもない自分だから。自分を赦し、知覚を正すことができれば、贖罪を目的とする奇跡の運動の役に立てます。だからthe means of the Atonement’です。

6:  奇跡は、人から人へ広がり、最後にはすべての人が赦され、解放されて贖罪が完了します。そうしたら、地は天に合流するということですね。

 

I am the only one who can perform miracles indiscriminately, because I am the Atonement.

You have a role in the Atonement which I will dictate to you. Ask me which miracles you should perform. This spares you needless effort, because you will be acting under direct communication.

The impersonal nature of the miracle is an essential ingredient, because it enables me to direct its application, and under my guidance miracles lead to the highly personal experience of revelation.

A guide does not control but he does direct, leaving it up to you to follow. “Lead us not into temptation” means “Recognize your errors and choose to abandon them by following my guidance. ”

奇跡を無差別に実践できるのはわたしだけです。贖罪を体得したからです7

あなたには贖罪の計画の中で役割があります。わたしがそれを指示しましょう。どの奇跡を実践するかをわたしに尋ねなさい8そうすれば、直接のコミュニケーションの元で行動することができるので、無駄な努力をしないで済みます。

人格を持たないという奇跡の本質は不可欠な要素で、そのために、わたしは、奇跡の活用を指示することができます。そして、わたしの指導で、奇跡は、啓示という高度に個人的な経験へ導かれます9

導く者は命令ではなく指示を与え、それに従うかどうかはあなた次第です。「われらを試みに会わせず」というのは、「あなたの誤りを認め、わたしの指示に従ってそれを捨てる選択をなさい」という意味です。

7:  ‘I am the Atonement’は、完全に贖罪(誤りを取り消す)をマスターしたというイメージです。それに比べてわたしたちは、相手によって奇跡を行うことができたりできなかったりするのでしょう。確かに、なかなか自分の知覚を変えられず、赦しがたい人、いますよね。

8:  一度にすべてやる必要はないわけです。どれを選べばよいか教えてもらう。’needless effort’(不必要な努力)をしなくて済むように。思うに、相手も含めて奇跡の準備ができているかどうか、わたしたちには分かりません。だから、無駄な努力をしないで済むように、まず聞いてから行うということですね。

9:  奇跡のimpersonal’な性質が欠かせない要素だということで、個人的な感情を持たない無味乾燥な感じですが、準備さえできていれば、誰であろうと奇跡が起こるという意味かなと思いました。impersonalな奇跡ですが、イエスの導きのもとで行う奇跡は、啓示という‘personal’な経験に導かれます。

 

Error cannot really threaten truth, which can always withstand it. Only the error is actually vulnerable.

You are free to establish your kingdom where you see fit, but the right choice is inevitable if you remember this:

Spirit is in a state of grace forever.
Your reality is only spirit.
Therefore you are in a state of grace forever.

Atonement undoes all errors in this respect, and thus uproots the source of fear. Whenever you experience God’s reassurances as threat, it is always because you are defending misplaced or misdirected loyalty.

When you project this to others you imprison them, but only to the extent to which you reinforce errors they have already made. This makes them vulnerable to the distortions of others, since their own perception of themselves is distorted.

The miracle worker can only bless them, and this undoes their distortions and frees them from prison.

誤りは現実に真実を脅かすことはできません10真実はいつも持ちこたえます。実際にもろくて崩れやすいのは、過ちだけです。

あなたは、自分が適切だと思うところに自由に王国を建ててよいのですが、次のことを思い出せば、おのずと正しい選択ができるでしょう。

スピリットはいつも神の恩恵を受けています。
あなたの実相はスピリットです。
ゆえに、あなたはいつも神の恩恵を受けています11

こうした点に関して贖罪は誤りをすべて取り消し、ゆえに恐れの源を根こそぎにします12神の保証を脅かしに感じるときはいつも、誤った対象か導きによる忠義の対象13を守ろうとしているのです。

これを他者に投影すれば、あなたは他者を投獄することになります14が、それは、彼らがすでに誤りを犯しているならそれが強化される範囲のことです。そうなれば、他者は彼ら自身の歪んだ解釈に影響を受けやすくなります。自身に対する彼らの知覚が歪んでいるからです15

奇跡の担い手は、他者を祝福することしかできません。こうして、彼らの歪んだ解釈を取り消し、牢獄から解放します。

10:  ここの部分は序文“Nothing real can be threatened; nothing unreal exists” と呼応してます。誤りは真実でないから脅かすことができない。真実でないものは存在しない。だから、真実は誤りに対して持ちこたえることができるんですね。

11:  三段論法を使っています。「スピリットは永遠に神の恵みを受けている」と「あなたの現実はスピリット以外の何者でもない」の二つの前提から、「あなたは永遠に神の恵みをうけている」という結論に導かれます。

12:  in this respectとは、先の二つの前提と結論を指しています。つまり、これらのことが信じられない誤りを贖罪が取り消し、わたしたちの本質を思い出させてくれます。どんなに過った観念を持っていても、わたしたちが神の作品であり、愛すべき存在である真実は変わりません。

13:  misplaced or misdirected loyaltyというのは、誤った自己、エゴに対する忠誠です。第4章に説明が出てきますが、自分が創造したもの(エゴ)は、自分の一部に感じて保護したくなります。だから、本質はそんなものではなくてスピリットなのだというメッセージに反応し、脅かすものに捉えてしまうのですね。

14:  他の人にそれを投影するというのは、脅かされたというアイデアを何とか取り除こうとして外に目を向けるということです。本当は内(マインド)に問題があるのに、外から脅かされたと思うわけです。自分の罪の意識を相手に投影しようとします。

15: この投影は、相手が(歪んだ知覚で)罪の意識を持っていれば、それを強化するという意味で相手に影響を与えます。でも、相手に罪の意識がなければ、何の影響も与えない。逆に相手が罪の意識を自分に投影する場合なら、自分に歪んだ知覚があれば、ますますそれが強化されてしまうことになります。でも、自分に罪の意識がなければ、影響を受けないということになります。

 

You respond to what you perceive, and as you perceive so shall you behave. The Golden Rule asks you to do unto others as you would have them do unto you. This means that the perception of both must be accurate.

The Golden Rule is the rule for appropriate behavior. You cannot behave appropriately unless you perceive correctly.

Since you and your neighbor are equal members of one family, as you perceive both so you will do to both. You should look out from the perception of your own holiness to the holiness of others.

あなたは、知覚することに反応し、知覚に応じて行動します。黄金律は、自分がしてもらいたいように、他者にするように求めます。これには、両者の知覚が正しくなければなりません。

黄金律は、適切な行動の規範です。正しく知覚しなければ、適切な行動を取ることはできません。

あなたと隣人は同じ家族の中の同等の一員ですから、あなたが自分と隣人の双方を知覚するにつれ、そのように双方に対して行動を取るでしょう。自分自身の神聖さを知覚し、そこから、他者の神聖さを見出すことです16

16: ここは、「コース」でいう他への投影です。自分に対する見方を他者へ投影しているのです。自分を愛すべき存在だと思えば、他者も愛すべき存在だと見ます。自分が罪深く愛を受ける資格がない者だと思えば、他者もそのように見ます。

だから最後の文にあるように、みんながまず自分の神性を知覚し、それを他者へ投影すれば、世の中はそのまま天国になりますね。まず、自分を癒すことが大切です。それは利己的ではありません。癒されて知覚が正しくなれば、おのずと適切な行動が取れるようになります。

 

Miracles arise from a mind that is ready for them.

By being united this mind goes out to everyone, even without the awareness of the miracle worker himself. The impersonal nature of miracles is because the Atonement itself is one, uniting all creations with their Creator.

As an expression of what you truly are, the miracle places the mind in a state of grace. The mind then naturally welcomes the host within and the stranger without. When you bring in the stranger, he becomes your brother.

奇跡はその準備ができているマインドから起こります。

マインドは一つに結ばれて、奇跡の担い手自身が知らなくても、あらゆる人のところに赴きます17誰も分け隔てしない奇跡の性質は、贖罪自体が等しく誰にも向けられ、すべての人を創造主と一つにするためです。

あなたの真実を表現すれば、奇跡によりマインドは神の恩恵の元に置かれます18。そして、自然にマインド内のホスト(聖霊)と見知らぬ人を歓迎します19見知らぬ人を迎え入れるとき、その人はあなたの兄弟になります。

17:  By being unitedは、その後に‘One’が省略されているようです。だから、一つに結ばれた存在という意味になります。みんなが結ばれているので、ミラクルウォーカー自身が気づいてなくても、奇跡はみんなに放射されます。ここは、原理45のIt may touch many people you have not even met,と符号します。ホログラムのように、一つの奇跡を起こせば、それがすべてに波及されます。

18:  あなたの真実の姿を表現すれば、奇跡によってマインドはin a state of graceに置かれます。神の恩恵を受ける状態です。神に護られているという確信を持った状態ですね。自分は罪深いと思っていてはなれない状態です。

19:  “the host withinthe stranger withoutは、ともに後ろにthe mind’が省略されています。前者は、マインド内のホスト、つまり聖霊のことで、後者は、マインドの外にいる見知らぬ人です。神の恵みを受けているという状態になれば、おのずと聖霊に対しても見知らぬ人に対しても心を開きます。そして、見知らぬ人が自分の兄弟であったと悟ります。

 

That the miracle may have effects on your brothers that you may not recognize is not your concern. The miracle will always bless you.

Miracles you are not asked to perform have not lost their value. They are still expressions of your own state of grace, but the action aspect of the miracle should be controlled by me because of my complete awareness of the whole plan.

The impersonal nature of miracle-mindedness ensures your grace, but only I am in a position to know where they can be bestowed.

奇跡が、あなたの兄弟たちに思いもかけない影響を与えるかもしれませんが、それはあなたの心配することではありません20奇跡は常にあなたを祝福します。

実践を指示されていない奇跡も、その価値を失くしたわけではありません。依然として、あなたが神の恵みを受けている現れですが、奇跡をどのように行うかという面では、わたしが全体の計画を完全に理解しているので、わたしの指示を受けてください。

奇跡に傾倒するマインドは人を選ばないという性質をもつので、あなたが神から受ける恵みは確実になりますが、わたしだけが、どこに奇跡を授けることができるかを知る立場にいます21

20:  原理45にもあるように、奇跡は多くの人に影響を与えます。そういう意味で、ここのyou may not recognizeは、その前の‘your brothers’effects’の両方にかかっていると解釈できそうです。奇跡が知らない人のところまで波及し、思いもしない影響を与えているかもしれません。でも、それはこちらの気にかけることではありません。

21: miracle-mindedness’は奇跡に傾倒する性質で、そういう人は、確実に神の恵みを受けるのですが、それに続く文で、誰に対して奇跡を行うか、つまりその相手が奇跡を受ける準備ができているかどうかを知っているのはイエスのみだと言っています。奇跡の選択は任せなければならないということになります。わたしたちの知覚がまだ完全ではないから、一点の曇りもない知覚を持つイエスや聖霊に導いてもらわなければならないのですね。

 

Miracles are selective only in the sense that they are directed towards those who can use them for themselves. Since this makes it inevitable that they will extend them to others, a strong chain of Atonement is welded.

However, this selectivity takes no account of the magnitude of the miracle itself, because the concept of size exists on a plane that is itself unreal.

Since the miracle aims at restoring the awareness of reality, it would not be useful if it were bound by laws that govern the error it aims to correct.

奇跡は、それを自分のために活用できる人に向けられるという意味において言うならば差別的です22これにより、奇跡が他の人にも広がるのは必然となり、贖罪の強い鎖が繋がります23

しかし、奇跡それ自体の規模については何の考慮もしません。というのも、大きさの概念が存在する場、次元そのものが真実でないからです24

奇跡は真実の覚醒を修復することを目指しています。だから、誤りを修正しようとする奇跡が、その誤りを司る法則によって抑制されるなら、役に立たないことになるでしょう。

22:  誰に対して奇跡を行うかは導いてもらう必要があり、したがってselective’(差別的)です。

23: chain of Atonement’ は、ある人が奇跡を受け取り、それが他へ広がるというつながり(チェーン)で連鎖のように広がっていくことです。こうして、最後にはみんなが繋がり、真実に対する覚醒が修復され、贖罪が完了します。

24:  原理1に通じるところです。わたしたちは、ともすれば問題が大きすぎると判断する過ちを犯しますが、問題の大きさは、実在しない次元で起こる概念です。つまり、非実在です。問題の大きさを考慮するのは、奇跡に法則を当てはめて支配しようとする試みで、奇跡はその法則自体を修正しようとしているわけですから、意味のないことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *